飛龍(航空母艦)

登録日 :2009/05/26(火) 20:07:42
更新日 : 2017/02/14 Tue 13:08:02
所要時間 :約 2 分で読めます





飛龍(ひりゅう)とは、大日本帝国海軍が所有していた空母の一隻である。開戦当時から空母赤城と共に活躍するも、ミッドウェー海戦にて沈没した。


竣工1939年7月5日
戦没1942年6月6日
除籍1942年9月5日

全長216.9m
速度34.5n
排水量17.300t




本来は蒼龍の姉妹艦だったが、諸事情により再設計される
完成後、第二航空戦隊の旗艦に就役する


船体は蒼龍のデータを元に再設計されており、復元性・防弾処理など全体的に向上している


また、この飛龍を元に後の雲龍型空母が設計、建造された。




経歴

1941年
他艦艇と共に米軍真珠湾基地を強襲、当面の作戦行動を不可能にする

1942年
ミッドウェー海戦勃発
正規空母赤城加賀蒼龍三隻が被弾炎上する中、飛龍は単艦スコールの内に逃れていたため健在だった。

そんな中飛龍の艦長は単艦になりながらも戦うことを決意、索敵機が発見した空母「ヨークタウン」に狙いを定め攻撃隊を発進させた。

運良く相対した米空母「ヨークタウン」は既に一度被弾し応急処置をとられただけで、耐久力は手負いの状態であった。

せめて一矢報いるべく飛龍攻撃隊はヨークタウンに猛攻を仕掛け、航行不能・大破に追い込む



しかし3対1の戦力差は大きく、千ポンド爆弾四発の直撃を受け飛龍は大破。しばらく浮いていたものの後に海中へと姿を消していった…
この際、艦長も運命を共にしている


単艦でありながら反撃に出た飛龍の姿は、敵軍であった米軍も賞賛する程のものだったという…


なお、飛龍の反撃を受けて大破した空母ヨークタウンは自力航行ができずにおり、他艦によって真珠湾へ曳航されていたが後の7日に伊168潜水艦がこれを発見。雷撃を喰らいトドメをさされている。


1999年
後に、アメリカの深海調査会社により、ミッドウェー付近の深海4800mに眠る飛龍の姿が発見されたという。


フィクションでの活躍

何と言っても悲惨な敗戦であるミッドウェーで見せた意地の反撃は大きく、扱いは総じて良い。

艦隊これくしょんにも登場している。
しかし、初期スペックは赤城・加賀の一航戦相手には厳しく、蒼龍ともども軽空母並と評されるほどになってしまう。
ただし、それは最初期の話。育てて改二となれば相当な能力を獲得する。運もかなり良いのでぜひ育てたい。
使用BGMにも「飛龍の反撃」という曲があるほどであり、決して冷遇はされていない。

二次創作では赤城や加賀のキャラが強いせいか食われがちで、史実の武勲の割にあまり目立たなくなっている気も…
多聞丸LOVE。

追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/