神将器(FE)

登録日 :2012/01/14 (土) 17:42:59
更新日 : 2017/09/11 Mon 23:00:03
所要時間 :約 7 分で読めます




神将器とは『ファイアーエムブレム 封印の剣』及び続編の『烈火の剣』に登場する伝説の武器である。

かつて人竜戦役で「八神将」が使用した武器であり、エレブ大陸の各地に封印されている。
あまりの強さに一度は世界の秩序を破壊してしまった。
が、時が経ちすぎたため、ゲーム中では人竜戦役で見せたほどの力は残っていないらしい。
そのため、神将器とは最高の竜殺しの武器であって、最強の武器というわけではない。
(それでも一般の武器より遥かに強力であることに変わりはないが)

◆ゲームでの共通特徴
『烈火の剣』では終章の決戦前に自動的に入手。
ただし、この時に使用できるのは剣・斧・理魔法・光魔法の4種類のみ。

『封印の剣』では一部の例外を除いて、特殊条件を満たし外伝に進むことで入手可能(進まないと入手できない)。
非常に高い性能を誇る上、装備しているとステータスに補正が掛かるほか、魔竜以外の竜系の敵に特攻効果を持つ。
ただし、使用回数は全て20と少ない上に、これまでの作品とは違って一度壊れたら再生不可能なので注意が必要。
使用回数を回復する「ハマーン」は個数限定とは言え普通に手に入るため、いざという時は出し惜しみせず使おう。
また、真のエンディングを見るためにも必須のため、ご利用は計画的に。


◆種類
○『烈火の剣』デュランダル
威力17 命中90 必殺0 射程1 重さ12 耐久20 剣S 力+5 に特効(封印)
威力17 命中90 必殺0 射程1 重さ16 耐久20 剣S 力+5 竜系に特効 エリウッド専用(烈火)
使用者:小さな勇者ローラン

オスティア近郊の洞窟に封印された剣。
8章でリリーナが生存した場合のみ行ける外伝で入手できる。
アーチャーの攻撃範囲に注意すれば条件を満たすのは簡単。

攻撃力が高いが非常に重く、体格の低い剣士系ユニットでは攻速が落ちてしまう。
…のだが、『烈火』ではさらに重量が増した上にエリウッド専用である。
下手するとラスボスに有利な武器のはずが、逆に2回攻撃されて燃え尽きてしまう。
使用者のローランも小柄な人物だったらしく、まともに扱えたかは不安である。 通称デブ剣。
人竜戦役終結後、ローランが天にこの剣をかざすと荒れ果てた故郷が元の姿に戻ったらしい。
不思議な力があるようだ。

ちなみに、『封印』のオージェの後日談における二つ名もローランと同じである。
体格は8(クラスチェンジ後は9)と女性陣の大半よりは大きいが、男性としては小柄である。


○『天雷の斧』アルマーズ
威力18 命中75 必殺0 射程1 重さ13 耐久20 斧S 守備+5 竜系に特効(封印)
威力18 命中85 必殺0 射程1 重さ18 耐久20 斧S 守備+5 竜系に特効 ヘクトル専用(烈火)
威力17 命中80 必殺10 射程1 耐久25 斧A 守備+5(覚醒
使用者:狂戦士テュルバン

西方三島の洞窟に封印された斧。
12章でエルフィンが生存した場合のみ行ける外伝で入手できる。
要するに普通に戦っていれば条件は満たせる。

これを使用すると戦場で死ぬというジンクスがある。
『烈火』でこれを手にしたヘクトルもこれには逆らえず、『封印』の時代に命を落とした。
『封印』時代の使用者の安否が気になるところである
(ちなみに小説版ではマーカスが使用。ヤアンと相討ちになり死亡したため、ジンクスには逆らえなかった)
テュルバンはアルマーズに意思を奪われたのか、ずっと洞窟でアルマーズを守護していたらしい。
性能としては守備が上がる効果があり、防御が不安な斧使いにとっては大いに助かる。
『烈火』ではヘクトル専用だが、本人の体格の良さのおかげで本作の専用装備の中では最も使いやすい。
ヘクトルの剣レベルをSにしておくと通信闘技場で「リガルブレイド」との使い分けができるため便利。

