接射

登録日:2012/02/27(月) 00:05:39
更新日:2018/03/23 Fri 05:48:51
所要時間:約 5 分で読めます





接射とは、「銃口を人体(素肌)に(ほぼ)密着させての射撃」のことである。
その状態で発生する銃創を指す「接射創」から派生した言葉である。


(0M0)<この距離ならバリアは張れないな!

的な状態を指す言葉として扱う。

勘違いされやすいが、 一般に「ゼロ距離射撃」と呼ばれるものは、正しくはこの『接射』である。
本来のゼロ距離射撃とは、榴弾や散弾を砲口から飛び出した瞬間に炸裂するようにセットして発射する事である。
敵が至近距離に迫っている時に行うという意味では同じであるが、あくまで 砲口から炸裂するまでの距離がほぼゼロ なのであって、
砲口から標的までの距離がゼロな訳ではない。
因みに、古くは「艦砲などを、仰角を付けずに発射する事」と説明される事もあったが、そのようなものは一般に「水平射撃」という。



さてさて、まず現実で接射をするとどうなるか、について話をしよう(グロ注意)。

銃口からは、実は銃弾以外にもいろんなものが発射されている。衝撃波とか、熱風とか、火薬の燃えそこないとか。

銃弾以外は銃口から出た直後、空気抵抗で霧散してしまうのだが、
接射をするとそうした銃弾以外のもろもろが相手に届くのだ。
熱線によるやけど、衝撃波による挫滅、火薬の侵入による入れ墨状態などが特徴。

よくよく調べればどんな感じに押し付けられていたかもよくわかるので、犯罪捜査で非常に重要。

ちなみに、ひざとか頭部とか、皮膚のすぐ下に骨がある場所を接射すると、
銃弾以外のもろもろが骨を貫通できずに皮膚を広範囲に傷つけて星形になる。


拳銃ですら50mも射程があるのに宝の持ち腐れじゃないか、
と思うところだが、現実だと結構出番があり、

捕虜の後頭部に銃を押し付けてズドン、とか、

口論の最中にカッとなってズドン、とか、

世の中が嫌になってこめかみに向けてズドン、とか、


しかし相手がCQCの名人だったりすると、すかさず銃を奪われて形成逆転、なんてことが現実にありえる。
なのでフィクションでよくある感じに、背中や胸に銃を押し付けて脅かす、なんてのはやめた方がいい。

それに自動拳銃だと、スライドが後退して動作不良を起こす。これもやめた方がいい。

ちなみに、相手が人体以外だった場合、例えば戦車同士とかで接射をしてしまうと、
砲弾の破片や衝撃波で自分までダメージを受ける。やっぱりやめた方がいい。
うっかり跳弾するとえらいことだしね。


現実の接射は大体、無力化済みの相手にとどめか、戦意のない相手に咄嗟の不意打ちか、出会いがしらおたがいパニック状態か、
そういう特殊な事情があるのだが、フィクションだと真っ当な戦術として、結構あちこちで使われている。

例えば、通常の射撃では傷一つつかないくらい硬い敵に、至近距離から接射することで大ダメージを与えたりとか、
銃弾を避けるほど高機動の相手に追い詰められ、一瞬の隙をついての接射で形勢逆転とか、



なんとも熱くロマンじゃないか。


そのため、フィクションでの銃火器を武器にするキャラクターには、必殺技や最後の手段として接射を用いる者も少なくない。

狙った場所に直接銃口を押し付けるため、当たり前のように銃弾をヒョイヒョイ避ける創作界だろうと狙いを外さないのも大きな利点だろう。

なお、信管その他に詳しく無い創作者が多いので前述の榴弾にミサイルやバズーカ、グレネード系でも普通にやらかす。
徹甲弾にしてもお前は跳弾が怖くないのかと思ってしまう。



【接射を行ったキャラクター・ロボット】


【余談】

接射ってなんとなくエロい響きだが、そんな意味はない。

ガンダムVSシリーズの技術でも同名の物がある。

FPS・TPSにおいて、スナイパーライフル類の狙撃武器をスコープを覗かずに接射する事を「竹槍」という。







ふっ、いくら新項目の建ったアニヲタwikiと言えど、この至近距離からの追記・修正ならばひとたまりも…なにぃっ!?まさか…!?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/