クイーンチャッピー

登録日 :2010/12/31(金) 14:41:13
更新日 : 2017/01/23 Mon 18:32:10
所要時間 :約 3 分で読めます




和名:デメマダラ(卵嚢肥大個体)

イヌムシ科


ピクミン2に登場する大型原生生物。
めざめの森の地下洞窟「けだものの穴」、ねむりの谷の地下洞窟「辺境の洞窟」の最深部に居座る。
のぞみの大地の地下洞窟「百戦錬磨の穴」でも中ボスとして登場。

食物の減少など環境の変化が起こった際に、メスが一時的に体を変化させた姿。この個体を中心に一時的な社会形態を取れる。
卵巣を中心に体が異常に巨大化し、まるで芋虫のような気色悪い体型になっている。

生物図鑑のクイーンチャッピーはいくらピクピクニンジンを与えても目を覚まさない。
あと食事中はZボタンを押さない方がいい。



・「けだものの穴」のクイーンチャッピー

プレイヤーが最初に対峙するであろうボス。体を丸めて眠っており、攻撃すると目覚める。
捕食は行わないが、纏わり付くピクミンを振り払い左右に転がってピクミンを押し潰す。
前後への攻撃手段はないので頭かケツの方から攻撃すれば楽勝。

しかし、初見プレイヤーは大体チャッピーと同じ感覚で寝てるうちにと大量にピクミンをくっ付けてしまい、大虐殺の憂き目にあう。
下手をすると初の全滅を味わう…


・「辺境の洞窟」のクイーンチャッピー

眠る間も惜しんでベビーチャッピーを産み続けている。
ベビーチャッピーはオリマーのパンチ一発で死ぬ程弱いが、
捕食スピードが尋常でないうえ止めどなく無数に産まれてくるので、大勢のピクミンで取り囲むと逆に甚大な被害に遭う。
押し寄せるベビーチャッピーを突破しクイーンチャッピーの正面まで来られれば、転がり攻撃にベビーチャッピーを巻き込んで一掃できる。
ベビーチャッピーは倒すと黄色いエキスを出すので結構便利。
ちなみにベビーチャッピーは、生物図鑑でよく見ると めちゃくちゃカワイイ。


・「百戦錬磨の穴」のクイーンチャッピー

転がって左右の壁にぶつかると、その衝撃で天井が崩れ、クイーンチャッピーの正面に落石が起こる。落石に潰されたピクミンは勿論、即死。
転がり攻撃+ベビーチャッピー+落石と、前後左右全方向へ攻撃してくるため一筋縄ではいかず、多くのプレイヤーをパニックに陥れた。


忘れた頃に現れては強烈なインパクトを残していくため、クイーンチャッピーにトラウマを持つプレイヤーは多い。


チャレンジモードではデメマダラの巣窟に登場(辺境の洞窟仕様)。ボスのダイオウデメマダラより厄介。



ルーイメモによると 「卵巣の塩漬けは珍味of珍味。一度ご賞味あれ」 …らしい。
フグじゃねーんだから…!!


余談ながら、Wiiソフト『おどるメイドインワリオ』のプチゲームにも出演を果たした事がある。
ちなみにゲーム内容は 転がって周囲にいるピクミンをすべて轢き潰す というもの。ううむ。



「またまた怪しい項目を発見しました!
こんな外れの方まで探しに来たのが
報われましたね!
歩き疲れたかもしれませんが、
もうひとふんばりです。
一緒に追記・修正しましょう!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/