探偵オペラミルキィホームズ2(ゲーム)

登録日 :2012/09/01(土) 20:54:54
更新日 : 2016/01/05 Tue 19:27:15
所要時間 :約 5 分で読めます




探偵オペラミルキィホームズ2は2012年8月23日にブシロードが発売したPSPソフトである。


■あらすじ
時は大探偵時代。
「フォーチュンリーフ事件」で見事ヨコハマを救った探偵養成機関「ホームズ探偵学院」の見習い4人組「ミルキィホームズ」。
その指揮官、小林オペラがイギリスに旅立った後、平穏な時が過ぎていた。
そんな折、1人の少女がホームズ探偵学院を訪れた。エラリー姫百合、15歳。
警察学校に通い、将来有望されていたが、ある事件をきっかけに彼女の中のトイズが目覚めてしまったのだ。
そして「トイズを所有していること」を契機に、彼女はホームズ探偵学院に転入することになる。
そして、運命に翻弄されるエラリー姫百合は、ミルキィホームズとともにさらに苛烈な事件の渦に巻き込まれていく。



15歳。
警察学校に通っていた少女。怪盗を追っていた際、彼女の中のトイズが目覚める。
そして、「トイズを所有していること」から、ホームズ探偵学院に転入することになる。
彼女は突然ミルキィホームズの指揮官に任命されてしまう。
学院では新設された指揮クラスに配属されているため、ミルキィホームズとはクラス編成が異なる。
過去に何かあったらしいが……。
ネロ曰わく、 スタイルはいい様子
トイズは他人のトイズを強制的に発動させる「強制発動」。
ただし、自分の意志で使うことはできない。


16歳。
明るく元気でまっすぐな少女。
名探偵になるという夢をかなえるためにホームズ探偵学院に入学し、ミルキィホームズのメンバーに選ばれた。
記憶を一部損失しているため、「過去」 「未来」について神経を払っているところがある。
世界中の謎を解き明かしたいと思っているのもこのことが要因である。
慌てん坊で落ち着きがないが、探偵として必要不可欠な「諦めない心と勘の良さ」を持っている。
トイズのコンプレックスは克服した様子。
トイズは念動力。


16歳。
とても食いしん坊で、常にお菓子をポケットや帽子の中に隠し持っている。
純粋だが、感情的になりやすく冷静さを欠く場面も見られるが、反面4人のうち一番心慮深い所も見せる。
動物と共に育ったこととトイズの余波により動物の思考が読めることから、動物に深く感情移入する。
特に虐待に関する行動には強い憤りを見せる。学校の温室に勝手に捨てられた動物を住まわせている。
探偵になりたいのは「金稼ぎ」が目的だが、その理由は自らで動物の楽園を作りたいからである。
後、 出るところは出てる
トイズは電子機器からの情報取得・制御。


17歳。
心優しいが人見知りで、内気という探偵にはあまり向かない性格。
肌を晒すことを嫌い、いつも丈の長い服に身を包んでいる。
性格的にみんなの後ろから付いてくるばかりだが、戦闘になるとその能力から最前線に立つことが多い。
読者と片付けが好き。
なかなかの 巨乳
トイズは怪力・重量増加・硬化。


18歳。
ミルキィホームズの最年長でお姉さん的存在だが、ぼろが出ることもしばしば。
チームにおいては最年長であることとトイズが所以で、指揮官がいない際は指揮官補佐を兼ねることが多い。
妹であるマリア・グラウカと死別した過去があり、彼女の夢を受け継ぎ探偵に憧れる。
小林オペラはマリアとコーデリアの古くからの憧れであり、その師事を受けて更に成長する。
トイズは五感強化。


20歳。
前作の主人公。
かつては名探偵として数々の難事件を解決していたが、数年前「怪盗L」との対決の結果、トイズを失ってしまう。
ある日ミルキィホームズの指揮官・監督役に任命を受ける。
その後「フォーチュンリーフ事件」を契機に、教え子であるミルキィホームズと離れ、自らを成長させるためにイギリスに滞在している。
トイズは不明。


  • ジョセフィーヌ・ミステール
不在になったアンリエットに代わり生徒会長代理を名乗り、探偵学院に君臨する。
ただし、アンリエットとは違い生徒からは信用されていない。


怪盗帝国において、アルセーヌに付き従っていた気弱な少年。
今はホームズ探偵学院に在籍し、ジョセフィーヌに付き従う。


  • カリオストロ
新怪盗帝国の首領でアルセーヌの姉を名乗る女性。
アルセーヌとは違い、宝を手に入れるためなら手段を選ばない。
トイズは他人のトイズのコピー。


怪盗帝国のスリーカード。
突然現れたカリオストロに従うことを拒む。
が、トゥエンティは何故かカリオストロに従っている。


怪盗帝国の首領。
行方不明になったらしいが……。



警察が組んだ対怪盗事件捜査チーム「Genius4」のメンバー。
トイズは持たないが、かなり優秀で頭の良さだけならミルキィホームズの上だろう。



■余談
前作に比べシナリオの量がボリュームアップしている。
また、アペンドシナリオという特別なシナリオもある。
アペンドシナリオは物語の、前日談、後日談、サブシナリオの三つを楽しめるもので、本編のシナリオとはまた違ったキャラクターの顔が見れる。

ただ1話のQCAが作画崩壊している。
とはいえ1話以降は一部のCGが多少おかしいくらいで、2話以降のQCAは結構安定している。




追記・修正、これにてQ.E.Dです!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/