高嶺響

登録日 :2011/11/25(金) 01:43:49
更新日 : 2017/06/28 Wed 21:48:57
所要時間 :約 5 分で読めます





あなたを…斬る!






『月華の剣士』や『CVS2』に登場するキャラクター。

『月華の剣士』のメインヒロインである雪と並ぶ人気キャラだが、クロスオーバー作品では彼女や、主人公の楓、守矢らを差し置いて登場を果たすなど、開発部から優遇されている模様。まあ、可愛いからしょうがない。


【プロフィール】


出身地:日本
年齢:17歳
生年月日:1847年 3月30日
武器:父の形見の刀<谺>(こだま)
流派:無双真伝流
身長:5尺2寸(約158p)
体重:11貫目(約41s)
血液型:AB
スリーサイズ:B74 W51 H80
好きなもの:花
嫌いなもの:異人、異国かぶれ
大切なもの:父の形見の刀
趣向:押し花
特技:裁縫
キャッチコピー:「純潔の太刀筋」
CV:氷上恭子


【人物】
高名な刀鍛冶であった父、高嶺源蔵の仇である「銀髪の男」を追って旅をする少女。
本来は気弱で争いを好まない、心優しい性格の持ち主だが、その一方で何処か影があり、儚げな面も垣間見える。

『月華の剣士』では、相手を斬殺してしまうと酷く取り乱し、それを繰り返していくと徐々に勝利デモやメッセージが変化。遂には人を斬る事に慣れてしまい、 6回以上斬殺するとエンディングで冷酷な人斬りへと変貌してしまう……


『CVS2』では『月華』での情緒不安定さは見られず、気弱でも冷酷でもない、淑やかで立派な剣士となっている。また、誰に対しても敬語で礼儀正しく、戦いにおいても武士道を大切にしている。

倒した相手の身を案じて介抱しようとしたり、藤堂とチームを組んだ時には疲れた彼の肩を揉んであげたりと、とても優しい。
藤堂てめぇ。

だが、それでも人を斬る事に躊躇いや迷いがあるようで、掛け合いでは様々なキャラクターからその点を指摘されたり励まされたりしている。

異人や異国かぶれを嫌っているとあるが、ドラマCDでは、洋装の楓や英語混じりに話すあかりに対して特に嫌悪感を見せたりはしていない。

また、『CVS2』でのロックとの掛け合いでは、ひたすらに自分の道を進む彼を見て、 「あなたとは分かり合える気がします」 と述べていた。



【ゲーム上の性能】

  • 『月華の剣士』
攻撃力、防御力、機動力のどれもが優れているとは言えないが、リーチが長く出の早い斬撃が持ち味。しかし納刀時の隙が大きく、ガードされると危険。一方で、安全に振れる(隙の小さい)技はリーチが短くなってしまう。
加えて飛び道具も持っていない為にローリスクな牽制手段に欠けており、対空にも乏しい。

決して弱キャラと言うわけではないが、プレイヤーの腕に依存しがちで上級者向けのキャラクターとなっている。使うには愛が必要。


優れた牽制技と手軽で強い対空技を持ち、差し合いに強い。攻撃面でも、超必殺技に派生可能な必殺技やオリジナルコンボ、威力の高いスーパーコンボなど、優秀な技が数多く揃っている。また、ゲーム中で2番目に座高が低い。
反面、やはり飛び道具は持っておらず、また割り込みに適した無敵技も少ない為、自分からガンガン攻めるのは苦手。「居」ながらに「合」わせるのが定石。

華奢な見た目に反して体力は標準に近いが、気絶値は低い。

差し合いの強さがゲーム性とマッチしており、SNKサイドでは数少ない強キャラとなっている。
やったね響たん!



【主な必殺技】

彼女の技には通常技を含むすべてのものに「也」が付く。
また、前述したように『CVS2』では超必殺技に繋げやすい技が多く、それが決まると非常に格好良い。

■遠間にて斬る也
通常よりも大きく踏み込んで抜刀し、目一杯伸ばして斬りつける為リーチが非常に長い。強だとダウンを奪える。しかも、攻撃中は身を低くするので一部の飛び道具もかわす事が出来る、優秀な牽制技。

■近寄りて斬る也
相手に向かって高速で突進して斬りつける。相手との距離が近いとダメージが大きくなる他、他の技に繋げやすくなる。弱の発生が異常に早い。また、発生の瞬間には無敵時間があり、一部の飛び道具をすり抜けながら斬る事も可能。

■居を合わす也
合気道のように攻撃を受け止め、相手を空中に放り投げる、所謂当て身技。ここから様々な技で追撃する事が可能で、後述の「発勝する神気也」が決まると非常に格好良い。

■屍を越え行く也
突進したあと乱舞攻撃を行う。追加入力によって内容が変化する。

■発勝する神気也
相手に向かって突進し、すれ違い、刀を納めた所で漸く相手の傷口から血が吹き出す超高速の居合い。いつ斬ったのか、と言うより、いつ刀を抜いたのかすら分からない。

■死を恐れぬ心也
『月華』ではコマンド投げで、相手が間合いの外に居ると衝撃波を飛ばす技に変化。コマンド投げの場合は響の技の中で最強の威力を誇る。

『CVS2』では超至近距離から放たれる居合い技となっており、ほぼ密着状態でないと当たらない程間合いが狭いが、やはり此方も最強の威力を誇っている。また、この技で勝利すると専用の勝利ポーズを取り、 結わえていた髪が解ける。

因みに、『CVS2』版のこの技にはバグがあり、相手をギリギリで生かしてしまうと、試合が続行しているにも関わらず上記の勝利ポーズを取ってしまう。思いっきり隙を晒してしまう響たんもまた可愛い。




【関連人物】
  • 刹那
響の父、源蔵に刀の依頼をした銀髪の青年。彼に頼まれた刀を打ち上げた後に源蔵が病死している為、響にとっては父の仇とも呼べる存在。旅の中で彼に出会うことはないのだが、人斬りルートだと…

  • 天野漂
源蔵の旧友。父の仇を追って旅に出た響を探している。『月華』ステージ5の固定ボス。



追記・修正は響たんの胸が育つのを願いながらお願いしま


「……斬る!」


(・ω・)……す?






(・ω/ /・)あれ?


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

名前:
コメント: