跡部景吾

登録日 :2010/01/02(土) 06:46:38
更新日 : 2017/11/06 Mon 21:58:23
所要時間 :約 16 分で読めます




跡部(あとべ)景吾(けいご)


テニスの王子様の登場人物。


誕生日:10月4日(天秤座)
血液型:A型
利き手:右
身長:175cm
体重:62kg

生年には連載開始時の1999年に15歳の誕生日を迎えることから1984年生まれにする説と、某公式ファンブックから推定して1987年とする説がある。


跡部財閥のおぼっちゃまくんにして氷帝学園テニス部部長、更に生徒会長まで兼ねちゃってる。

テニス部員数は大体215名ほど。
その200人以上がコートを囲んで一斉に応援している(ように聞こえる) 「氷帝コール」 という幻聴を使うことができる。
並みの手練れでもこれに飲み込まれてしまうと、立つこともままならなくなってしまうことがあるので注意したい。

他にも相手の弱点を見抜いたり、相手のコートに氷塊を降らせたり、果ては 相手が骨まで透けて見えたり と超人間的な能力を持っている。まぁテニヌだし。

作中でも様付だが、リアルでも様付される数少ない人物。自信家であり、やたらと偉そう。でもそれなりに努力はしている。

主人公以上に主人公補正がかかっており、坊主になったはずがなかったことにされ(詳しくは後述)、乾汁を飲んでも一言で片付いた。


家族構成はグランパとグランマ、そして、パパとママ。お友達は樺地だけ。

先述したように跡部財閥という金持ちなので自宅が 跡部ッキンガム宮殿 と呼ばれる。

また実家の所有している街の地下に帝国華撃団方式で巨大な垂直離陸式飛行機を隠している。発進の時は上の街が展開。

幼少時代はイギリスの 古城 で暮らしていた。豪邸を飛び越えて城……流石は跡部様。

普段から良いものを食べている為、偽物と本物を見分けられる。
焼肉の王子様では(キリッ)な乾を絶望させて唇を狙われたが手塚に救われた。
代わりに乾の大切な部分が焼かれ犠牲になった。

「部長、網変えましょうか」
「ああ、頼む」

乾汁の一つであるコーヒーを飲み、その体勢のまま気絶した(その後すぐに復活した)。



趣味はフライフィッシングと読書。
他と比べると普通っぽく見える。

好きな食べ物はローストビーフのヨークシャープディング添え。

得意科目は全科目。
特にドイツ語とギリシャ語がお得意だとか 中学でやるかそんなもん。
ちなみに氷帝にはマジでギリシャ語の授業が有る。


苦手なものは節足動物。
でもカブトムシは平気。

初登場時は橘桔平の妹の橘杏をなんとナンパしていた。
今ではとても考えられない行動だが、好みのタイプは「気の強い女」なので意外と好みだったのかもしれない。

口癖は、
「(何か問いかける)アーン?」
「俺様の美技に酔いな」

ぶっちゃけこうやって項目にすると爆笑ものなのだが、漫画やアニメだと違和感のない不思議。
さすがはアホb……じゃなかった跡部様である。





テニスにおいて基本的には『相手を平伏させて楽しむ』という大変サディスティックなご趣味がある為、「相手の弱点を見抜く」能力を用いた持久戦を好む。

本来のプレイスタイルは 「相手コートへの氷塊攻撃」 を駆使した超攻撃型。てか「破滅への輪舞曲」とか見てりゃ分かる。

言動やプレイスタイルから誤解されやすいが、天才というよりは努力家の秀才タイプ。
幼少期にテニスの本場・イギリスにいた際は、同年代の選手に敵わない上日本人故に馬鹿にされていた。
しかし練習と思考の末「眼力(インサイト)」を活用したスタイルを開花させるなど、勝利のために全力を尽くすところもある。

自信満々な所はどこぞの 赤い弓兵 と同じで演出家で完璧主義者な所は 水没王子 と同じまた、 某健康系不良ツンデレ とは違う。
家事スキルないしAMS適正ないけど。


他の技もネーミングセンスは最高。
「眼力(インサイト)」とかは決めポーズも重要。

その他、不二の「羆落とし」や甲斐の「海賊の角笛(バイキングホーン)」といった他人の技も余裕で使えちゃうよ!

