御津 闇慈(GG)

登録日 :2011/05/16(月) 03:18:10
更新日 : 2017/04/28 Fri 20:16:51
所要時間 :約 7 分で読めます






「常勝不敗がモットーでね!」



御津 闇慈(みと あんじ)
CV:五十嵐 亨

身長:183cm
体重:68kg
血液型:B型
出身:壊滅前の日本
誕生日:1月1日
趣味:体を激しく動かすスポーツ、旅
大切なもの:信念、自由
嫌いなもの:天邪鬼、屁理屈



終戦管理局報告書:第4152号
当該個体はジャパニーズであり、現在、脱走中である。施設脱走後、いかなる経路によるものか、神器「絶扇」を入手し、現在も逃走中である。ジャパニーズの文化と血統を正統に受け継いだ者であり、舞いによる闘技を完成させている。行動基準は不明瞭であるが、キ゛アおよびその制作者を追っている節がある。それも、ジャパニーズの多くに見られる怨恨ではなく、単なる好奇心である、と観察されてはいるが、その本心は不明である。いずれにせよ、制御方法を持たないジャパニーズが野にあること自体、危険として考えるべきであろう。それを考慮して、危険度はAとする。

【RiskRating : A】


御津闇慈は2D対戦格闘ゲームギルティギアに登場する架空のキャラクター


○ゲーム中での活躍
白の鉢巻きに鼻かけ眼鏡、胴体部だけ切り抜いた奇妙な形状の青い袴に身を纏った、がたいのいい青年。しかし顔は意外にも爽やか風味だが、ゲーム中では度々 暑苦しいやつ と称される。

ギルティギアの世界では日本が既に壊滅しているため、その生き残りである「ジャパニーズ」は保護という名目の元、施設に収容されるのだが(これは特別な力があるとされるジャパニーズを終戦管理局が管理するため)、束縛を嫌った彼は梅喧同様施設から逃亡、ギア制作者である「あの男」を追っている。しかし他のジャパニーズと違い、彼があの男を追うのは日本を壊滅に追い込んだ復讐ではなく、知的好奇心から、とかなり変わっている。

性格は熱血漢であるが、熱血馬鹿では無く、普段は飄々とした掴み所の無い性格をしている。
また、後先考えずに行動している様に見えるが、実は打算的な性格をしており、鋭い洞察力と観察眼も併せ持つ。
ゲーム中では、あの男に対して独自のギア計画論を展開したり、本物そっくりのジャスティス人形を一目で偽物と見破ったりと、キレ者としての一面も覗かせる。(この「独自のギア計画論」を聞いたあの男は、特に肯定はしなかったが否定もしなかった。)


上半身裸の理由は 「これで攻撃を食らうと痛い。だから本気で避けられる」 から。しかし一部のキャラからそのせいで「露出狂」といわれてしまう。
言葉使いは、「むず痒くて無理」という理由で上下関係無く常にタメ口。たまに相手を小ばかにしたりするが、これは彼なりの愛情である。


上記の通り神器「絶扇」の持ち主であるが、入手経路についてプロデューサーの石渡氏曰く「考えてあるが語るほどでも無い」 「簡単に言えば拾った」 とのこと。
因みにこの絶扇、ソルカイの剣と同じくらいやばい代物それを拾うって…
漫画版(EXTRA)ではジャパニーズのコロニーから奪って持ち出したことになっている。

ジャパニーズであるため他のジャパニーズ系キャラとの絡みが多い。梅喧に好意を寄せ、チップに日本語を教えたりしている。

また数少ない「あの男」に接触した人物でもあり、家庭用XXではあの男に気に入られ、仲間に引き入れられる。
続きとなるAC+ではあの男の計画に興味を持ち、達成の為に助力して構わないという思想を持つようになり、その一環としてイノを連れ戻す任務に着く。
無事イノを封印してあの男の部下に収まるか、任務の途中で出会った梅喧に復讐を止めるよう諭し、共に旅に出るかの2ルートに派生する。


○ゲーム中の性能
日本の伝統芸能「舞」を組み込んだ独自の格闘方で、両手の扇子を駆使して戦う。軽やかに動き回る戦闘は目にも楽しい。

彼独自のシステムとして ガードポイント(以下GP) があり、一部の通常技の出かかりに防御判定を持つため相手の攻撃を受け流しつつ反撃できる。
また中段、裏周り、固め等の能力が高く、強力な起き責めで相手を追い詰める。

