コミックボンボン

登録日 :2010/03/14(日) 20:48:11
更新日 : 2017/08/22 Tue 08:38:20 NEW!
所要時間 :約 8 分で読めます




1981~2007年までに発行されていたホビー兼漫画雑誌。

コロコロコミックのライバルとして講談社が発行していた。



●作風に関して

コロコロがコミカル・下ネタの率が激しいのに対して、ボンボンはシリアス・エロの割合が激しいのが特徴。
どちらの雑誌もギャグが多めだが、ボンボンはギャグ漫画にしてもシリアスな場面が多かった。
そのためか、同じ年頃の少年をターゲットにしているものの明確に好き嫌いが分かれていることも多かった。
家族に購入を頼んでおいたらコロコロを間違って買ってきたのでキレてしまい、中身を読んで再度キレた…なんて経験も珍しくはないだろう。


少年誌にしては、おっぱいなどのお色気シーンや多少グロテスクなシーンが多い。

特に『デビルチルドレン』は少年誌のベルセルクと言われるほどグロく、ストーリーも少年誌とは思えないほどハードで、
原作ゲームアニメ版の面影は全く無かった。


そして、『ゴエモン』は無駄にエロい。
ヌイた奴は挙手。

ノ゙

さらに『ロボットポンコッツ』は凄い おっぱい (奇乳)だったり……
(後に薄い本も出している)


当時の連載陣で、規制だらけの今を生きるのは難しいだろうと思われる作品が多かった。


なおボンボンを毎月購読してた奴は、コロコロ派だった人に比べて わりと高確率でヲタク化 してたりする。
扱ってる作品や玩具の、方向性や狙っていた客層を考えると、当然っちゃあ当然かもしれない。
デビチルの作者は新装版のコミックスで「ボンボンなんか読むと性癖が歪む」とケンカを売っている。
その元凶が何をおっしゃいますやら。

ただし読んでいた時の年齢がそれなり高かった場合の話。
チビっ子の場合は必ずしもそれに当てはまるとは言えない。



●作品に関して

漫画作品は、当時紹介していた玩具やゲームのコミカライズ作品が中心。
少年漫画にしては神作画の作品から、黒歴史クラスのシナリオ等さまざま。
いくつかタイアップする形でゲーム製作もしていたが、残念ながらメダロット辺りを除くと概ね芳しくなかった。


本山版マリオの連載は10年に渡り、話数は『コミックボンボン』、『デラックスボンボン』、増刊号を含めて 183話
これは『ボンボン』史上最長連載であった。


『ガンダム』シリーズはガンプラブームの80年代初頭より毎号、改造テクニックなどが紹介されてたり、
SEEDまでは08小隊を除く全作品がコミカライズ化され、
連載する等ガンダムやガンプラの歴史を語るうえでは本誌は切っても離せない関係にある。
商業作品で初めてガンダムの外伝作品が連載されたのも本誌であった。

ボンボン派とコロコロ派で二分する中、ガンダムが好きな者はほとんどがボンボン派と言ってもいいほどであった。

ちなみに、2011年『機動戦士ガンダムAGE』が コロコロとサンデーで展開され
ついにガンダムまで小学館に奪われてしまった とかつてのボンボン少年は複雑な感情を抱いたとか抱いてないとか。

ときた洸一氏はその後も数多くのガンダム漫画を描いている。


ロックマンシリーズ』もボンボンで4人の漫画家により描かれ、ボスキャラ募集コンテストもこちらで実施されていた。
後に『ロックマンエグゼ』以降のシリーズはコロコロで扱われるようになった。
因みにエグゼは当初、コロコロではなくボンボンでタイアップを予定していたが、
当時の編集長が「アニメ化前提?予算が幾らかかると思ってる?売れてから言え。」と一蹴りした為、コロコロへ移ったとされている。


トランスフォーマー』作品も多い。
津島直人氏はボンボンではTFを描いていないが、近年の漫画は殆どが氏による作品である。

また、今ではコロコロの主力ともいえる『ポケットモンスター』に関しては、実はボンボンにもタイアップが持ちかけられていたが、ボンボン編集部はアッサリと断っていた。
因みに有賀ヒトシ先生は「同じ任天堂の看板タイトルであるマリオがコロコロとボンボン、両方でやっているからポケモンもボンボンでやるだろう」と睨んでおり、「自分にポケモンをコミカライズさせてほしい」と編集部に願望を出していた。
しかし、有賀先生の夢が叶うことはなかった…。


●余談

打ち切りしていないのに未完結の作品が意外と多い。

作品によっては復刊で伏線回収されてたりする。
打ち切りの場合も、後年になり復刊や続編で補足されることがある。


更には単行本化しない、もしくは最後まで収録しないことも。
後でまとめて読めるだろうと思い、本誌を手放して絶望した読者も少なくない。

その場合は復刊や単行本化を気長に待つしかない。
一応、国会図書館に行くという手段もある。


ボンボン連載陣の多くは、休刊後も他の雑誌で漫画を描いている。

  • ガンダムエース
  • コミックブンブン
  • ケロケロエース
  • テレまんがヒーローズ
  • デンゲキニンテンドーDS


pixivやTwitterのアカウントを持つ漫画家も多く、時には懐かしいキャラのイラストも描いて下さる。


『コミックボンボン同窓会』というイベントも開かれ、関係者も多く集まった。
描き下ろし色紙は当時のファンにとって感涙ものだろう。



●主な掲載作品



●(黒歴史・迷走・ネタ的な意味で)代表的な作品






追記・修正はボンボン読者にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/