リターナー(映画)

登録日 :2012/06/09 (土) 12:49:20
更新日 : 2016/10/23 Sun 22:57:54
所要時間 :約 4 分で読めます




リターナー −Returner−とは、2002年8月に公開された映画。

監督はジュブナイルを制作した山崎貴。
また、ジュブナイルのヒロインの岬を演じた鈴木杏が、今作もヒロインとして参加している。


◆あらすじ
依頼に応じて闇取引の現場を訪れてブラックマネーを奪還する「リターナー」ミヤモト。
ある日、船上の闇取引の現場に向かった所、かつて親友を殺した溝口の姿を見つける。
親友の仇をとろうとするミヤモトだったが、何故かこの場にいた少女を誤射、結果的に溝口を逃してしまう。

そして、翌日連れて帰った少女が起きた際に、ミヤモトにある事実を告げた。

「あと3日しかない」

ミリと言う名のその少女は2084年からタイムスリップしてきた所謂未来人であり、彼女の生きる2084年の地球は人類が滅亡しかけていた。
滅亡の原因はこれから3日後に起きるとある事件だという。
ミリは未来を変える為に、その事件を阻止する為にやってきたのだ。

3日という僅かな時間で少女ミリ、そしてミリに脅されて同行せざるを得ないミヤモトは人類を救えるのだろうか。


◆登場人物

  • ミヤモト(金城武、幼少期は本郷奏多)
主人公。リターナーをやっており、銃器の扱いに優れている。愛銃はガバメント。
主食はスパゲッティ。アルデンテが好み。
元は中国のマンホールチルドレンで、親友シーファンを臓器売買目的で現れた溝口達によって殺された過去がある。その件がきっかけで闇社会に足を踏み入れた。
その後日本に渡る時に彼を育てた人物から宮本武蔵にあやかってミヤモトと名付けられた。
最初はミリの言う事を信じていなかったが、証拠を見せつけられた後は協力するようになる。
基本、あまり他人と馴れ合わないが、なんだかんだで他人を見捨てられないお人好しな面がある。
事件終結後、リターナーを辞めるが、その矢先にかつて自分が叩きのめしたチンピラの銃撃を受けてしまい……。
ミリの計いで、一命を取り留め、何処かへ去って行った。


  • ミリ(鈴木杏)
2084年のチベットから2002年の日本に戦略時間兵器という名のタイムマシンでタイムスリップしてきた少女。
自身を確保してくれたミヤモトが裏社会の人間だった事から、ミヤモトの耳に小型爆弾を貼り付けて、彼を従わせる。

手渡された最新式の銃(ワルサーP99)を古臭いと言ったり、服屋に感動したり、理髪店で髪を洗ってもらった事を喜んだり、年頃の女の子とは思えない生活をしてきた事が窺える。
スパゲッティも馴染みが無いらしく、ミヤモトがスパゲッティの茹で方として説明したアルデンテを料理の名前と認識する。
未来からソニックムーバーという機械を持ち込んでおり、使用すると暫く自身の体感時間を20倍に引き延ばすという所謂クロックアップが可能になり、使用者は銃弾をかわす事も可能になる。
ただし回数制限があり、6回しか使用出来ない。


  • 溝口(岸谷五朗)
劉グループと呼ばれる組織の幹部。
思考や言動がラリっているが、非常に頭がキレ、殺しも厭わない残忍な男。
本人の実力も極めて高い。
ミヤモトにとっての親友の仇で、溝口も後にその事を思い出した。
ロケランを放ったり、何かとフリーダム。


  • 謝(樹木希林)
ミヤモトの育ての親。
ミヤモトにリターナーとしての仕事を斡旋し、ミヤモトが奪ってきた金を彼と折半している。
情報屋でもあり、溝口の情報を探る。また、ミヤモトの追っ手のバイクに爆薬を仕掛けるといった活躍も見せる。


  • ダグラ
宇宙から襲来した生物。
最初に飛来した個体は弱っており、ある研究機関に確保される。
バリア等の超常的な力を持つ事から溝口に目をつけられる。
この個体の殺害がきっかけで、人類との戦争が始まった。

技術力は非常に高く、宇宙船をどっかで見たような飛行機に擬態させたり出来る。


前作ジュブナイルで見せたVFX技術は今作でもダグラ、ダグラの宇宙船、チベットの攻防等でふんだんに活かされている。

また、鈴木杏も前作のいい所のお嬢様っぽい感じとは逆に、荒廃した世界を逞しく生きる少女といった印象の役となっている。



追記・修正よろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/