ジャイ子

登録日 :2012/09/23(日) 17:56:14
更新日 : 2017/06/15 Thu 18:13:04
所要時間 :約 7 分で読めます




ジャイ子とは、ドラえもんの登場人物。
ジャイアンの2つ下の妹。

声優は現在までに4人が声を当てている。
太田淑子(1979)
青木和代(1980~2005)
山崎バニラ(2005~2012、2013~)
山田ふしぎ(2012~2013)

実写版CMで28歳になったジャイ子役には前田敦子が起用された。



コミックス収録の第一話「未来の国からはるばると」から登場している。


知名度はあるが登場回は意外と少なく、てんとう虫コミックス全45巻中ではたったの14話しか登場していない。



ドラえもんが介入しなかった未来ののび太の妻。19年後に結婚するらしい。
子沢山なようだが、のび太がとことんダメ人間で100年後にも借金が残っている辺り、ジャイ子も確実に不幸になっていたであろう。
後述の漫画家としての才能も開花していない可能性も高く、地味にドラえもんの介入でいい意味で運命が大きく変わった人物だったりする。


ジャイ子は本名ではなくあだ名。
本名を公表して現実の同じ名前の子がいじめられてはいけないという作者の配慮により、本名は公表されていない。
これは藤子の死後、2006年2月19日放送のテレビ朝日系『~ドラえもん誕生物語 藤子・F・不二雄からの手紙~』にて、
関係者が告白したことにより初めて明らかになったもので、
それまでは「藤子は『(ジャイ子の本名は)そのうち漫画の中で書きますよ』と答えていたが、結局書かれることがなかっただけ」と説明されていた。

顔は兄そっくり。ジャイアンと比べて髪がモミアゲ気味。
体型も肥満気味で、ご飯を5杯しか食べない事に兄は心配になるレベル……普段どれだけ食べているんだ。


まだ安定していなかった4巻まではのび太をバカにしたりドラえもん人形を火葬したり嫌味な女の子、完全な女ジャイアンというポジションだったが、
久々に再登場した22巻より漫画家志望というキャラに変更されたと共に穏やかかつ心優しい性格になった。


漫画は「クリスチーネ剛田」というペンネームで執筆しており、よくベレー帽を着用している。
漫画誌に投稿もしているが、連載に至った事はない。
しかし才能はあるようで、のび太は「新人賞受賞もあり得る」と絶賛しており(のび太の漫画の目利きは一流)、雑誌編集長から直々に好評の電話を貰った事もある。

漫画に対する情熱は本物で、ジャイアンが頼み込んでドラえもんの秘密道具で雑誌にジャイ子の漫画を載せた時も当初は喜ぶが、
後にこんな漫画を書きたかったんじゃないと編集部(に偽装したジャイアン)に原稿料を貰うわけにはいかないと電話を入れている。

また、時々自身に才能がないと嘆いておりその度に漫画家を止めたがっているが、周囲の説得で何度も再起する。

というか、まだ小二や小三の子どもであるにもかかわらず、ここまでの高評価を既に受けている時点で凄まじい人物。紛れもない天才少女である。
後期の彼女ならばのび太とでも十分幸せになれるのではとよく突っ込まれる。
大山版アニメ「さきどりカプセル」では、漫画のヒットによる祝賀会で、ジャイ子のエスコートを務めるのび太(と周りに二人がお似合いだといわれ少し嫉妬する源静香)も登場した。

ジャイ子が書いた漫画のタイトルは
  • ジャイ子さん
  • ショコラでトレビアン
  • アンコロモチストーリーズ
  • 日出処は天気
  • ペロペロキャンディキャンディ
  • 愛フォルテシモ
  • 虹のビオレッタ
  • お兄ちゃん
等々。そのうち半分くらいは、どこかで聞いたようなタイトルだが、それは後に本人が「どれもこれもプロのまね」と評価している。

虹のビオレッタは自費出版。500円。

ちなみにアニメ版にてアニメーカーというひみつ道具で虹のビオレッタをアニメ化する回があったが、
ジャイ子の如何にも少女漫画なタッチを反映しているせいで実にカオスな内容であった。端的に表すならリアルスネ夫。


また、茂手もて夫という漫画家志望の少年がボーイフレンドにおり、共に同人を描く仲。
真面目で優しい漫画好きのいい奴で名前の通り女の子にはかなりモテる。
顔立ちが凛々しいのび太と言った感じの為、「この顔に惚れるのがジャイ子の運命」なんて言われる事も。
前述のマンガ「お兄ちゃん」はこの時の同人誌に掲載した作品。

ジャイ子は兄の過保護に嫌気が指している描写もあるが、ジャイ子も夢を応援してくれる兄の事をなんだかんだで信頼・尊敬している。
またドラえもんも同じ妹がいる身としてジャイ子絡みのジャイアンの頼みには全力でサポートに回る事が多い。
映画同時上映の短編でもその様子が描かれている。



「どれもこれも、プロのまねじゃないの。あたしのつくりたかったこうもくは、こんなものじゃないんだわ。」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/