KINGDOM HEARTS Birth by Sleep(キングダムハーツBbS)

登録日 :2010/03/21(日) 23:30:39
更新日 : 2016/10/31 Mon 11:02:55
所要時間 :約 8 分で読めます





すべては眠りから生まれる


そう 君さえもな




KINGDOM HEARTS Birth by Sleep(キングダムハーツ バースバイスリープ)とは、
2010年にスクウェア・エニックスより発売されたPSP用のアクションRPGゲームである。
シリーズ6作目にあたるが、時系列的には1作目のKINGDOM HEARTS以前の物語であり、そのため主要登場人物が一新された。
本作の特徴は主人公が3人いることであり、全員のシナリオをクリアして初めて物語の全容が見えるようになっている。

また、戦闘システムにも変更が加えられている。
基本は今までのシリーズと同じで、マップ上で敵と直接エンカウントし、その場で戦うというものだが、あらゆる行動にコマンドが大きく関わってくる。

★ベースコマンド
従来と同じく○ボタンで行う通常攻撃。

★デッキコマンド
ベースコマンド以外の3つのコマンド(後述)を自由にカスタマイズするデッキ。

★バトルコマンド
△ボタンで繰り出す攻撃で、デッキにセットした技を使用する。
攻撃、魔法、アイテム、マルチプレイ用のフレンドの4つの種類がある。
本作はMPの概念が無い代わりに一度使用したコマンドは一定時間経過しないと使えない。

★アクションコマンド
ジャンプやガードなどの特殊なアクションに関わるコマンド。

★シュートロックコマンド
FOCUSゲージを消費して使用するコマンド。
複数の敵、または一体の敵を多重ロックオンして攻撃を放つ。
様々な種類があり、威力や弾数も種類によって異なる。

★コマンドスタイル
一定の条件を満たした上でコマンドゲージが満タンになると、キャラクターの戦闘スタイルが多彩に変化するシステム。
通常攻撃が変化し、強力なフィニッシュコマンドが発動できる。
物語の進行によってより強力な2段階目のスタイルが発動可能になる。

★フィニッシュコマンド
コマンドゲージが満タンになった時に発動できる強力な技。
様々な種類があり、種類によって効果や攻撃範囲などが違う。
ステータス画面で設定したものだけ使用可能。

★コマンドチャージ
2つのコマンドを合成し、他のコマンドに作り替えるシステム。
合成する際に素材を足すことでコンボプラスなどのサポートアビリティを付属でき、合成するものによっては一定以上のレベルが必要になる。
また、低確率でレアコマンドが生まれることがある。

★ディメンションリンク
D-LINKゲージが満タンの時に発動でき、発動すれば作中で出会ったキャラクターの力を借りてそのキャラクターのデッキを使用できるようになる。
ディメンションリンク発動中に敵が落とすシンボルを取れば強化版のデッキが使用可能になる。
また、ミラージュアリーナというワールドで通信を行った他のプレイヤーとも発動可能。



余談だが、元から残されていた伏線を回収しつつ、更に多くの伏線を残していった。
流石は我らが野村である。



【あらすじ】

ソラがキーブレードの勇者となる以前、世界には光の監視者であるキーブレードマスターが存在していた。
テラ、ヴェントゥス、アクアの三人はキーブレードマスターになるべく、キーブレードマスターのエラクゥスの元、
旅立ちの地という世界で日々修行に励んでいた。
ある日、テラとアクアのマスター承認試験が行われるが、
その試験の直後にテラとアクアはマスター・ゼアノートの捜索とアンヴァース討伐の任務を言い渡され世界を旅立ち、
ヴェントゥスはテラの身を案じて強引に世界を旅立ってしまう。



【主な登場人物】

テラ
主人公の一人。
実直で落ち着いた物腰の青年であり、鍛練を怠らない。
3人組のまとめ役であり、特にヴェントゥスにとっては兄貴分のような存在である。
マスター承認試験では「心の闇を制御しきれてない」という理由で不合格にされてしまい、後に闇を否定しないゼアノートを信望していくようになる。
ゼアノート捜索とアンヴァース討伐の任を受けて旅立つ。
戦闘スタイルはパワータイプ。

ヴェントゥス
主人公の一人。
愛称はヴェン。
外見はロクサスと瓜二つだが、その関係性は不明。
明るく純粋な少年で、テラやアクアの弟分のような存在。
ヴァニタスからテラに関する不吉な言葉を残され、テラの身を案じて無断で世界を飛び出す。
戦闘スタイルはスピードタイプで、キーブレードを逆手に持つ。

