クリザリッド

登録日 :2010/11/29(月) 05:37:11
更新日 : 2017/01/14 Sat 14:52:20
所要時間 :約 7 分で読めます





目に焼きつけて…死ぬがいい


格闘スタイル:収集した戦闘データを、バトルスーツから肉体にフィードバックして闘う
年齢:29歳
誕生日:10月23日
身長:188cm
体重:83kg
血液型:AB型
出身地:アイルランド
趣味:有名人のクローンコレクション
大切なもの:部下
好きな食べ物:ライフガード、バターサンドクラッカー
嫌いなもの:意味のない会議
得意スポーツ:なし
CV:岩本 義幸
専用曲
Mechanical Bless(第1形態専用曲。電子音がちりばめられている)
Dear Falling Angel(第2形態専用曲。名曲揃いの『99』の中でも神曲と名高い)
Cutting Edge(2002UMでのBGM。Dear Falling Angelのアレンジ。良曲だが、人によってはキュイーンキュキュイーンがない為物足りないとか)
専用ステージ:POINT 70599


『KOF99』の主催者にして、秘密結社ネスツの下級幹部の一人。名前はフランス語の「蛹」を英語読みにしたもの。
ファンからの愛称は「クリザ」「課長」「中間管理職」など。

ネスツ編主人公であるK'のオリジナルであり、故に彼より正確に高出力の草薙の炎を操る事ができる。
落ち着いた物腰の好青年ぽいが、冷酷な性格をしており慇懃無礼。しかし大切なものが 「部下」。
K'の事は「クローン風情」と見下している。

好物は好き嫌いが無かったりそもそも不明だったりブッ飛んだものがあるKOFボスにしては割とまとも。
ライフガードは言わずもがなチェリオ製のバイオニック飲料。
バターサンドクラッカーに関しては、 バターは何でもいいがクラッカーは「リッツ」じゃないとダメ というこだわりがある。



以下ネタバレ








『97』のオロチ戦直後に捕獲した草薙京のクローンを大量生産し、それらを世界中の大都市に配置、一斉にテロ活動を起こさせる計画「プロジェクトK」を『99』で実行。
KOFを開催したのは優秀な格闘家のデータを採取してクローン京達に送るためと、逃げ出したオリジナルの京をおびき寄せるためであり、部下のK'とマキシマを紅丸、真吾と組ませた。
決勝を制した彼らを下水道にカモフラージュさせたエレベータで基地のポイント70599へ移動させ、データを採取して自身のバトルスーツを介してクローン京達に送るために中ボスとして立ちはだかる。
ゲームでも只の下水道ステージだがRound1終了時にエレベーターが起動し、以後はその上で闘うようになる演出は見事。
が、まだ相手の2番手、3番手が控えているうえ、その後のデモでは対戦チームが見受けられないのは、まさか……

中ボスの彼に勝つと、最後にクローン京達に「殺意」を引き起こすための「トリガーデータ」採取のため、ラスボスとしてプレイヤーに襲いかかってくる。
つまり「私に殺されろ」ということであり、京の友人や自称弟子とチームを組まされてデータ作成をサポートしていたK'やマキシマもこれには反抗。(当たり前)
特にK'は、自分がクリザリッドのクローンと直前に告げられ怒っていた。
この時のステージ演出もかなりかっこいいものとなっている。

プレイヤーに敗北し、計画もハイデルンの部隊により潰された彼はネスツ上層部(クローンゼロ)から用済みとばかりに切り捨てられ、証拠隠滅のため基地ごと自爆させられた。

おまけに怒チームエンディングにて、姉と思っていたウィップに、自身がK'のクローンであると聞かされそのまま力尽きて悲劇の悪役となってしまう。
が、『2001』で安置されていた死体を蘇生させられ、オリジナルゼロのストライカーとして復活。
ゲームではその後どうなったのか不明だが、正史扱いの小説版ではウィップに 撃ち殺される。

オリジナルも不幸体質であれば、そのクローンもまた不幸であった。

なお、2001ではプロフに以下のような変更がなされた。

大切なもの:部下→オリジナルのゼロ様
好きな食べ物:ライフガード→スポーツ飲料、バターサンドクラッカー(こっちは変更なし)
嫌いなもの:意味のない会議→チョビヒゲの人


ちなみに彼が課長や中間管理職と呼ばれるのは、ネスツを会社に例えるならば課長であり中間管理職の立場だかららしい(公式)

お祭りバトルの『KOF2002UM』でも1ボスとして参戦。
めちゃくちゃ凝った登場デモ、99のBGMアレンジにステージの再現とかなり優遇されているが、技にSEが入ってなかったりエフェクトが抜けてたり登場シーンが棒立ちだったりと ここでも不幸っぷりを発揮した。


【キャラ性能】
バトルスーツを着た第1形態、スーツを燃やしての第2形態があり、第1形態はCPU専用。上記の通りデータ採取が目的なのでかなり弱い。
第2形態はKOFのボスらしく超強く、密接してれば全ての(超)必殺技が小技から繋がる程発生が速い。
一部技やモーションがルガール・バーンシュタインと酷似しているが、特に関係性はない。

