サンタが殺しにやって来た

登録日 :2011/12/24(土) 21:37:05
更新日 : 2017/09/22 Fri 14:15:43
所要時間 :約 1 分で読めます




『サンタが殺しにやって来た』とは1996年12月23日にフジテレビで放送されたホラーサスペンスドラマ。


当時、その斬新な趣向から各方面から苦情が来たとか来てないとか。



あらすじ:主人公の相沢さやかは町工場に勤める女性、クリスマスイヴの夜残業していた彼女は兄弟を呼んでささやかなクリスマスパーティーを開く事に。


そこへ「仲間に入れて欲しい」とサンタクロースの格好をした男が入って来る、男の腕には血がにじんでいた。


その頃、若いカップルがサンタクロースの姿をした何者かに斧で惨殺されるというニュースが流れて出していた。










ネタバレ?:もちろんカップルを惨殺しまくったのはもちろんこのサンタである。元来クリスマスというのはカップルがいちゃつくイベントではないのだが、そんな神聖な日を履き違えたカップルをサンタが粛正していったという話。ちなみにドラマのラストでサンタは死に?惨殺したカップルは生き返ってしまう。


翌年には犯人役の人物が本物のサンタを演じる続編がある。


追記・修正はクリスマスに惨殺する予定のない方にお願いします。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/