水沢(パワポケ)

登録日 :2011/07/10 (日) 14:06:52
更新日 : 2016/11/19 Sat 15:33:41
所要時間 :約 3 分で読めます




パワプロクンポケット10のモブキャラクター。



親切高校の生徒で、セミロングの茶髪とくりっとした大きな目が可愛い女の子。主人公と同学年。
完全共学制になった二年生の時は隣のクラスになる。

大江和那(カズ)とは同じバスケ部の仲間であり寮の部屋も二年続けて同室だった。

主人公曰く「凄く普通の女の子」。そして 彼氏持ち
モブのため出番もカズのオマケ程度だが、彼女に待っていたのは悲惨な末路だった。










二年生になったある日、彼女は体育の授業中に気分が悪くなり授業を抜けたまま行方不明となってしまう。

校内をくまなく捜索し、カズも彼女の制服の匂いをに嗅がせて森を捜索するが見つからず、警察も行方を掴めないでいた。
しかししばらく経って突然実宅に彼女が現れ、またすぐいなくなってしまったという。

結局彼女の失踪は「厳しい学校生活に嫌気がさし脱走」として結論づけられたが、カズや紫杏等この事実に疑問を抱く人物もわずかながらいた。


カズによれば水沢は失踪の少し前にバスケ部で念願のレギュラー入りを果たし、初試合も近く本人も喜んでいた。
それに加えて彼女は制服を二着しか持っておらず、失踪当時は一着は洗濯中、もう一着はカズが捜索に利用していて両方寮にあった(体育の途中で失踪したので当時水沢は体操着)。
にも関わらず、自宅に現れたとされる水沢は制服を着ていたらしい。

この事から水沢は何らかの事件に巻き込まれ、自宅に現れたのも彼女になりすました別人ではないかとも憶測されたが、家族が見間違うとも考えられず不可解さは拭えないまま日々が過ぎていく。



そしてさらにしばらく後、超能力に目覚めたカズがジャジメントにスカウトされる時に桧垣先生の口から水沢失踪の真相が語られる。

実は彼女もまた超能力開発用の薬を飲んでいて、計算上確実に超能力に目覚めるとされた水沢とカズの二人は(一応)本人が了承した上で薬を服用していた。


そしてカズが重力制御能力に目覚めるのと同じ頃、彼女も超能力を発揮。
だが彼女の超能力は 自分を破壊する類の能力 (詳細は不明)だったために自爆、死亡してしまう。

これが体育の授業を抜けた直後であり、水沢は帰宅はおろか学校を脱走することもなく死んでしまっていた。


彼女が自宅に現れたというのはジャジメントによって捏造された事であり、催眠と薬品によって暗示をかけられた家族がそう思い込まされていただけ。



この事故があるまでは「超能力覚醒の可能性があれば誰でも」薬品を投与していた桧垣だが、水沢の死があってからは慎重に被験者を選ぶようになった。
水沢は犠牲になったのだ…。


ちなみに一部(特に水沢ファンの間)では“爆発系の能力”という事から「奇跡的に一命を取り留めた、もしくは死から蘇った水沢=ピースメーカー」説が願望混じりに挙げられている。

そこから更にダークスピアVSピースメーカーという展開も望まれているが、元がモブというのも含めて「死んだ」とされる水沢が再登場する可能性は高いとは言えない。
とはいえ狩村さんや木村選手のような例もあるので、有り得ないとも言い切れない…かも?



自分の彼女が超能力で自爆したと知ったら残された彼氏はどう思うだろうか…。


追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/