無我の境地涙目。だって跡部様だし。





以下原作・アニメ・ゲーム等で覚える技

  • 破滅への輪舞曲(ロンド)
「破滅への輪舞曲だ!踊って貰うぜ!」

  • タンホイザーサーブ
「HAAAAAAA!」

  • 氷の世界
「俺様の氷の世界に跪きな」

  • 眼力(インサイト)
「眼力ここに極めり」

  • 絶望への前奏曲(プレリュード)
「絶望への前奏曲を聞け!」

  • 美技:パターンA

  • 美技:パターンB

  • スイッチブレード

  • 信頼への独奏曲

  • 悲劇への鎮魂歌(レクイエム)

  • 荒廃への協奏曲(コンツェルト)
「雑魚はとっとと蹴散らしてしまえ!」

  • 破滅へのタンゴ

  • 失意への遁走曲(フーガ)

  • 跡部王国(あとべキングダム)







その類い希なる『カリスマ性』と『実力』と『俺様具合』で、入学当初からテニス部部長を務めていたという後付まで存在するのを見ると、
彼がいかに影響力を持つキャラクターなのかよく分かる。


因みに何故後付と分かるかというと、

都大会の時、手塚が 昨年の氷帝テニス部長に勝利 しており、跡部様は その時当時の青学の部長に勝利 していた…という話が出てるから。

その時手塚は副部長だったし、関東大会なんかでは手塚に 「お前と戦うのは初めて」 なんてことを跡部様がおっしゃっていたので、
ものっそ矛盾が生じてくる。






跡部様坊主事件
全国大会で越前リョーマと対戦することになった跡部様。「敗者が坊主にする」とか分からない約束をしてしまいます。
……なんで髪の毛を掛けたのでしょう?

その時「勝者はリョーマ!敗者は跡部!」状態になってしまった為、悪人面した病魔くんに電動バリカンで坊主にされてしまいました。
(この時の跡部様は立ったまま華麗に気絶されている)

これが迷惑行為だと一部の腐女子が奮起、反対署名やらなにやら大変な祭りになりました。
(Google先生に聞けば、少しくらいログがみれるかも。2chのアニメ漫画辞典なんかにも載ってる)

  • 「越前リョーマの行為は法律的に罰せられる物だ!」という怒りを露わにした内容

  • 「タシケネ申に署名を送ってなかったことにするよ!」みたいな内容

のページがあった。

うっかり腐女子を敵に回すとこうなります死にたくなきゃやめときましょう。
これもタシケだから死なずに済んだだけ。
因みにこの痛ましい事件が掲載されている序章の35巻は、表紙がリバーシブルの豪華仕様。持ちにくい上に読みにくい。
跡部様の陰謀にも思える。
裏は刈られた後のお姿。

OVAでのこの事件は、電動バリカンで跡部の髪を刈ったのはリョーマではなく、気絶から目覚めた跡部自身になっている。
そりゃ腐の怖さを知ればそうもなるよ。

その後はカツラをつけて登場(公式設定)。

原作とアニメ版で髪の色が異なり、ミュージカル版はアニメ版の色。


サンデー事件
ペアプリ一巻の書き下ろし漫画にて、グライダーで颯爽と学園へ登校される跡部様。
だが、誰もいない。携帯で確認。
「なるほど。SUNDAYじゃねえの」


ミュージカルでは、

加藤和樹(歌手/仮面ライダードレイク)
久保田悠来(「戦国BASARA」伊達政宗/『空の境界』岡田以蔵/仮面ライダー斬月)
井上正大(仮面ライダーディケイド)
等が演じた。


ちなみに、上から、

かとべ
くぼべ
いのべ

と呼ばれる。

実写映画は載寧龍二(デカレッド)。


髪型はテニヌの中では然程奇抜じゃない。


キャラソンに関しては、沢山アルバムを出されているので困ってしまうかもしれないが、

  • KABAJI
  • チャームポイントは泣きボクロ

あたりを聞いておけば間違いはないはず。



バレンタイン


凄まじいテニヌっぷりだけでも元々有名だったテニスの王子様だが、毎年二月十四日に行われるバレンタイン人気投票も有名な理由の一つ。

人気投票といえばそれぞれの漫画のファン達が自分の好きなキャラをより上位にする為に組織票を送る……とかナントカなイメージがあるが、
テニプリの人気投票は「バレンタイン」。
つまりチョコレートを各キャラに送れ、というわけである。

