biblio

登録日 :2010/02/03(水) 23:10:41
更新日 : 2017/07/12 Wed 18:12:25
所要時間 :約 4 分で読めます




biblio

発売日:2009年6月19日
プラットフォーム:KCP+
CPU:ARM11E + ARM8E
形状:スライド式
入力方式:テンキー/QWERTYキーボード
内部メモリー:約7GB
外部メモリー:MicroSD(Max:8GB)
ディスプレイ:TFTタッチパネル液晶3.5インチ
解像度:フルワイドVGA++(480×960px)
カメラ:約510万画素CMOS



biblioはauから発売された2009年夏モデルの機種。

OSにWindows Mobileを搭載していないにもかかわらず、スマートホンのようにQWERTYキーボードを搭載しているのが特徴。
また、入力はテンキーか、QWERTYキーボードかを設置するのではなく、本体に内蔵している加速度センサーが感知して向きによって切り替わる。

また、キーのバックライトは通常の携帯のようにLEDが後ろから照らすのではなく、有機ELディスプレイなので、文字をそのまま発光する。
さらに、この携帯はかなり特異で、スライド式なのだか、縦ではなく 横にスライドする
しかし、キーボードが右へスライドへするが、上下反転させても画面は反転されない。

つまり 右利き専用 である。
左利き哀れ。


また、3.5インチの超巨大ディスプレイにより、電子書籍を読むことに特化している。
Book Playerを搭載しているので、従来の電子書籍ビューアよりも閲覧機能が強化されている。

さらに、辞書は 19 冊も内蔵している。
流石東芝、辞書だけは譲れない。

もちろん東芝製なのでダウンロードフォントで字体も変えられる。
DL期間限定のものもあるが、字体は明朝体がオススメ。
ほとんど無料ダウンロードできる。

他に覗き見防止モードがある。
スイッチをポチッとなするとシュッとなる。

何より最大の特徴がこの Wi-Fi WIN

無線LANの環境さえあればやりたい放題。

なにがやりたい放題かというと

Wi-Fi通信時のみ通信料が無料 であるので高速でネットがし放題。
ただし、定額制に加入する必要はある。
しかし、Wi-Fiでのみ通信すれば最低額で利用できる。

利用料を月525円払えばPC無しでLISMO!VideoがDLできるし、 ニコモバではボタン連打すらしなくて済む
※2011年6月末までは 無料

ただし、不具合があり、Wi-Fiに繋がりにくいことがある。
なお、通信は暗号化してあるので、パケットキャプチャをしても意味はない模様。
また、認証が必要なホットスポットの利用も不可の模様。

このbiblioの名前の意味はズバリ「本」、「聖書」

内蔵辞書
  • デイリーコンサイス国語辞典
  • デイリーコンサイス英和辞典
  • デイリーコンサイス和英辞典
  • デイリーコンサイスカタカナ語辞典
  • デイリーコンサイス漢字辞典
  • ブリタニカ国際大百科辞典(小項目)
  • 明鏡ことわざ成句使い方辞典
  • 世界と話そう!七ヵ国語会話
  • 新TOEICテストスコアアップ講座
  • 海外旅行ハンドブック
  • 英語で一日すごしてみる
  • ビジネス英語の最強フレーズ
  • 日経ビジネス アソシエ 時事キーワード500
  • ハイテク&デジタル用語事典
  • 絵で見る現代生活のマナー事典
  • 誕生日大百科
  • うける雑学
  • 話のネタのタネ500
  • ワンランク上のエレガントマナー



決してbiblioはウイルスではない。
ましてや腸炎ビブリオ(vibrio)とは一切関係ない。

上記のように19冊分の電子辞書を搭載してるだけでも膨大な容量だが、データフォルダの容量は実に約7GBという途方もない仕様になっている。

更に外部メモリーとして8GBのmicroSDHC(class2以上)を使えば実質15GBのデータ領域となる。
正にフォルダ無双。
余程の事が無ければ持て余すだけである。あるとすれば登録件数でのパンク位か。



利点
  • 大容量
  • 2009年の技術の塊
  • プリセット辞書

欠点
  • バグだらけ
  • KCP+
  • キーボードの不具合
→構造に問題があり、下のキーに圧力がかかり、上記のようにキーがそれぞれ有機ELディスプレイなので、文字が映らなくなる。
もちろん無償修理。
  • 右利き専用
  • どうしてもQWERTYキーボードは小さくて使いにくい

使用キャラクター
  • 神戸尊 (相棒season8)


追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/