キドラントの町長

登録日 :2010/02/15(月) 19:16:43
更新日 : 2017/07/04 Tue 21:11:12
所要時間 :約 4 分で読めます







ロマンシング サ・ガ3の登場人物。

本名は不明。項目名通りキドラントという北方にある小さな町の長を務める。

普段はのどかな町だったが、町の近くの洞窟に 凶暴なネズミの群れ が出現してしまい、脅威にさらされてしまう。
被害を抑えるために町から生け贄を出さなければならなくなり、町の長として苦悩している。
そんな中、村を訪れて来た主人公一行に、怪物を退治してくれる様に依頼する。


町長 「町のそばに住み着いた怪物に生け贄を捧げねばならんのです。
   町を守るためとはいえ……あなた方、怪物を退治して頂けませんか!
   お礼は十分にさせて頂きます!(キリッ」


町長の依頼を受けた主人公一行は洞窟の入り口へと案内される。
入り口近くには大きな岩があり、これで怪物を封じ込めようとしたが、ネズミは隙間から抜け出てしまうようだった。

いざ洞窟の奥へ進む主人公達だが……ズズズと何かを引きずる音が……。


振り向くと、岩で入り口が塞がれていく!

鬼畜町長が本性を現した瞬間である。


そして、無情にも主人公にこう告げる。




町長 「怪物を倒してきたら開けてやるよ」



……やりやがったこの糞ジジイ。



ネズミを塞ぐためと言っていた岩は、実は生け贄を閉じ込めるために用意したものであった。
町長の甘言に騙されてのこのこ洞窟に入ってしまった犠牲者は他にもいたのかもしれない。


エレン「最初から私たちを生け贄にするつもりだったのね!」

鬼畜 「ん~? よく聞こえんな~? 町のためだ、頑張ってくれ」


本作一の外道野郎である。

きっと岩の向こうではニタニタと下品な笑みを浮かべているに違いない。


ここにいても鬼畜町長は岩を開けてくれないので、取り敢えず奥に進むしかない。
(そういえば、主人公達が押してもビクともしない岩を町長は1人で動かしたんだよな……そんだけ力持て余してるならお前が戦えよ……)


なお、この洞窟の奥にいるネズミの群れ(アルジャーノン)は複数・全体攻撃を覚えていないと結構苦戦する敵である。
このイベント自体は序盤からすぐに進められるが、初期レベルも同然の状態で挑むのは無謀。

でももう出口は塞がれてしかも中でセーブしちゃったよ! これってハマり!?
……かと初見では思ってしまうが、実はこの戦闘は 退却可能なのである。


そして退却後、入口の岩の方へ戻ると町の入り口付近に住むニーナ(ポールの恋人)が現れて岩を動かして助けてくれる。
こいつもすげえ怪力だな!  じゃなくてありがとう!)

ネズミの群れは序盤じゃ厳しいので、取り敢えずレベル上げして技・装備を整えよう。




……しかし、町長の真の鬼畜っぷりはこの後に発揮される。


再びキドラントに行くと、なにやら住民の様子がおかしい。
尋ねてみると、

住民 「今度の生け贄はニーナ……かわいそうに……」


……いやいやいや、冗談でしょ?




町長 「かわいそうだが、ニーナには生け贄になってもらった」


野郎……そこまでするか……ッ。


何を血迷ったのかこの鬼畜外道、今度はニーナを生け贄にしやがったのだ。

恩人のニーナを見捨てる訳にはいかない。急いで洞窟に向かおう。
ちなみにこのアルジャーノンには教授から貰える「ねこいらず」というアイテムが有効。

そしていざネズミの巣に向かうと……、



エレン「ニーナをどうしたの! ……!! ……お前らがさっきからかじっているのは……」

(アルジャーノン戦)


エレン「ニーナ、ごめんね、私たちのために君が犠牲になるなんて…………」

「あの~」

エレン「うるさいな、ほっといてよ! ……!! ……ニーナ!!! てっきりネズミにかじられたと……」

ニーナ 「かじられていません。この穴に入れられる時、懐に骨付き肉を隠してきてそれを投げつけて逃げたんです」

エレン「ニーナ、君って……良かった」


実に逞しいな、ニーナ。 仲間になってくれないのが非常に悔やまれる。
あんな中途半端な剣弓使いの彼氏よりよっぽど活躍してくれそうなのに……。


ニーナ 「エレンさん、本当にありがとう。もう少し遅かったらきっと私今頃ネズミのエサになっていたわ。それに、これでもう生け贄を捧げる必要もない」

エレン「それじゃ帰ろう」



~Happy End~









プレイヤー「……あの鬼畜には軽く痛い目見てもらわないと気が済まないな。
      でもまあ、当初の約束通りお礼を沢山もらえれば、さっきの件は水に流してやってもいいかもな」




そしてその後、かの有名な台詞にプレイヤーの多くが戦慄した……。














町長 「私が町長です」






…………。







因みにこのクソ町長、トレードのエージェントでもある。 何でコイツなんだ……。


余談だが改造版では念願叶って殺す事が出来ます。



追記・修正お願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/