神将器の中で唯一『覚醒』にも登場。
序盤から配信アイテムとして1つ入手でき、DLC『無限の神器』では何度でも手に入る。
本編攻略にも大いに役立つが、最終的には間接攻撃も可能な「スワンチカ」の方が有用。
何故か竜特効は再現されていない。


○『業火の理』フォルブレイズ
威力14 命中85 必殺5 射程1~2 重さ6 耐久20 理S 幸運+5 竜系に特効(封印)
威力14 命中85 必殺5 射程1~2 重さ11 耐久20 理S 幸運+5 竜系に特効(烈火)アトス専用
使用者:大賢者アトス

アトスの所持する神将器。 アトスの死後はナバタの里の神殿に安置されている。
14章をソフィーヤが生存した状態で25ターン以内にクリアすると行ける外伝で入手できる。
「シルバーカード」「ブーツ」等の貴重品を含む宝探しの要素もあり、正確な位置を知らないとかなりの難所。
26ターン目になると砂嵐が止んで進軍しやすくなるが、これは外伝に行けなくなってしまった合図。

『封印』に登場する魔法では最強クラスの魔法で軽くて威力があり女子供でも扱いに不自由しない。
『烈火』ではアトス専用だが、実際は「ルナ」ばかり使うため、他の理魔法使い達に譲って欲しいという声は多い。
後述の「アーリアル」はこちらより優秀な性能をしていながら、光魔法使いなら誰にでも使わせてくれるというのに……
イベントとは言え、ネルガルに対してかすり傷程度しか付けられないのも涙を誘う。
このように『烈火』時代では『封印』ほど有り難みはないが、本作の魔法の中では威力の割に軽いため、決して弱くない。


○『至高の光』アーリアル
威力15 命中90 必殺5 射程1~2 重さ9 耐久20 光S 魔防+5 竜系に特効(封印)
威力15 命中90 必殺5 射程1~2 重さ11 耐久20 光S 魔防+5 竜系。災いを招く者に特効(烈火)
使用者:聖女エリミーヌ

エトルリアの王都の外れにある「聖女の塔」に安置された光魔法。
16章を敵軍のダグラスが生存した状態でクリアすると行ける外伝で入手できる。
ダグラスが攻撃できないエルフィンorララム、もしくは「スリープ」の杖による眠りで足止めしておきたい。
特にこのマップは秘密の店やボスチクに最適なナーシェン等、利用したい要素も多い。
外伝ではダグラスが強制出撃となるが、魔法系の敵が多いため、正直足手まとい。

高い威力と魔防補正があり、魔法系、特に闇魔法使いに対して強い。
『烈火』では竜だけでなく、ネルガルに対しても特効となる。
彼との戦闘に限れば魔防補正と3すくみの分、「ルナ」よりも有効。

『封印』の自軍ユニットで光魔法が使えるのはエレン・サウル・ヨーデルの3人。
イメージ的に合うのはこの中で唯一の女性であり、後日談での二つ名が「ベルンの聖女」であるエレンだろうか。
しかし、全員アーリアルの使い手になるには非常にハードルが高い。
エレンとサウルは僧侶から昇格後、光魔法レベルDから相当頑張って上げねばならない。
ぶっちゃけ闘技場無しだとキツイが、サウルは幸運、エレンは速さが低く、闘技場に向かない。
ヨーデルは光魔法レベルAだが、魔防以外の初期値が低く、既にレベルもカンストしている。
そもそもアーリアル以外の光魔法の性能が低く、特に同クラスの理魔法に比べるとほぼ劣化という状態なのも辛い。
実は本編を9周クリアするとトライアルマップでのみ使えるギネヴィアは賢者でありながら光レベルSの特別仕様。
実質アーリアルは彼女の専用武器と言っても良いのかもしれない。

『烈火』では一般の光魔法の性能が強化されたほか、待望の下級の光魔法使いである修道士が登場し、実際アトスを除けばルセアが使い手として最も優秀。
普通にプレイしているとシスターであるセーラをクラスチェンジさせてから光レベルSまで育てるのはやはり厳しく、レナートは魔力が貧弱すぎるため論外
もっともセーラも成長率のバランスは良いため、サウルやエレンと違い闘技場をフル活用する前提なら光レベルSにするのは難しくない。