好きなキャラによっては駄菓子、毒草図鑑(!?)、お酒(キャラの年齢は中学生)がファンから送られてくる(ちなみに手作りチョコは禁止)。

雑誌を買うよりはお手軽だからか、どのファンも気合いを入れてチョコを送る。
そんなバレンタインの人気投票の中で我等が跡部様は、なんと複数回行われた人気投票のほとんどで一位となっている。

過去の戦績としては以下の通り。

2004年 255個(二位)
2005年 241個(一位)
2006年 1008個(一位)
2007年 807個(一位)
2008年 323個(一位)
2009年 1097個(一位)
2010年 2844個(一位)
2011年 7770個(一位)
2012年 9515個(一位)
2013年 7747個(一位)


上記のバリカン事件である程度想像はつくだろうが跡部様の人気は凄まじい。
個数だけでは「え、本当にそんなに人気なの?」と言われるので、二位の成績も載せてみよう。

2010年
平子場 凛 870個
2011年
越前 リョーマ 1931個
2012年
大石 秀一郎 2055個
2013年
千歳千里 3505個

……お分かりいただけるだろうか?

なんと(上記に載せた以外にも)跡部様は二位を大きく突き放して一位をお取りになっているのである。
全雌猫が一番活動的になる時期なのだろう。


さて、2014年のバレンタイン。
「今年も一位は跡部様かな」「バイブルにあげよう」「神の子にあげよう」「白菜にあげよう」「なめこにあげよう」と安穏としていたテニプリファン達の間に、
とある衝撃が流れた。


不二に不二家のチョコが8000個届いた。



ああ、不二だから不二家ね! とかいうギャグどころではない。
問題は個数である。
2013年の跡部様の戦績は7747個。
つまり、この8000個だけで去年の跡部様の戦績を凌駕しているのだ。

「ガセネタでは?」と言う者も居たが噂の発信源は作者のTwitter。
写真付きで載せられた為、また跡部様という偉大な例が存在する為に、真実だろうと全雌猫は確信した。

「納税しなければ」とかいう謎の使命感と共に全雌猫、他キャラのファン達は行動を開始した。
「今年こそ不二君を一位に!」という不二ファンも本気を出した。

(不二は不二でも不二裕太の方では?)という疑問は誰も持たない。

ホワイトデーに行われた作者Twitterでのバレンタイン結果報告ではなんと 一位と二位のみ全く報告されず、
跡部様か不二かという想像まではついたものの分からないという作者および編集部のドSっぷりにハラハラさせられながら、半年近く後にようやく発表された。


跡部様と不二、いったい何個もらっているのか分からないという白熱したデッドヒートの末の結果発表。



2014年
第一位
跡部景吾(62837個)

第二位
不二周助(39373個)



見事、跡部様は一位の座をお守りになられたのであった。
全雌猫歓喜である。


え? 桁がおかしい?


気のせいだろう。



ちなみに三位だった観月は6235個だった。

「跡部様の半分どころか十分の一かよ」
そう言われるかもしれないが、去年だったら二位を取れる数字。

2014年が異常だった。

2015年のバレンタイン。
この結果を受けた他のキャラのファン達が立ち上がるか、不二ファンが燃え上がるのか、全雌猫が更なる高みを目指すのか。
……と楽しみにしていた人達もいただろうが全部足すと10万以上のバレンタインの贈り物。
さらに増えては保管だの運ぶ手間だのかかりすぎるため、バレンタインの発表は行われず、
人気投票に切り替わった。

ちなみに一人一票と数えた場合のバレンタインの結果も跡部様が一位。
ほぼ確実に雌猫以外からも送られている。
(このことはジャンプスクエア公式ツイッター2015年のバレンタインについてのお知らせ系ツイートで
ちょっとぼかしながらも書かれていた。

流石です、跡部様。

2014年の誕生日(10月4日)を記念して、
同日発売のジャンプスクエアでは跡部誕生日記念として同誌にて連載している漫画に出現(いわゆるカメオ出演で、顔だけ登場)。
ミサワやギャグ漫画日和、帝一の國等に出現。単行本に載るかは不明だが、本誌をお持ちなら是非とも探していただきたい。

ちなみに肝心の新テニスの王子様には跡部は出てこなかった。
どういうことなの。








追記・修正の腕、鈍ってねぇよな?アーン?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/