真島涼子

登録日 :2010/12/03(金) 00:00:25
更新日 : 2016/11/19 Sat 15:44:37
所要時間 :約 5 分で読めます




ゲーム『パワプロクンポケット11』の登場キャラクターにして彼女候補。年齢は26歳で、派遣の仕事をしている。
あまり奇抜な姿はしておらず、普通に美人。目付きが鋭く、色は
貰える超特殊能力は、野球超人伝なので好きなものを一つ。

性格は素晴らしいの一言。料理は上手。家事も得意で、家はいつもピカピカの状態。
主人公が野球をしている姿に惚れ、甲斐甲斐しく手助けをしてくれる。
しかも主人公だけではなく、チームメイトにも弁当をつくったりしてくれるので評判はすこぶる良い。

彼女のルートは特に困った事件もなく、裏社会とも関わらないため、のんびりと平和にバカップルを繰り広げるルートになる。
しかも貰えるのは野球超人伝なのでかなりの育成向きな彼女といえる。






追記・修正よろしく






















なんていうのは 真っ赤な嘘
残念ながら野球超人伝のところまで以外は全部真逆といっていい。

性格はメンヘラ気質で執念深く、思い込んだら一直線。そんでもってストーカー。

性格以外の彼女の最大の特徴は、特異体質だろう。
その特異体質とは 食えば直ぐに太り、食わないと直ぐに痩せる というもの。
それは最早同一人物とはわからないほどの変わりようで、ちょっとポッチャリとかいうレベルではなく、完全なデブ。
完璧なまでのデブで、目の周りの脂肪に圧迫されて普段は糸目になっているほど。
この状態になると上手く喋れないから無口になる。

主人公が一生懸命野球の練習をしているところを見て、惚れる。
初めはデブと本来の姿(以後彼女とはこちら)は無関係として接触する。
主人公と出会い、ファン一号となる。
主人公も最初はとても可愛い女の子がファン一号ということで大喜びだった。
その後も時々野球場に応援に来てくれる。
水木や他のチームメイトはうるさいので白い目で見ていたものの、主人公は喜んでいた。


ここが幸せの絶頂だった……
段々と仲良くなるにつれ、彼女の異常性が明らかになってくる。

↓↓以下、その性格と主人公の被害↓↓


  • 立ち入り禁止の寮に侵入
  • 寮母(2の愛ちゃん、40歳くらい)と仲良く話している主人公の姿を見て男女の仲を疑い、問い詰める
  • ロッカールームに侵入して主人公のロッカーを漁る(勿論ロッカールームは立ち入り禁止)
  • 主人公の部屋に侵入する
  • 再びロッカーr(ry
  • それがバレたときの反論は「 靴下しか貰ってない。
  • 家がゴミ屋敷(ちょっとやそっとではなくガチ)
  • 前述の応援の際料理を作っていくも、ゴミ屋敷のせいで食材が痛んでいたため胃炎になる




このような事が次々と起きるので、流石の主人公もヤバイのではないかと思い始める。
しかし、そこは歴代で最もと優しい言われる主人公。
それら全てを纏めて好きになったと言って、メンヘラ女を受け入れる(デブ含む)。
その結果彼女のメンヘラ具合もかなり改善される。
主人公マジ聖人。


し か し


三年目になって主人公が活躍し始め、人気が出てくると メンヘラ再燃
嫉妬し、ヤケ食いをしたことでデブになり、主人公が自分ではなく他の子を取るのではないかと思い始める。

それが原因で、主人公の誕生日前に一方的な約束を押し付ける。
その内容は、涼子は『デブにならないようになる』。主人公が『日本一』。
…主人公のハードルたかっ、と思った者もいるかもしれないが彼女の性格を考えると涼子も十分高い。

ここでエンディング分岐

  • グッドエンディング
日本一になって、前以ての選択肢『見た目なんて気にしないのに』を選ぶとこちら。日本一になって喜ぶ主人公の前に現れる。
涼子は結局『デブにならないようにする』ことは出来なかった。
しかし主人公はそれでも涼子が好きだったので受け入れる。
ナマーズがなくなるので寮を移動するにあたり、彼女と一緒に暮らすことに。
相変わらずのゴミ屋敷ではあるが、二人とも笑顔で幸せに暮らしている。

  • バッドエンディング
日本一になれないとこちら。
日本一になれず、落ち込む主人公の前に現れる。
なんとバッドエンディングの彼女は『デブにならないようになる』ことに 成功 している。
そして日本一になれなかった主人公を貶し、主人公を 負け犬呼ばわりする
更に主人公に別れを告げるものの主人公をストーカーするようになり、アルバムでは『夜道を歩く主人公を、後ろにある電柱から覗き主人公を怖がらせる』という鬱度こそ低いものの地味に嫌な終わり方となる。


このように洒落にならんメンヘラストーカーなので、普通の彼女候補であり、顔も美人なのにハズレ彼女扱いされている。
野球超人伝が貰えるメリットはあるが荒井紀香や春田蘭のような歴代ハズレ彼女も唯一のメリットとして野球超人伝が貰えるのでその扱いに拍車がかかってしまう。
だがメンヘラではあるもののその原因は特異体質が原因でもあり、エンディングでは二人とも幸せに暮らせている上、11にはもっとウザいと言われる彼女候補がいることから擁護出来るレベルと言えないこともない。
顔が(デブじゃなければ)美人なのもポイント。


  • 彼女としての涼子
野球超人伝。ひたすらに野球超人伝。
これがなかったら攻略なんてしねえよ!ってくらい野球超人伝。
これは日本一になる必要はなく、8月1週に好感度90以上が条件なので意外にとりやすいのは大きなポイント。
でも日本一になればレアな特殊能力が貰えるし、経験点も貰えるので出来れば日本一になりたい。
ここまで聞けば中々育成向きに聞こえるが、彼女の性格同様マイナスポイントも多い。

  • 電話番号入手までがランダム
なんと 計11回 ものランダムイベント(+その他イベント)をこなさなければならない。
一応うろつきでも同じイベントをおこすことが可能だが、11回といえば約3ヶ月。
出来れば全てをランダムイベントでおこしたいがリアルラックが必要なので、育成には大きなマイナスといえる。

  • マイナスイベントが多い
前述の奇行を読めばわかると思うが、やる気や体力が下がるイベントが非常に多い。
電話番号を貰うにはイベントをこなさなければならないのに、おこすとマイナスというかなりのジレンマをかかえることとなる。
ま、ストーカーされてやる気が上がるやつなんていないと思うけど。

大きなマイナスポイントはこの2つ。
2つとも非常に大きなマイナスといえる。
11は練習でのみ手に入るセンスポイントが育成にとてもに重要なので、野球超人伝を蹴ってでも安定した攻略が出来る彼女の方が育てやすいという声がある。
だが、ランダムイベントがうまいこと決まったときは彼女を狙ってみるのは十分にアリな選択だと思う。





追記・修正よろしく

この項目が面白かったなら……\ポチッと/