エリミーヌ教団はエトルリアに拠点を置くものの、教徒は大陸全土にいるという、かなり規模の大きい組織である。
ただし、この世界には聖職者でありながら外道な人物が何人かおり、ただ大きいだけという気もする。
また、明言されてはいないが、『烈火』でダウンロードアイテムを受け取る時に出てくる女性がエリミーヌらしい。


○『氷雪の槍』マルテ
威力16 命中80 必殺0 射程1 重さ11 耐久20 槍S 技+5 竜系に特効
使用者:騎士バリガン

イリアのエデッサ城から少し離れた遺跡に封印された槍。
イリアルート20章をゼロット、ユーノが生存した状態で25ターン以内にクリアした場合に行ける外伝で入手できる。
20章は「バサーク」や遠距離魔法、アーチ等厄介なギミックが多く、回避の高い壁役や「レスト」等の備えが必要。
イリアルートではなくサカルートを通過した場合は21章でヨーデルが持って来る。

「鉄の槍」の命中が70なのに対し、技補正込みで実質命中90と安定感のある攻撃が可能。地味に必殺値も2上昇する。
しかし、威力は「銀の槍」よりも2高いだけで、補正の効果も力や守備、速さの強化等に比べて地味と言わざるを得ない。
元々技が高いか、支援効果で命中を補えるユニットなら「キラーランス」や「勇者の槍」等を使った方が強力である。

使用者のバリガンは騎士だったらしいが、何故か外伝の敵将はジェネラル
ちなみにバリガンは「兵法を学ぶ上で必ず名前が挙がる、騎士の手本のような人物」だったようだ。
八神将の中で唯一ロイに絶賛された人物でもある。

なお、『封印』の後日談におけるパーシバルはバリガンと同じく「騎士の中の騎士」と呼ばれている。
イリア人じゃない?リキア出身のヘクトルもアルマーズ使ってるし。


○『疾風の弓』ミュルグレ
威力16 命中80 必殺0 射程2 重さ9 耐久20 弓S 速さ+5 竜系に特効
使用者:神騎兵ハノン

サカ草原の遺跡に封印された弓。
サカルート20章をスー、シン、ダヤンが生存した状態で25ターン以内にクリアした場合に行ける外伝で入手できる。
サカルート20章はイリアルートと同様のギミックに加えて、宝箱を狙う盗賊や索敵マップの要素まで加わる。
視野確保にアイテム回収と盗賊の仕事が多くなるが、遠距離魔法には注意。
ターン制限と索敵に惑わされず、少数精鋭で初期配置付近にて敵の遠距離魔法を警戒しつつ迎撃するが吉。

サカルートではなくイリアルートを通過すると21章でヨーデルが持って来る。
難易度はイリアルートの方が低いが、強キャラである遊牧民系よりペガサスナイト系を優先的に育てる必要がある。
獲得経験値の合計に全く差がなかった場合はイリアルートになる。

性能的には最重要ステータスである「速さ」に補正が掛かる上にとても軽い。
素早さがネックのウォーリアが救済され、元々素早いスナイパーや遊牧騎兵は回避・追撃がさらにしやすくなる。
ただし、威力自体は神将器の中では低めであり、また何故かペガサスナイト系には特効が無いため、通信闘技場で使う際には注意。
一方、ドラゴンナイト系はエッケザックス以外全ての神将器の特効を受けるため、飛行属性に関係なく結局特効を受けてしまう。
『烈火』のリンには「ソール・カティ」ではなくこれを使わせて欲しかったという声は後を絶たない。
ちなみに、使用者のハノンはスーとそっくりな女性らしい。


○『黙示の闇』アポカリプス
威力18 命中80 必殺5 射程1~2 重さ12 耐久20 武器レベル:S 魔力+5 竜系に特効
使用者:謎多き者ブラミモンド

ベルン王国の「封印の神殿」に安置された闇魔法。
21章をミレディ、ツァイスが生存した状態で30ターン以内にクリアすると行ける外伝で入手できる。
30ターン経過した場合、本来外伝の敵将であるペレス達が神将器を始末し終え、マードックに加勢しに来る。
21章は本作の最難関マップであり、敵の強さと数、マップの広さから効率的な進軍が求められる。
秘密の店を利用する場合はさらにハードルが上がる。バーサーカーを「ワープ」の杖で山に送ると良い囮になる。