その半面、通常技が大振りでリーチが短い為立ち回りが弱く、判定が高い位置に集中するため低姿勢の相手にも弱い。
また一通りの必殺技は持っているがそのどれもが中途半端で扱いが難しい。
更にその性格故か根性値は全キャラ最大にも関わらず、防御自体は低めで意外にも打たれ弱い。


チクチクと牽制で隙を伺い、相手の行動を誘ってからコンボでダウンを奪い、そこから強力な起き責めでダメージを奪っていく。
立ち回りの弱さ故、万年弱キャラクターでギルティらしい爆発力は無いが独自の立ち回りが面白く、非常にやり込みがいのあるキャラクター。
相手に行動を読まれないことが勝利への重要な条件になるため、のらりくらりとした「舞」の様なプレイが求められる。


余談だが、半裸、ジャパニーズ、熱血漢、誕生日、GPと、某暑苦しいアークの忍者と共通点が多い。そのためか暑苦しい忍者には闇慈を意識したカラーがある。



○使用必殺技
  • 疾(シツ)
扇から青い蝶の飛び道具を飛ばす。蝶自体の攻撃力は低いが、ガードさせると真上にに跳びはねながら、相手を上から急襲する鳥形の飛び道具に変化する。
過去作品では鳥部分が中段だったが、最新作では2ヒットする上段攻撃に弱体化された。しかし依然として固めで強力。蝶が鳥に変わる1Fの間にもう一匹蝶が出せるテクニックが存在する

  • 風神
風を纏って突進する。出が早いが距離が短いS版と出が遅いが距離があり、出かかりに無敵のあるHS版がある。以下の技と一つのフォースブレイク派生可能

→針(シン)・一式
垂直に飛び上がり、斜めに6本畳んだ扇子を投げつける、中段判定だが崩しとしては機能しない。

→一足飛び
片足で跳躍し、一定距離進む移動技。下段無敵なので下段に弱い臨の対の選択肢になる。

→凪刃(ナギハ)
足元を扇子で払いダウンさせる。しかしガードされると反確。

→臨
振りかぶった扇をたたき付ける。上中段にGPがあるため、サイクバーストを潰したり出来るが、下段技に弱い。

  • 紅(コウ)
GPから派生。踊るように回転しながら上昇し、相手にダメージをあたえる。主に対空。

  • 蒼(ソウ)
GPから派生。紅が飛び上がるのに対して、こちらは前進しながら扇子をたたき付ける。壁張り付きを誘発する。

  • 陰(オン)
飛び上がりながら相手につかみ掛かる対空投げ。捕まった相手は巨大化した扇に包まれ電気を流される。威力が高く、ダウン確定でFRC対応となかなか優秀。闇慈のダメージ元となる技。演出の都合上位置が逆になる。

  • 戒 一式/二式
両足を揃えて回転しながら飛び上がり、両足で踏み潰す技。中段判定でダウンが奪えるが発生が遅く反応されやすい。
小ジャンプから相手を踏み付ける一式と大きく飛び上がってから踏み付ける二式がある。このとき巻き上がる砂煙で崩しを見えなくする不思議な起き攻めテクが存在する。

  • 針 二式
両手に気を溜めて相手を吹き飛ばす。こちらも中段なので、低空版がガード崩しに使える。


○フォースブレイク
上記必殺技の強化版で、蝶が赤くなり、鳥が中段判定になる。しかし隙が多いのでガー不は狙い難い。

→臨
風神から派生。中段になった上に発生が早くなり前進距離も伸びた。

強化版。威力が高くなりダウン属性が追加された。


○覚醒必殺技
  • 一誠奥義「彩」
目の前で巨大な扇子を回し挟み込む。無敵判定があるため割り込みに使える。

  • 天神脚
戒 二式のモーションで飛び上がり、踏み潰した相手に超回転でダメージを与える。追撃可能だが当てづらい。一応ガー不のネタがある

  • 花鳥風月
GPから派生。連撃を与え、最後闇慈の後ろに屏風が開く。見た目はカッコイイがわざわざ使う必要の無い死に技。


○一撃必殺技
光に包まれて画面外へ消えた闇慈が竜の頭にあぐらかいて画面を横断する技。一撃準備、技の発生共に遅く、実践どころかCPUすら決め難いが、めくりを狙うという一撃必殺技には珍しい小ネタが存在する。





追記、修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/