早田誠(キャプテン翼)

登録日 :2012/02/18(土) 23:48:17
更新日 : 2017/02/02 Thu 09:57:11
所要時間 :約 3 分で読めます




早田誠は『キャプテン翼』に登場するキャラクター。通称はエースキラー、カミソリファイター。

国籍:日本
生年月日:7月10日
出身地:大阪府
身長:178cm
体重:63kg
ポジション:DF
利き足:右足
所属:東一中→立浪高校
声優:大塚芳忠(初代)、石川英郎(J)、荻原秀樹(2001年度版)


○略歴
エースキラーの異名を持つ東一中、および立浪高校DF。JY編のDF要員のために生み出され中西太一を踏み台に颯爽と全国デビューを飾る。東一中の監督が「ヘビのようなしつこさ」と語るように、オフ・ザ・ボールでも大空翼を徹底マークするほどである。

が、JY編では活躍らしい活躍はフランス戦の最初しかなく、それも所詮退場の前振りであり結果的に足を引っ張っただけだった不遇のキャラ。ちなみに、キャプテン翼史上、(作者の都合とはいえ)、初の退場者。
まともにやれば、GKがアモロの分、フランスが不利だからね。
WY編ではただカーブをかけただけのカミソリシュートを監督に非難され、特訓に出るが、自身の持ち味はこのカミソリシュートであると開き直った。長所をより伸ばす形でキレと鋭さを更に磨いて合流。

テクモ版では必殺パス「カミソリパス」の使い勝手が非常に良く、ボールを自由自在に運びゲームメーカーとして大活躍である。必殺タックル「カミソリタックル」などもあり、影のキープレーヤーと言える存在。

WY後はガンバ大阪に在籍。テクモ版では南武大に進学する。

プロに入ってからは、アグレッシブなプレイスタイルを身上とし、切れ味鋭いタックル、鋭角に曲がるクロス&シュートを持ち、まさに「カミソリ」の異名に相応しい選手。


○必殺技
◆カミソリシュート…早田の代名詞。縦回転のするドライブシュートが出来なかったため、横回転に磨きをかけ右足で蹴って右に鋭く曲がる「カミソリシュート」を編み出す。
しかしWY編にて世界相手には「ただカーブをかけただけのシュートは通用しない」として、奮起更なる磨きがかかった。

◆カミソリタックル…早田の(ry。翼の左足の古傷を再発させた切れ味鋭いタックル。死角からボールに向かってタックルする。

◆カミソリパス…早田の必殺パス。カミソリタックルで相手の攻撃を防いだ後のカウンターの起点になる技。キレのいい横回転のカーブのパス。

◆二枚刃カミソリ…早田の奥の手。右足で蹴って左に鋭く曲がる「逆カミソリシュート」。シュートの軌道を翼に読まれ、事もあろうか、翼の指示あってとはいえあの森崎にキャッチされてしまった。/(^O^)\


○関係者
◆中西太一…大阪の誇るデ…巨漢GK。中学時代は二年連続で全国大会に出場していたが、三年生で早田の東一中に阻まれた。立浪高校ではチームメイト。高校時代は正GKとして、日向小次郎を吹っ飛ばすほどの守備をみせた。だが、恐ろしいことに、森崎以下の扱いを受けている。この森崎>中西の評価は、キャプテン翼の謎の中でも、トップクラスといえよう。


○名言
『バカヤロウ おまえらにV3は…ねぇ!!』

『よっしゃっ!』

『いったんマークにつけば どんなことをしても とめる たとえ それが反則でもだ』

『俺のカミソリは二枚刃よ!』

『ちくしょう、負けちまったぜ!みんなメソメソすんな!胸はって帰ろうぜ!』

『俺のカミソリシュートより鋭かったぜ』

『ワンパターンと言われようが俺にはこのカミソリサッカーしかないんだ!』


俺の追記・修正は二枚刃よ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/