非常に重く、生半可な体格ではまともに扱えない。
なのにこっちの闇魔法使いはショタとロリババアと普通ババア。
秘密の店でボディリングを買い貯めしない限り、一撃で決めるタイプの魔法と思って良い。
ちなみに装備すると杖の命中が30%も上がり、「ワープ」や「レスキュー」の射程も増える。
基本的に武器としてよりも、杖の補助として使った方が汎用性は高い。
使用者のブラミモンドは闇を取り込み過ぎて自我を失い、その場に居る者の声を借りて喋る。
つまり、リンでありアトスでもある。なんというギャップ。 ギャップ萌えにも限度がある。


○『伝説の剣』エッケザックス
威力15 命中90 必殺5 射程1~2 重さ15 耐久- 剣☆ ゼフィール専用
使用者:英雄ハルトムート

アポカリプス同様、ベルン王国に存在する剣。
忘れられがちだが表向きには封印の剣が神将器であり、この剣が神将器であることはネタバレである。
普段は槍のようになっているが、戦闘時には変形して剣の形になる。 攻撃時には物凄く回る。
覇者の剣』によると、攻撃名は「王者の劫渦(バシリオス・ディーネー)」
使用制限の無い遠近両用武器だが威力が低く、神将器なのに竜特効もステータス補正もない。
プレイヤーに優しい武器と言えるが、地味に必殺値が5あるため、幸運の低いユニットは注意。
ゼフィール専用であり、彼が加入するトライアルマップでしか使えない。  


◆その他の特別な武器
○封印の剣
威力18 命中95 必殺10 射程1~2 重さ8 耐久20 剣☆ 守備+5 魔防+5 魔竜に特効 ロイ専用
使用者:英雄ハルトムート

「人竜戦役」で魔竜を封印した剣。ベルンの「封印の神殿」に納められている。
宝珠「ファイアーエムブレム」を柄にはめ込むことで本来の力を発揮する。
神将器を超える存在であり、使用者の意思によって魔竜を滅ぼす事も、力だけを奪う事も出来る。
また、上記の通り本来の使用者はベルン国王となったハルトムート。
漫画版『覇者の剣』ではベルン国王ゼフィールがエッケザックスと封印の剣の二刀流を披露した。

守備・魔防を強化する上に遠近両用という、マスターロードの貧弱さを補って余りある強力な武器。
耐久以外は「エッケザックス」を上回るが、その耐久を補うために「ハマーン」は残しておきたい。
ちなみに道具として使用するとHPが30回復する。
神将器と異なり、魔竜以外の竜系に対しては特効とならないため、通信闘技場で使う際は一応注意。


○聖女の杖
耐久3 武器レベル:S 味方全員のHPと状態異常を全快
聖女エリミーヌのもう一つの武具。自軍全員のHPと状態異常を全回復できる。
マルテかミュルグレ、回収できなかった方の神将器と共にヨーデルが持って来る。
もっとも、『封印』の魔法系はセシリアとヨーデル以外は戦闘でも強く、回復役に回ることは少ない。
保険として終章に持って行く程度で良いだろう。


○裏神将器
使用者:モルフ
リガルブレイド、バシリコス、レークスハスタ等『烈火』終章の7つの武器のこと。
道を極めた者のみが扱える武器で軽くて威力も高い。明らかに今の神将器より強い。
恐らく、単純に今の神将器に残された魔力よりネルガルの魔力の方が強いのだろう。


○アルの剣
威力7 命中75 必殺0 射程1 重さ7 耐久50 剣D
使用者:アル

漫画版『覇者の剣』に登場した武器。
アルが旅に出る際、父から餞別として渡された。竜すら斬るハイスペックな剣。
『封印』本編では中盤に訪問した村で貰うことができ、アルのことが少しだけ聞ける。
「鉄の剣」と「鋼の剣」の中間程度の性能で、耐久は全武器中トップ。


○覇者の剣
使用者:アル

始祖竜の末裔であるアルの母が、死の間際にその身を昇華することで生まれた剣。
始祖竜を止める唯一の力となる。アルの剣よりむしろこっちを出して欲しかった…


○ルナ
威力0 命中95 必殺20 射程1~2 重さ12 耐久35 闇C(烈火)
威力0 命中50 必殺20 射程1~2 重さ12 耐久30 闇C(聖魔
使用者:全国の闇魔法使いの皆さん

