ギャラガ

登録日 :2011/01/23(日) 23:11:24
更新日 : 2017/07/05 Wed 12:43:16
所要時間 :約 5 分で読めます




ナムコ(現・バンダイナムコホールディングス)が1981年に販売した固定画面インベーダー型縦シューティングゲーム

ステージの概念は後述

前作に「ギャラクシアン」
続編に「ギャプラス」「ギャラガ'88」などがある


2方向レバーで自機「ファイター」を左右に移動
ショットボタンで2連射可能なショットを放つ


○基本的な流れ

各ステージに登場する敵機「ギャラガ」を全滅させることによって次のステージに進む
ステージの開幕では、ギャラガ編隊たちが画面外より一定の動きで飛来してフォーメーションを組み始める
なお、この際には積極的な攻撃はしてこない

5列に渡るギャラガたちがフォーメーションを組むと、下降しながら弾を撃ち始め本格的な攻撃が開始される


ステージ3と以降3ステージ毎に「チャレンジングステージ」と呼ばれるボーナス面が用意されている
飛来しては逃げてゆくギャラガ編隊を撃ち落とすことによって得点を稼げるステージとなっている

1編隊を完全に撃ちきることで追加ボーナスを得られ、登場する全編隊(40機)を全撃墜するとパーフェクトボーナスとして10000点獲得できる
このステージではギャラガからの攻撃や体当たりは一切無く、決して死ぬことはない

各チャレンジングステージ毎に登場するギャラガの種類や動きが異なる
チャレンジングステージは全8種類


ステージは31面で1周となり、難易度自体の打ち止めもそこまで
ステージ数は画面右下の勲章によって表される

255面まで進むと基板のバージョンによって違いがあり…

  • 旧バージョンではバグが発生しリセットがかかる
  • 新バージョンでは0面に戻り難易度がリセットされるのみでそのままプレイ可能

なお、新バージョンの方が難易度は高い


スコアの表示可能点数は999990点まで
カンスト(カウンターストップ)するとハイスコア欄に自分のスコアが残り、現在のスコアはリセットされる
そのため、ランキングは1位なのにハイスコア表示欄より低いという現象が起きる



○パワーアップ

敵機「ボス・ギャラガ」が放ってくるトラクタービームに接触すると自機が吸い上げられ、捕虜となってしまう
ミス扱いとなり、残機を消費して次のファイターが出撃するが、この時に飛行中の捕虜を持ったボス・ギャラガを破壊すると捕虜ファイターが救出できる

救出したファイターは左右に並び「デュアルファイター」として活用できる
ショットが双発となり、攻撃判定が劇的に向上する

ただし当たり判定は2機分となるため弾を避けにくくなるデメリットもある

片側がやられてしまうとまたシングルファイターに戻る

救出時に誤って捕虜ファイターにショットを当ててしまうと破壊され、無駄となってしまう(1000点)



○登場敵機

(全機ともに共通して、待機中より飛来時の時の方が破壊得点が高くなる)

ザコ

青い羽をもった蜂のような敵
飛来時に画面下に辿り着くと一回転する特徴がある

ゴエイ

赤い羽をもった蛾のような敵
クセのある軌道で蛇行して飛来する

ボス・ギャラガ

ギャラガたちの親玉で昆虫のような敵
ショットを1発耐える耐久力を持つ
飛来時に破壊するとギャラガたちの攻撃が一定時間おさまる

ゴエイを連れて飛来してくる場合があり、この際は破壊得点が800点若しくは1600点に跳ね上がる


オガワムシ

ザコおよびゴエイが突然変異によって出現する
釣り鐘のような敵
3機編隊に分裂して飛来し、全撃墜で1000点
突然変異機は最後の1機以外はすぐに倒さないと消えてしまう

エイ

中盤のステージから登場する突然変異機
逆三角形をした緑色の敵
全撃墜で1500点


ギャルボス

前作「ギャラクシアン」の旗艦であり、ゲスト出演
変異を起こしたあと2機がファイターを狙って高速突進仕掛けてくる
全撃墜で3000点

トンボ

3つ目のチャレンジングステージ専用の敵
その名の通りトンボ
トリッキーな動きで逃げ去る

モミジ

4つ目のチャレンジングステージ専用の敵
サソリのような外見
緩やかなカーブを描く

エンタープライズ

8つ目のチャレンジングステージ専用の敵
宇宙船のような外見
すぐに逃げ去ってしまう

捕虜ファイター

捕虜を捕まえたボス・ギャラガを待機中に破壊してしまうと敵となってしまう
が、倒さずに画面外に逃せば次のステージに捕虜状態で登場するので改めて救出し直せる
(次のステージがチャレンジングステージの時は、さらにその次のステージ)


  • ゲーム性など

前作であるギャラクシアンを大幅にグレードアップした本作
敵がよりダイナミックな攻撃をしかけてくるようになり、避けの熱さが味わえるようになった

しかし何といってもギャラガの醍醐味は、その連射である

これまでの多くのシューティングゲームに置けるショットとは、連射が出来ず単発が基本であった

しかしギャラガでは、敵を引き付けてバリバリ撃ち込むこの上ない爽快感を味わえるようになり、ギャラクシアンを超える爆発的なヒットを誇った

精密狙撃技術や、敵ギャラガの総攻撃をいかに凌ぐかといったアドリブ力の要求される場面などもあり、繰り返しのプレイが活きてくる高いゲームバランスを誇っている

自機のエクステンドは1万/7万と早めに設定されていて、アドリブが苦手な人でも頑張れる設計となっているのもポイント


リッジレーサーでは、登場する車体にギャラガたちやタイトルロゴが映っていたりする



追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/