また、炎を自在に操れるのだが実際に闘いで使用するのはなぜか 超必殺技だけである。

第1形態
【必殺技】
  • ネガティヴ・アンギュッシュ
手から紫色の光弾を放つ飛び道具。二回ヒットする特殊な判定を持つ。

  • デモン・ランディング
空中から斜め下にキックを放つ。いきなり軌道が変わるのでくらってしまう事多数。


第2形態
【必殺技】
  • テュホン・レイジ
クリザリッドの代名詞的な必殺技で主力技。回し蹴りから巨大な衝撃波を生み出す。

強はその場に停滞させて飛び道具を反射し、弱は飛び道具を掻き消しながら画面端ギリギリまで飛ばす。
特に弱が驚異的で、範囲がデカいわ持続が長いわガードするとガリガリ削られるわ超必殺技クラスの飛び道具を掻き消すわパワーゲージがモリモリ溜まるわ隙が少ないわ…一部キャラは接近すら困難になり、 連発されるだけで詰む。

「テュホン・レイジ!」
と技名を叫んでいるが、空耳が多いのも特徴。
例)シフォンケーキ、トルネイド、飛んでいる、基本定時、基本零時、ホン・メイリン、etc.

  • リーサル・インパクト
脚を高く掲げ、振り下ろす技。判定が特殊で、振り上げる部分が打撃投げになり相手を脚先で持ち上げて叩きつける。振り下ろし部分は中段判定の踵落とし。股関節がどうなっているのかとかマキシマやチャンを片足で振り回すとか突っ込みどころが多い。
「甘い!」「死ねい!」


現在は無くなってしまったが、旧SNK時代のKOF99EVO公式サイトに設けられた「秘密結社ネスツ」というネタコーナーの中に「秘密結社ネスツ新聞」というページがあり、その中に…

「”もっぺん企画書、書き直して出直してこい!!”クリザリッド係長、怒りのリーサルインパクト!!」

…という見出しで、ミスをした部下に対して怒鳴り声と共にこのリーサルインパクトをブチかます…という記事が掲載されていた。


  • ライジング・ダークムーン
飛び上がりながら手刀で斬りつける技。ルガールのジェノサイドカッターに似ている。勿論対空性能は抜群。
「無駄だあ!」

  • デスペレイト・モーメント
高速突進し、掴んだ相手を逆方向に振り払う技。ダメージはないが、相手が長い時間のけぞるので様々な追撃が入る。通常攻撃でキャンセルすればお手軽永久連続技に発展する。
『2002UM』では通常攻撃に繋げなくなったため永久連続技は不可能。代わりに、振り払い中は同技以外の全ての必殺技でキャンセルできる。
「うおおお!」

  • モーメント・ペネトレイション
デスペレイト・モーメントの専用追撃で、掌抵で相手を吹き飛ばす。
「ウリャー!」


【超必殺技】
  • エンド・オブ・ヘブン
全身から火柱を噴き上げ、両腕で十字に引き裂く技。火柱は無式のものと同じである。
無敵時間は長いが、至近距離でなければ当たらない。
「見せてやる! 我が力を!!」

  • エンド・オブ・エデン
ヘブンのMAX版。火柱を噴き上げたあと背中から炎の翼を生やし、突進して焼き尽くす。最初の火柱がヒットすると突進が空振る。
『2002UM』では空振らなくなったが、威力が大幅に下がった。
声にエコーがかかる。

  • デスペレイト・オーバードライブ
突進して掴んだ相手を画面端に叩きつけ、連続パンチを放つ技。通常版は白いオーラのパンチ、MAX版は紫色のオーラを纏った両手で突き刺し爆発でフィニッシュ。無敵時間が長く、『99』のボス版では 単発5割 (MAX版は 8~9割 )と驚異的な威力を誇る。
「ぶっ潰れろおおおお!」「ウゥリィヤアアアァァー!!」
ちなみにセリフの元ネタはジョジョのDIOがロードローラーで承太郎を押しつぶすシーンから。


  • ライトニングディザスター
『2002UM』で追加されたMAX2。画面全体を超高速で縦横無尽に攻撃する。
あまりの速さにクリザリッドの姿が見えず軌跡しか見えない。姿を消してから完全無敵の威力が高い画面全体攻撃かつなんでも判定で、削りでも強力な技。元ネタは聖闘士星矢。
「ウリャー!!」



【主な台詞】

「肯定とみなす。行くぞ…!」
「やってみろ、クローン風情が」
「こんなもので勝てるのか?」
「あなたと戦うことになるとはな…」
「こんなはずはー!!」
「進歩のない者達だ…」
「…姉さん…なぜ…僕を…置いて……」



以下、余談

『99』はシステムの評判が悪いためあまり人気がなく、また彼を倒した直後にが隠しボスとして現れるなどが重なり、印象の薄いラスボスであるが、MUGENでは運送屋や中間管理職として人気が高く、空耳にもなっている彼女とは鉄板夫婦となっている。

因みに、99ではCPUのアルゴリズムが非常に低いため、京、クローンの京-2、真吾の代名詞である『ボディが甘ぇぜ!』だけで倒せる。
テュホグハ! って感じになる。

後に発売された「99 evolution」で鬼のように調整されたのはこのためだろうか。



追記と修正することになるとはな…

この項目が面白かったなら……\ポチッと/