ミココノチカラ(カイジ)

登録日 :2011/09/30 (金) 12:46:39
更新日 : 2017/01/24 Tue 23:05:34
所要時間 :約 3 分で読めます




ミココノチカラとは、漫画「賭博破戒録カイジ」に登場する競争馬である。
馬年齢にして5歳、牝である。

夏の日曜日、札幌競馬場。
午後2時、晴天、芝良好、その8レース、1600メートル2番枠で出走した。

とある理由で財産を擦ったあげく、人に言えない借金を背負ってしまった坂崎のおっちゃん。
再起を図る為に虎の子の600万を賭けようとしたのが、このミココノチカラという馬だった。
作中にて詳細に書かれている競馬新聞によると、本命ではなく、△と×がついているだけ。

坂崎のおっちゃんがこの馬に大枚を賭けてしまう要因は、その名前と、乗る騎手にあった。



ミココノチカラ。
おっちゃんの実娘の名は美心(みここ)である。
そして乗る騎手の名前は木崎。
坂崎『ミココノチカラに加え…騎手の名前が木崎…
木崎 木崎 木崎 木崎…
キザキ キザキ…
キサキキサキキサキ…

キセキ…

奇跡…っ!

この符合をどう取る…?』

家族を取り戻す為に勝負し、力及ばず負けてしまった坂崎のおっちゃん。

その負け方もひどいイカサマによる、理不尽な物だった。

破滅の一歩手前どころではない、皮膚を、肉を、骨を焼き崩されるレベルまで隣接してしまった坂崎のおっちゃん。
いよいよ破滅を感じとれば、人間はわけのわからない行動に出るものだ。
大穴と言ってもいいこの馬に、坂崎のおっちゃんはためらいつつも600万を賭ける決意をした。

直前でカイジによって阻止されたが。



《レース結果》
カイジの阻止により、賭ける事無く、レースを傍観する事になった坂崎のおっちゃん。

アナウンスが響く。

《第8レース
1着は9番ハットリキング
2着7番ミツキタイヨウ
3着1番リソナミズホ
最後尾…12着2番…
ミココノチカラです…!》

坂崎「よかった…」ホ…

カイジ「ね…!」



なお、前述にあるおっちゃんの600万賭ける大胆不敵極まる掛け方を裏情報と勘違いした他のギャンブラー達は

『あ…姉さんオレも追加2番の単勝…!』

『わしも…!』

『オレも…!』

原作にある限りでは三人がこの馬の犠牲にあっている。

名前が悲劇を招いた。
考えても閃いても、十分とは言えない事柄、それが名前だ。
どうか皆様は、将来に生まれる子供には本当に考えて名前をつけてほしい。
それだけが願いだ。

なお、坂崎の娘の美心は、多少アレだが、良い娘である。
ペロペロさえ我慢できれば、理想の恋人と言って良いかもしれないと思う事もやぶさかでないという考えに今至った事を鑑みるに辿りついた発想を前向きに検討すべきだろう。





『あ…姉さんオレも追記2番の修正…!』

この項目が面白かったなら……\ポチッと/