ドルフィン号/ドルフィン初号機

登録日 :2012/09/13(木) 17:59:42
更新日 : 2017/07/19 Wed 22:38:55
所要時間 :約 7 分で読めます




ピクミンの登場人物キャプテン・オリマーの愛機。
また、彼の勤め先であるホコタテ運送にはドルフィン初号機が存在する。


◆ドルフィン号
オリマーが働いた結晶の、一人用宇宙船。
デザイン等もオリマーが口出ししている辺り、どうやらオーダーメイド。

放射線防止のガードは勿論、オリマーもよく分からない技術が詰め込まれている。
宇宙海賊から宇宙船を守る為の機能や無線機もあり、これらは衛星として周囲に浮かせる事も可能。

武装として星をも破壊出来る威力を秘めたノヴァブラスターを搭載している。
また、マッサージマシンや日焼けマシンといった物もある他、一人用宇宙船という他者の介入が少ない存在からか 密かにへそくりを貯める金庫もある。
ワープ機能も完備。

オートパイロットにする事も可能で、オリマーの就寝時等はこれを使っていると思われる。
しかし、このオートパイロットが仇になり宇宙船に接近する隕石を回避出来ずに近くの星に墜落、30個ものパーツを失ってしまう。
意外と丈夫なようで、宇宙飛行はパーツがほぼ揃っていないと無理だが、空を飛ぶ位ならばエンジンさえあれば多少の発電機関が欠損していたとしても可能である。

パーツやオリマーの格納にはパイロットスペースより下部のエリアから宇宙船の正面に発している光を用いる。
また、オリマーの宇宙服の耐久力が尽きた時にはワープ機能で宇宙船の前まで転送させられる。


◆パーツ
  • メインエンジン
空を飛ぶ為に必要な最重要パーツ。

  • ポジトロン発電機
陽電子発電機。

  • 永久燃料ダイナモ
2個の電池のような部位が目立つ発電機。
また、次作ではドルフィン号初号機がお宝の一つに「永久燃料ダイナモ改」と名付けている。

  • きまぐれなレーダー
反射を利用して周囲の地形を把握出来るレーダー。
このパーツがあればゲーム中マップが表示されるようになる。 気まぐれという割には高性能。

  • ただものではないネジ
ネジ。店員に言われて買ったはいいが、どこらへんがただものではないのかは不明らしい。
しかし、脱出に不可欠なパーツの1つであるためやっぱりただものではないのだろう。

  • ショックアブゾーバー
揺れの緩衝機。

  • サジタリウス
オリマーの息子が生まれた月の星座の名前 をつけたライト。

  • 放射線キャノピー
コクピットの周りを放射線からガードする半透明のドーム。

  • ガイガーカウンター
放射能測定器。
ある生物が飲み込んでり、倒して体内から取り出すとガーガーうるさい。

  • ノヴァブラスター
主砲。惑星をも破壊出来るという明らかに過剰な能力を持つ。
飛行には不要。 これで隕石を破壊出来なかったのか と思うが、オリマーが安全のためにOFFにしていたのだろう。