★アクア
主人公の一人。
正義感が強く、真面目な性格の少女。
マスター承認試験の前夜につながりのお守り(カイリが作った約束のお守り)を模したお守りを三人分作り、テラとヴェンに渡した。
試験に合格し、マスターになった後にテラと同じ任務を言い渡されたが、
その他にテラが闇に堕ちないように監視する任務とヴェンを連れ帰る任務が追加されている。
戦闘スタイルは魔法タイプ。
HPと防御力が低いのでテラやヴェンの様に敵に突っ込むとすぐに死ぬので要注意。

★マスター・エラクゥス
キーブレードマスターの一人であり、テラ達の師匠。
非常に厳格な人物だが、世界に旅立った弟子達の身を心から案じている。ゼアノート曰く闇を否定しすぎているらしい。
過去にゼアノートといざこざがあったらしいが、今は和解している様子。

★マスター・ゼアノート
もう一人のキーブレードマスターの老人。
エラクゥスの兄弟子にあたる。
マスター承認試験に同席した直後に行方不明となる。
前作に登場したゼアノートと名前が同じだが、その関係性は……?

ゼアノートとエラクゥスの中の人達は、嘗てあるアニメで同じキャラ(剣の達人)を演じていた。

★ヴァニタス
ゼアノートの弟子の仮面を被った少年。
ヴェンやアクアの前に現われては意味深な言葉を残して去っていく。
ヴェンと何か因縁があるようだが……?

★王様(ミッキー)
ディズニーキャッスルを治める王。
キーブレードマスターになるべく、イェン・シッドの下で修行中だったが、世界の異変を察知し、いてもたってもいられず無断でイェン・シッドの下を飛び出した。
旅先で出会ったヴェンやアクアと協力することになる。

★イェン・シッド
王様の師匠の魔法使い。
エラクゥスにアンヴァースが出現したこととゼアノートが失踪したことを伝えた。
本作で昔はキーブレードマスターだったことが明かされた。



【登場ワールド】

★旅立ちの地
3人が修行をしていた世界。

★ドワーフ・ウッドランド
「白雪姫」を舞台にした世界。

★キャッスルオブドリーム
「シンデレラ」を舞台にした世界。

★エンチャンテッド・ドミニオン
「眠れる森の美女」を舞台にした世界。

★レイディアントガーデン
オリジナルの世界。

★ディズニータウン。
オリジナルの世界。
ディズニーキャッスルの城下町。

★オリンポスコロシアム
「ヘラクレス」を舞台にした世界。

★ディープスペース
「リロ&スティッチ」を舞台にした世界。

★ネバーランド
「ピーター・パン」を舞台にした世界。
今回は海賊船ではなくネバーランドを冒険できる。

★不思議な塔
ファンタジアの「魔法使いの弟子」を舞台にした世界。
ここでミッキーが修行していた。

★謎の荒野
たびたび訪れることになる荒野。
そこに隠された秘密とは…



【用語解説】

★キーブレードマスター
光の監視者として世界の光と闇のバランスを見守っているキーブレード使い。
作中ではエラクゥス、ゼアノート、アクアが該当する。
また、実力だけならテラもマスターと同等であり、ミッキーも後にマスターとなっている。

★アンヴァース
突如として世界に現れた魔物。
イェン・シッドはこれを「負の感情にのみ芽生え、溢れだす存在」「生命に精通しないもの」と称した。
前作のハートレス同様、様々な種類が存在する。

★鎧
他の世界へと行き来するための道「異空の回廊」を通る時に装着する鎧。
これを装着せずに「異空の回廊」を通ると心が闇に捉われてしまう。
また、普通の武具としても使用可能。


シリーズお馴染みのFINAL MIXも当然の如く発売。

シリーズ初となるデータ引き継ぎが可能になっており、オリジナルのBbSで取得したトロフィーの数に応じて最初からある程度強い状態でのニューゲームが出来る。

これまでに登場しているXIII機関メンバーとは異なる武器を持つ新たな黒コートの男や、エラクゥスやゼアノートと同じキーブレードを持つ鎧の男達が登場する。


★KINGDOM HEARTS Birth by Sleep 0.2 A fragmentary passage
2017年1月発売のKINGDOM HEARTS HD 2.8 Final Chapter Prologueに新規で収録される短編作品。
シークレットエピソードにて示唆されていた通り、続編の構想があったがパッケージ化する予定が無く3の冒頭で少し触れる程度に流す予定だったが
KH3の開発が諸都合により遅れていることからアクアの物語のみをKH3の技術を利用した作品にすることでいち早く体験してもらおうということらしい。
システム的にはBbS+KH3で、シナリオの長さはワールド1個分程度。FINAL MIXのシークレットエピソードの先を描いた作品となる予定。

もしかしたら、彼なら

誰もの心を繋ぐあの管理人なら

その項目を開き、不幸になったヲタたちを救えるかもしれない



彼の名は―――

この項目が面白かったなら……\ポチッと/