チャペルの子供達

登録日 :2010/03/09(火) 01:51:17
更新日 : 2015/06/13 Sat 12:42:34
所要時間 :約 2 分で読めます




チルドレン・オブ・チャペル

エグリゴリの行った、薬物投与により胎児の脳を常人よりも成長させ、人工的に天才を生み出す『チャペル計画』により生まれた子供達。

彼らは三ヶ月で言葉を話し、小学校に入る年齢で大学の博士号を取得するといった天才ばかりである。

『チャペル計画』により生み出された双子、アル・ボーエンとジェフ・ボーエンが引き起こしたテロ事件により、予定よりも早くチャペルの子供達はエグリゴリに回収されることとなった。

子供と引き換えに、親には一生暮らすことのできる金と住居が与えられるが、彼らを産み育てた親の中には子供を手放すことを拒否する者も居た。

しかし、エグリゴリの工作によりある者は職を奪われ、またある者は莫大な借金を背負わされる等、エグリゴリの取引に応じるしかない状況に追い込まれ、子供達は全員エグリゴリの下へ集められた。

彼らは自分を売った親を憎んでおり、大人を軽蔑している。


エグリゴリを打倒するために、廃棄処分されるところだったサイボーグ部隊、猟犬部隊(ハウンド)を調整、強化し、オリジナルARMS達の捕獲を計画した。



以下ネタバレ







ギャローズ・ベルを支配しているのはチャペルの子供達。

地下の研究施設でアザゼルの研究、解析を行っており、オリジナルARMSの力を我が物としてエグリゴリに反旗を翻そうと考えていた。

彼らが信頼できるのは、自分達を決して裏切らない『猟犬部隊』だけ。



反乱の企てはすでにエグリゴリに把握されており、ギャローズ・ベルを包囲され、地下研究施設にもエグリゴリの精鋭部隊が突入され絶体絶命の危機に陥った。

しかし、そんな彼らを救ったのは、憎んでいた親達だった。

このことで、チャペルの子供達とその親は互いの絆を取り戻した。

いくら天才的な頭脳を持つといっても、彼らは親の愛情を、家族を望む子供でもあったのだ。




追記・修正はお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/