顕正会(カルト宗教)

登録日 :2012/02/03(金) 23:43:44
更新日 : 2017/06/07 Wed 16:34:36
所要時間 :約 5 分で読めます




顕正会とは埼玉県さいたま市に本部を置く宗教団体。正式には冨士大石寺顕正会。
代表は浅井昭衛。


日蓮正宗から派生した団体で、日蓮の説いた脱法の国教化を目指している。 というのはあくまで建前です。

同じ日蓮正宗出身のカルト宗教である創価学会に隠れがちで比較的マイナーだが、当の創価とは対立関係にある。
どちらも似た様なもんじゃんと言ってはいけない。
もともとは創価学会と同じく、日蓮正宗内の内部信徒団体だが本体と不仲となり、正宗側から蹴り出された。
日蓮正宗そのものが鎌倉時代に日蓮の直弟子の1人が師の死後他の弟子と喧嘩別れして立ち上げた宗派であり、
日蓮系の中でも他宗派否定等特に過激な教義をもっていたため、顕正会はそれをさらに過激化したようなものと化しつつある。
本部が富士じゃないのに「冨士大石寺」と名乗っているのは、
当初は「自分達が正しい日蓮正宗の信徒」との自負があり日蓮正宗の本山である冨士大石寺の名を名乗ったことにある。
後述の「折伏(勧誘)」を重視するのも元々日蓮正宗自体がそのような体質だったのを過激化させたものである。
創価学会および日蓮正宗との対立は上記のような理由であり、
現在でも機関誌で激しい罵り合いを三つ巴(同じく日蓮正宗からの喧嘩別れである正信会も含めて4団体になる場合も)で交わし合っており、
信者の引き抜き合いも活発でかつてはリアルファイトに発展したことすらある。

独自の機関紙「顕正新聞」を発行している。
(内容はお察しください)


〈活動〉

自身の幸福の為に「南無妙法蓮華経」を朝夕二回唱える。日曜日は会館に集まり日曜勤行(所謂勉強会)を行う。





ここからが問題点


〈実際の団体の教義〉

世界や日本の危機などといったものを顕正会で解決し幸福を得るというのが主旨。
が、とにかく「大地震」「戦争」「飢饉」など起こると、とにかく不安を煽る。
信者は会長が予言したことが今起きてる!と言うが、 ぶっちゃけ、政治や世界情勢等を見てれば大体予想できることしか書いていない。
近年は放射能と原発廃止を大々的に扱っている。
お守りや故人が残した形見を、持ってると良くないよ?と捨てさせようとすることもある。

幸せ……と言っているが、実際は暴力と洗脳を行う日本のガン細胞的存在とされる。


〈勧誘〉

折伏と呼ばれるもの。
顕正会の一番の問題行動である。



突然声をかけてきて連絡先を交換し、後日特定の飲食店に呼び寄せ、入会するまで帰れないようにする、といった行動。
特にオタクなど特定の趣味に特化した者に紛れてファンを装い、その趣味に同調して声をかけるパターンが多い。

飲食店に呼び寄せる際は一人だけだというが、実際には二人以上の信者がいる。逃げられない状況を作り、受け入れないと暴力的措置により無理矢理連行される。
勧誘内容は上記のような危機感を煽る様な事を言って脅し、「幸せになれる」「死後天国に行ける」と言いくるめてくる。

勧誘を断ると「地獄に落ちる」や「不幸が訪れる」といった言葉を投げかける。
余計たちが悪い。


入信してしまった際は内容証明で脱会届けを出せばひとまず解決する。「創価学会脱会届けテンプレート」がネットで多数出回っているので、その代表者や宛先などの部分を顕正会のものに入れ替えれば転用可能。
信者からの嫌がらせや暴力を受ける可能性があり危険だが、創価に比べれば法曹界への汚染もまだ少ないので弁護士を頼むべし。
また、脱会したとしても 個人情報は破棄されない ので注意。
入信させるために監禁 したこともあり、一時ニュースにもなった。
つい先日の2013年9月にも、「お前の自宅に信者一同で押しかける」「五体満足じゃいられなくしてやる」などと脅迫した罪で信者から逮捕者が出て、
本部が警察の強制捜査を受ける という異例の事態に発展した。
なお、そのことについて教団側は「不当な捜査である」とコメントし、反発する姿勢を見せている。
まったく懲りていない。


なお、勧誘のメインターゲットは高校生、大学生だが、社会的に不安を持つ病人やオタクも勧誘する。
特に最近はヲタが多く集まるカードゲームショップなどでの勧誘被害報告が多く見受けられる。
顕正会に限らず、断れない人は要注意。 初対面の人には電話番号を絶対教えない こと(ブロック可能なSNSの捨てアカウント止まりなら対処がしやすい)
「法華経」「ときわ台(本部がある場所)」のキーワードが出て来たら全力で退避、絶対個人情報を教えてはいけない
なお、対立関係にある創価の信者の勧誘に成功した場合は英雄視され、顕正新聞に堂々と載せられる。

もし知らない人から連絡先を聞かれたりした場合は警戒し、偽名を使うといった対処をおすすめする。
卒業アルバムを使い、あまり親しくなかった同級生もターゲットにすることも実際ある。

何故ここまでしつこいかというと、日蓮正宗系の4団体では折伏を特に重要視する教義を持っており、
折伏をすることで自身の功徳になると教えられているからである。それ故折伏を成功させると組織内で持ち上げられ、ほめそやされいい気分になれる。
また、日蓮正宗や顕正会では、
ノルマを設定した折伏数稼ぎが上層部から煽られている ためである(創価学会はF取りという公明党への投票依頼が現在ではウェイトが大きい)ため、
ノルマの達成出来ない支部は上層部や周囲からのプレッシャーに苦しむからでもある。


追記・修正をしないと地獄に落ちますよ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/