氷帝学園

登録日 :2009/12/21(月) 23:43:05
更新日 : 2017/01/12 Thu 16:43:20
所要時間 :約 6 分で読めます




テニスの王子様に登場する架空の中学校。
正式には氷帝学園中等部。
略称は氷帝(ヒョウテイ)。


跡部様こと跡部景吾を始めとする、やたらと濃ゆいキャラクターが通っているホスト集団。所在地は東京都であり私立校。

制服は特になく、代わりに基準服と呼ばれる制服もどきがある。鞄は自由だとか。
学校推薦のブレザーとパンツの色がアニメと原作では茶色、ゲームではクリーム色とグレー。因みに基準服の色が判明した順番はゲーム→アニメ→原作である。



◆主な生徒


跡部景吾(CV.諏訪部順一)
「俺様の美技に酔いな」
  • 相手の弱点を見抜く程度の能力
  • 氷を相手のコートに降らせる程度の能力
  • 幻聴を聴かす程度の能力
  • 骨まで透けて見える程度の能力

作中でも様付だが、リアルでも様付される数少ないキャラ。自信家であり、やたらと偉そうだがそれなりに努力してるボス。
主人公以上に主人公補正がかかっており、坊主になったはずがなかったことにされ、乾汁を飲んでも一言で片付いた。
お家はお金持ち。お友達は樺地だけ。
試合中の「氷帝コール」は部員の声ではなく跡部様の能力による幻聴かもしれない。門矢士のテニスの世界での姿でもある。

一部腐女子に対する影響力に関しては作中で5本の指に入るだろう。
また、バレンタインチョコランクは常に一位。桁が毎回違い過ぎるのでもう殿堂入りしてランキングから外せばいいと思う。


忍足侑士(CV.木内秀信)
「攻めるん遅いわ」
通称:フリーダム引きこもり
  • 心を閉ざす程度の能力

氷帝の天才(笑)。初期は劣化不二で、中期は腐女子の餌、後期は引き籠もり。
自分の殻に引き籠もったことにより、天気予報士桃城に勝利した。心を閉ざすことにかけては本当に天才。
今時の若者らしく、技名をよく分からない略称にする(例として、F&Dなど)。

眼鏡キャラではなく伊達眼鏡キャラ。
息子が青学にいたりしない。
自他共に認める 足フェチ

読者アンケートでスーツ・着物・白衣・エプロン・サングラスの似合いそうなキャラランキングで、一人だけ全てで10位ランクインした。


向日岳人(CV.保志総一朗)
「もっと飛んでみそ」
  • 飛び跳ねる程度の能力

アクロバットをしながらテニスができる。やたらと飛んでいる。というか、じっとしていられない。

ライバルは菊丸だが、向こうは分身するので明らかに分が悪いが、飛ぶ高さ、アクションの派手さならこちらの方が有利か。
飛んでみそと言うが納豆が好き。
カエラを彷彿とさせる超お洒落ヘアー。


芥川慈郎(CV.うえだゆうじ)
「すばらC~!」
  • 手首を自在に動かす程度の能力

普段は寝ているが、ワクワクする相手に出会うと途端にハイテンションになる。
それが過剰なときは試合前にズボンを脱いで下着になるのも仕方ないこと。
走り回ったりするのに中身が見えないのは禁則事項故。何処かで眠ってしまっても、樺地が跡部の元へ「持って行って」くれるので問題ない。

兎に角手首が柔らかい。
関東大会では不二にフルボッコにされた。試合の出番はこれ以降特になし。


宍戸亮(CV.楠田敏之)
「激ダサだな」
  • 瞬間移動する程度の能力

ロン毛から短髪になり、鳳と絡んだことによって腐女子の餌食になった。
実は、沖縄勢が出てくるまでに瞬間移動が出来たのは彼のみ。早いのがお好きなようで、球も早々返す(この作品では殆どがライジングで返球されているが)。

かなりの努力家で氷帝一の常識人。
実写映画では水蒸気を纏って走る事から、マッハを超えていると思われる。


鳳長太郎(CV.珍獣nmkw)
「一球…入魂!」
宍戸と絡んだことで腐女子の餌食に。
「サーブだけ!サーブだけ!」 という掛け声で応援されるが、そのサーブが入らないこともしばしば。
ぶっちゃけノーコンだが、速さは作中トップクラス(乾に指摘されたことで癖を克服、ノーコンを改善した)。

絵に描いたような好青年。
後輩にいたらちょっと嬉しいかも。


日吉若(CV.岩崎征実)
「下剋上だ」
  • 下剋上する程度の能力

上を狙うことしか考えていない2年生。
上がいなくなった時が見物である。

下剋上が好き過ぎて新しい言葉 下剋上等 を作る。因みに下剋上に目覚めたのは 3歳 の頃。一体何があった。

変則的フォーム(古武術フォーム)も登場時はちょっと斬新だったが、どんどん濃いキャラが出て来て押され気味。

一応先輩をさん付で呼び、敬意をはらうが見下した感は否めない。だがそれがいい。ダブルスなんかも出来る辺り、主人公よりも対人スキルはある模様。
しかし自分より小さくて体重も軽くて跳ぶのが得意な先輩を土台にしてジャンプしたのには驚いた。お前が跳ぶのかよ。

某関西弁丸眼鏡とは違いガチで目が悪い為(あんな前髪してりゃ…)普段はコンタクトを使用し、家では眼鏡。隠れ眼鏡キャラ。しかし本人は眼鏡が嫌いだとか。

UFOネタはミュージカルからの逆輸入。
ゲームではドS………公式もドSか?


樺地崇弘(CV.鶴岡聡)
「ウス…」
  • どんな技でもコピーする程度の能力

跡部様のお友達。
例え菊丸ビームでもムーンサルトでも無茶振りされてもなんとか出来る。きっと分身も可能。無我の境地涙目。

その気になれば食欲すらも調整可能。その辺のハイパーメイドくらいの実力はあるかもしれない。

3歩下がって付いて行く大和撫子。
クスクス笑ったりはしない。


滝萩之助(CV.喜安浩平)
「やるねー」
氷帝の魔術師。時々モブにいる。
ゲームではチート性能を持つ。
キャラの濃ゆい氷帝の中では余り目立たない上、正レギュラーから外された為、出番は少ない。だが跡部の中の人はもっと彼をフューチャーしてほしいらしい。
大体 やるねー とあったら彼である。
ヤルネェが流行ったことで彼の出番が増えることを祈ろう。原作よりもアニメの方が出番が多い。

氷帝の計測係。コンマ一秒まで狂わない。OVAでは跡部様の代わりに坊主を申し出たりと、いい人。フシューって言ったりしないし顔面キラーでもない。



◆教師

榊太郎(CV.小杉十郎太)
「行ってよし!」
齢43にして音楽教師。
スーツに革靴という出で立ちでコートに入っちゃう辺りは、顧問としてどうだろう。だが彼がテニスウェアを着ている姿を想像できないのも事実。

顧問では唯一キャラソンを出したりと大人気。一部ゲームではプレイヤーとして選択可能だったりする。


テニプリの某女性向ゲームでは何故か榊太郎が攻略出来る。
しかも一度ルートに入ったら抜けられない。因みにそのゲームの主人公の設定は中1女子……ロリコンにも程がある。

ゲーム(の攻略本)と原作で誕生日が違う。




追記・修正、やってよし!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/