  • イオニウムジェット1
イオニウムなる物質を燃料にする姿勢制御エンジン。
宇宙船左舷に装着され、飛行時には蒸気を噴出する。

  • オートマチック・ギア
マイペースに回る歯車。最新の宇宙工学技術により、燃料なしで半永久的に稼働するという。

  • グラビティージャンパー
反重力を生み出し加速を助けるバネ。

  • ノンダイオキシン
有害物質の漏れを防ぐカバー。

  • アナログコンピューター
0と1以外にも思考を加えるコンピューター。

  • リブラ
サジタリウス同様に、 娘の星座の名前 がついたライト。

  • オメガスタビライザー
下部に4つある尾翼の内の一つのカバー。飛行を安定させる。

  • ガードサテライト
宇宙船を宇宙海賊等から守る衛星。
隕石には効果ないのか、単にオートパイロットだから起動しなかったのかは不明。

  • スペースフロート
宇宙遊泳に使うという浮き輪。宇宙カナヅチ以外には不要だが、非常用備品として装備を義務付けられているらしい。
飛行には不要。

  • リペアTYPEネジ
一人でに回る、ネジ巻きのような物体。
その実は精巧な修理ロボットで、故障を見つけて直す役割。

  • グルーオンドライブ
宇宙船の前面のカバー。歯車も回っており、高度な技術の物品らしい。

  • ジルコニウムローター
歯車のように凹凸がある小山型のパーツ。
ジルコニウム製なので錆びにくく熱を持ちにくい。

  • パイロットのいす
オリマーお気に入りのクッション。

  • イオニウムジェット2
イオニウムジェット1と同様。右舷に装着される。
ちなみにイオニウムは温泉のようなあの匂いがする。

  • クロノスリアクター
エンジンの周りに装着している補助装置。
時空を捻じ曲げてその反動をエネルギーに変えるらしいが・・・これも原理はよく分からないらしい。

  • バウスプリット
宇宙船の先端を覆うパーツ。
オリマーのデザイン。真上から見るとモンスターボールっぽい配色。

  • 宇宙ムセン
ガードサテライト同様に衛星。
しかし、辺境の星な為にSOSは望めない。設定上はピクミンの星=地球でホコタテ星=火星なので、距離以外の要因があると思われる。

  • マッサージマシン
腰につけるタイプ。
飛行には不要。

  • UVランプ
ハンドサイズの日焼けマシン。
全てのパーツで最も軽い。
飛行には不要。

  • へそくり金庫
ブタさん貯金箱。
へそくりはズッシリ入っているようで重さ2位のグルーオンドライブよりピクミン35匹分も重い。
飛行には不要。


こうして30個(内飛行に必要なのは25個)のパーツを無事に集めると母星へと帰れる。





だのに!


ひどい…!ひどすぎるっ……!こんな話があるかっ…!
命からがら… やっとの思いで…集めたのに… 帰ってきたのに……
社長っ…!あいつがもぎ取ってしまった……!
せっかく手にした私の未来…希望…人生を……!


なんとオリマーがいない間に会社が経営危機に陥っており、社長は色々売りに出したが 売れたのはオリマーのドルフィン号だけだった という。
ドルフィン号はオリマー個人の所有物であり、社長が勝手に売りに出したという……


しかし、会社にはまだ ドルフィン初号機 が残っていた。



◆ドルフィン初号機
白と濃いピンクのカラーリングで、二人乗り。
先端にはプロペラがついている他、先端部だけを切り離して探査ポットとしてパイロットに同行させる事も可能。
アイテム回収の光は探査ポットの下部から発される。

錆びが浮いたりしているが、宇宙飛行はワープ含めて問題なく可能。お宝の価値の鑑定も可能だったりと、ハイテク。
また、人工知能を有しており、喋る。ウィットも備えており冗談をよく言う他、回収したお宝のあの欲棒をはじめとした怪しいネーミングは初号機によるもの。
また、シリーズが全て揃うと初号機によるお宝のセールストークも聞ける。

機械らしく生き物(虫=バグ)は苦手で、原生生物の初回収時はぶつくさ文句を言う。
また、一部のお宝から宇宙服のサポートパーツを作成する技能も持ち合わせている。

借金返済後はまさかの 金ぴかボディにカラーチェンジ する。


◆その他
スマブラXではドルフィン初号機がオリマーの最後の切りふだにて登場する他、
亜空の使者ではフォックスorファルコのアーウィン、サムスのスターシップ、ファルコンのファルコンフライヤーと共に、
ファイター達を亜空間へと送り届けている。
他の宇宙航行機と比べて明らかにポンコツでフラフラの飛行なのだが、
その状態でも敵からの砲弾の嵐を華麗にかわしきる辺りはオリマーもベテランだと思わされる。
原作でお宝や原生生物の死骸を大量に収納出来る為、ファイター達の搭載スペースは十分にあると思われる。




追記・修正はピクミン1の攻略本付録のドルフィン号のペーパークラフトを作成してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/