ライフ・イズ・ビューティフル

登録日 :2012/02/01 (水) 20:47:50
更新日 : 2015/10/14 Wed 13:13:39
所要時間 :約 3 分で読めます




「世界一優しい嘘」に、あなたは涙する



ライフ・イズ・ビューティフルとは、1997年に公開されたイタリア映画である。イタリア語表記は「La vita e bella」


◆あらすじ

1939年、北イタリアのとある田舎町。叔父を頼りにこの町にやってきた男 グイドは、ある時見かけた女教師のドーラに一目惚れする。
グイドはあの手この手で彼女にアプローチをかけるが、ドーラには既に婚約者がいた。
だが、徐々に彼の陽気な人柄に惹かれていったドーラは婚約を破棄し、グイドと結婚。数年後には長男を授かり、2人は平凡だが幸せな人生を歩んでいた。
しかし、時は第二次世界大戦真っ只中。北イタリアに駐留してきたナチスドイツによって、3人はユダヤ人強制収容所に送られてしまう。

突如として引き裂かれた家族。母親と引き離され、不安がる息子ジョズエにグイドはこう言った。
「いいかジョズエ。これはゲームなんだ。ママに会いたがったり、おやつを欲しがったら減点。いい子にしていたら点数がもらえて、1000点になったら勝ち。
そうしたらご褒美に本物の戦車に乗っておうちに帰れるんだっ!」


◆登場人物

  • グイド

ユダヤ系イタリア人。イタリアらしく陽気な性格で美人に弱く口が達者。だがどこか憎めない魅力のある男。
小学校の教師をしていたドーラに一目惚れし、再三のアプローチの末に結ばれる。
強制収容所に送られた後は、一人息子のジョズエを不安にさせないように持ち前の弁舌とひょうきんな振る舞いで彼を安心させた。
演じたのは監督のロベルト・ベニーニで、さらに脚本まで務めるという三足のわらじを履いた。

  • ドーラ

小学校で教鞭を取っていた女性。婚約中の身だったが、グイドの積極的なアプローチに惹かれ、彼と結婚する。
強制収容所ではグイド、ジョズエとは別の場所で生活していた。

  • ジョズエ

グイドとドーラの一人息子。戦争というものを知らない純粋無垢な少年。
グイドの言葉を信じつづけた彼に待っていたのは…


序盤から中盤までは華々しいイタリアの風景、グイドとドーラの恋模様を中心とした明るい作風だが、
後半は戦争が生み出した陰惨な空気が支配する収容所を中心に話が展開する。

ラスト10分はもはや涙無しには見れない。

あえてここではネタバレは伏せておく。
これを読んでいるアニヲタ諸兄にも、是非この「優しい嘘」で涙腺を決壊させてもらいたい。




「いいかジョズエ。項目を荒らしたりロックしたらアク禁。追記・修正して良項目にしたら点数がもらえて1000点になったら勝ち。
 そうしたらご褒美に冥殿のアナルが掘れるんだっ!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/