イレギュラー。『烈火』から登場した、真の闇の神将器。本編では幾つか入手できる。
力は0だが魔防を無視したダメージ(=使用者の魔力分のダメージ)を与え、命中・必殺値も高い。
魔力依存なので終盤に近づいて魔力が高くなるほど異常なまでの凶暴性を発揮する。
どんな堅牢なユニットでも必殺ルナには耐えられず、高い命中のせいで身軽なユニットでも回避は困難。
ハードモードでは殆どの闇魔法使いが装備しているため、難易度を上げている最大の原因と言えるほど。
自軍でも一撃必殺の切り札で、使い手は終章で参戦するアトスを除けばカナスただ一人。
『封印』ではあまりの強さ故に発禁にでもなったのか、登場していない。
『聖魔』にも登場するが、命中が大幅に下がったため、以前ほど頼れない。

ちなみに、『新・紋章』に登場する敵専用魔法「グラウアー」もルナ同様、相手の魔防を無視する効果を持つ。
ルナと違い必殺値こそないが威力が10あり、ルナティック終盤だと敵の魔力の高さもあり40近いダメージを受ける。


○ソードキラー
威力11 命中80 必殺5 射程1 重さ13 耐久20 斧C 3すくみ逆転 剣歩兵に特効(烈火)
威力8 命中80 必殺0 射程1 重さ4 耐久12 剣C 傭兵・勇者に特効(新・紋章では剣士・ソードマスターにも特効となり、「重さ」が廃止)
使用者:全国の☆ガチ☆ムチ☆斧使い(or剣使い)の皆さん

ルナと同じく『烈火』から参戦した、もう一つの斧の神将器。終盤にドロップアイテムとして1つだけ入手できる。
「ソードバスター」の上位互換であり、剣士一強の終わりを告げる、まさに歴史を変えた武器。
なんと3すくみを逆転させて剣に強くなる上、傭兵系・剣士系・ブレイドロードに対する特効があるのだ。
上記2つの効果は重複する為、剣装備かつ特効が発生する相手を攻撃すると武器だけで驚愕の威力 39 に。
さらに使用者の力が加わる。相手は死ぬ。ちなみに盗賊とアサシンは特効を受けない。
黒い牙】最強と言われるロイド殲滅の切り札でもある。
ヘクトル編でよく育ったバアトルに持たせるとカアラを一瞬にしてかち割ることができる。
だが、その場合は仲間にならないので注意。安全に行くなら弓を持たせたい。

また、ルナと異なり、他の作品でも猛威を振るっている。
『紋章の謎』に同名の剣があり、傭兵と勇者に特効こそあるものの重くて追撃しづらい上、命中が微妙。
結局、「鉄の剣」や「キルソード」の方が使い勝手が良いという本末転倒な性能となってしまっている。
一方、『新・紋章』では武器の重さが廃止されたため、以前よりも実用性が増した。


○スレンドスピア
威力12 命中70 必殺5 射程1~2 重さ10 耐久15 槍B 最大HP+17 力+5 技+4 速さ+9 守備+4 魔防+14
使用者:ヴァイダ(24章敵時)

『烈火』に登場した槍。名前が同じ槍は何本か登場しており、そちらも強いのだが、24章のヴァイダが持つこの槍の強さは桁外れである。
その時の彼女はシナリオ上「ネルガルに力を与えられパワーアップした」と言う設定だが、実際はこの武器に強力な補正が掛けられている。
その補正たるや、何と 最大HP+17/力+5/技+4/速さ+9/守備+4/魔防+14 とか言うとてつもない数値。
もはや神将器等比較にならないレベルである。当然遠近両用。ネルガルもこれを量産していれば…

当然普通にプレイしてはプレイヤー側が入手する事はできない。
しかし、「フレイボム」を利用したバグで敵を操作してアイテムを落とす敵にこれを渡し、その敵を倒せば見事入手可能。
通信闘技場でこれを持った槍使いに挑む時は死を覚悟した方が良い。
攻速30は無いと(体格ドーピングしたファルコンナイトが相手ならあっても)まず追撃されてしまう。

追記・修正は神将器を全て揃えてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/