木下しずか

登録日 :2010/10/05 (火) 16:55:03
更新日 : 2015/09/27 Sun 14:13:16
所要時間 :約 3 分で読めます




桜ヶ丘女子高等学校
クラスは3年2組
出席番号は7

CV:片岡あづさ



けいおん!のアニメ2期から登場した、モブキャラ。


モブキャラなだけあってメインの回、出番などは当たり前の如くない(仕方がない)。


【特徴!】
名前のごとくおとなしそうな性格、かと思いきや実は焼きもち焼きであることが監督のコメントから判明した。

ショートヘアだが前髪が長く、片方の目が隠れている(鬼太郎ではない)。ちなみに身長はかなり小さい。(推定154cm以下)

制服前開け、かつ中にセーター着用という作中数少ない着こなしをしている。


【活躍!】
顔が全面的に出たのは第3話の「ドラマー!」の回と思われる。

律と澪の遅刻がみんなにバレてしまった席がしずかの近くだったため、笑っている顔がアップで見れる。


その後は日の目を当たらずにモブキャラの役割を担ってきたが、見せ場は第19話「ロミジュリ!」でやってくる。

しずかに限らず、この回はモブキャラ全般の出番が多い。

ロミオとジュリエットの演劇をする際、円陣を組むのだが唯の右横はしずかであった。この時は、目が両方出ている。

演劇も終盤に差し掛かり、順調に思われたが問題が発生した。
なんと、クライマックスで使うお墓がないというのだ!
唯が走って教室を見てきたり、律が墓無しでやるかと案を出し、
紬がお化け屋敷をやっているクラスから借りれないか?と案を出すも明確な打開策が浮かばなかった。


そんな中、冷静にこんな事を言う娘がいた。



「確か、オカルト研の展示にお墓に似たような物があった気がする。私、オカルト研に友達いるから頼んでみる!」


しずかはそう言い残すと紬と共に舞台裏を飛び出して行った。
彼女がやる予定だった木Hの役は、後を任された唯がしっかりとこなしていた。木役のしずかも見てみたい。

オカルト研では息を切らしながらもちゃんと説明を聞く健気な一面が垣間見える。
石碑の借用の了承を得て、紬と顔を見合わせる下りは非常に可愛らしい。


演劇がクライマックスとなりお墓を使うシーンが来たが、その時!




「借りてきた!」


しずかと紬がギリギリで間に合い、そのまま演劇はなんとか成功を迎えた。


最後は親友と思われるちづると手を握り合い、演劇の成功を喜んでいた。後ろから唯に抱き着かれていた。


その後の放課後ティータイムのライブでもHTTシャツを着たノリノリのしずかが確認できる。
ちっちゃい娘が一生懸命声援を送る姿は非常に(ry


【その他!】
席順は琴吹紬の後ろ。日々楽しそうにしている紬を見てこっそり癒されているらしい。

意外なところで、佐野圭子(紬の前席、ショートカットちゃん)と幼馴染みである。
また、島ちずる(デコ出しメガネちゃん)とも仲が良く、度々一緒にいるところが見られる。

修学旅行では菊池多恵(和の前席のそばかすちゃん)、遠藤未知子(律の後席の泣き黒子ちゃん)と同じ班だった模様。

前述したオカルト研も含め、なかなか交友関係は広いようである。





しずか「唯、追記・修正は任せた!」

唯「任されたー!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/