サイハテ村(どうぶつの森)

登録日 :2012/09/15(土) 09:48:22
更新日 : 2017/06/04 Sun 14:13:48
所要時間 :約 9 分で読めます




おいでよ どうぶつの森に登場する村。

ゲーム中では名前を聞く事が出来るのみで、プレイヤーが行く事は出来ない。


貧困に苦しんでいる村で、プレイヤーが住む村でも募金を呼び掛けている。
募金するには役場の住民課を訪れればよい。
募金する額は自由で、例え1ベルであったとしても係は笑顔で受け取ってくれる。逆に一気に高額を募金すると係も驚いた表情を見せる。

その後、係からサイハテ村の状況を聞く事が出来る。善人である妹のぺりこはストレートに、自分本位な姉のぺりみは遠回しに伝える。

募金額によってサイハテ村に様々な物資が送られたり施設が出来たりと、生活は改善されていく。
また、ある一定額になるとサイハテ村から感謝の意が書かれた手紙が送られてくる他、時々羽根もセットでついてくる。
羽根は頭につけるアクセサリーで、この方法でしか入手出来ない。


以下、発展状況。
発展内容はその金額になる前の段階でぺりこ&ぺりみが言う台詞及びその金額になった後に送られてくる手紙の内容であり、
姉妹の台詞は金額が一定額に達した後は次の段階の台詞を発する。

また、手紙の郵送は募金額が指定額に達した日の翌日なのだが、手紙を貰う前に数ランク分募金してしまうと、過ぎた分の手紙(及び羽根)は送られてこない。


  • 1万ベル 緑の羽根
食パンだけだったのが、クロワッサンも食べられるようになる。

ぺりみ曰く「アンタのこの気まぐれが、だんボールいっぱいのかしパンに化けるかもね」との事。


  • 5万ベル
壊れかけだった丸太小屋が直る。

「アンタのこの気まぐれで、たいそうリッパな家が建つコトでしょうよ」


  • 10万ベル
用水路が整い、収穫が安定するようになる。

「アンタのこの気まぐれで、またぺりこが喜ぶワ(ったくもう…)」


  • 20万ベル 青い羽根
薬を購入出来るように。手紙の書き手のみどりガメも元気になったとか。

ぺりこ曰くサイハテ村では風邪が流行っており、薬を送る事になったらしい。

「アンタのこの気まぐれが、サイハテ村に大量のかぜグスリを送る事になる…と思うワヨ。ぺりこが言ってたし(つきあってらんねー!)」


  • 30万ベル
井戸が掘られる。
ぺりこ曰く「天然水ブーム」

「アンタのこの気まぐれが、サイハテ村にチャチなたて穴をほらせる事になる…と思うワヨ。ぺりこが言ってたし(ま、勝手にすればー)」


  • 40万ベル
溜め池が完成し、大量の鯉や鮒が育てられるように。

「アンタのこの気まぐれが、あの村にチャチなプールを作るコトになるかもね」


  • 50万ベル 黄色い羽根
新品のスニーカーが配られ、裸足卒業。

「アンタのこの気まぐれで、また、ぺりこがカンゲキとかしちゃうと思うワ」


  • 60万ベル
学校が立つ。但し、教師は一人。

「アンタのこの気まぐれが、サイハテ村に学校を作る事になるかも…って、いくらぺりこの受け売りでも、これはちょっと信じがたいワ…」

ぺりこもサイハテ村で働く気がある教師がいるのか不安がっていた。


  • 70万ベル
パン工房完成。書き手もいつかあそこで働きたいと夢を持つ。
パン工房はサイハテ村の要望ではなく、ぺりこの考えのようである。

「アンタのこの気まぐれが、サイハテ村にパン屋でも作る事になるかもね」


  • 80万ベル 赤い羽根
サイハテ村は結婚シーズンで、募金により書き手の姉が立派な結婚式を挙げる。

「サイハテ村は今がウェディングのシーズンらしいからさぁ、アンタの気まぐれであの村のカップルはヨロシクやってると思うワヨ」


  • 90万ベル
サイハテ村の要望でオーケストラを招待。この辺りから段々と娯楽を楽しむ余裕が出来始める。
ちなみに感想は「みんなグッスリねむっていたよ!」……オイ。

「アンタのこの気まぐれが、サイハテ村にオーケストラでも呼ぶ事になるかもね」


  • 100万ベル
村一番の金持ちであるトムじいが車を購入する。
サイハテ村の人々はそれまで車を見た事がなかったらしい。

「アンタの気まぐれのおかげでまたぺりこが喜ぶワ(あー、やってらんねー)」


  • 110万ベル 紫の羽根
ゲーセン完成。ただしゲームはドンキーコング(1981年のゲーム)のみ。

ぺりこの「最近のわかい人は新しモノ好きみたい…どこでも同じですね!」が泣ける。

「最近じゃ、サイハテ村もずーずーしくなって、わかもの向けのごらくが欲しいとか言ってくんのよ(あー、もう…たまんないワ)」


  • 120万ベル
書き手の姉夫婦がケーキ屋「ミルミル・チチルのケーキこうぼう」を開く。バターたっぷりらしい。

「アンタのこの気まぐれが、サイハテ村にケーキ屋でも建てる事になるかもね」


  • 130万ベル
ヴィンテージのジーンズが購入される。
ゲーセンより前に作業用ズボンを求めるべきでは……

「最近じゃ、村の連中もますますずーずーしくなって、ヴィンテージのジーンズが欲しいとか言ってくんのよねー」


  • 140万ベル 白い羽根
書き手の従兄が村の一等地にある3LDKのマンションを購入。

ぺりこ曰く「サイハテ村もあか抜けてきたが、私たちの村に比べるとまだまだだろう」との事だが、明らかにプレイヤーが住む村より生活水準は高い。

「アンタの気まぐれのおかげでサイハテ村の都会化はますます進んでいきます、と」


  • 150万ベル
村一番の貧乏のゴサクですら高級車を購入出来るように。ただしゴサクは車を運転出来ないらしく、車をブイブイ磨いているとの事。

「最近じゃ、あのゼータク村、一家にクルマは2台とか平気な顔して言うのよね(ふざけんじゃないワヨー!)」


  • 160万ベル
サイハテ村は空前の旅行ブームであり、村人の一人アッカが長年の夢だった世界一周の船の旅へ。明らかに金持ちの道楽である。

「アンタのこの気まぐれが、サイハテ村の旅行ブームに一役買う事になるかもね」


  • 320万ベル
長老の入れ歯が純金製に。
ぺりこからはサイハテ村は別名「サイハテの都心」と呼ばれている事を聞かされる。

「近ごろじゃあの村、「サイハテの都心」プロジェクトとか言って、ブルドーザーで土地を開発しまくってるらしーワヨ…」


  • 640万ベル
最終段階。
書き手が海外のリルバード大学に留学しようと勉強中の旨が書かれている。

「アンタの気まぐれのおかげでサイハテ村は今やリッパな大都市よ」


流石のぺりこですらため息をつかずにはいられないようで、これ以上募金しようとすると、
「もう必要ないとは思うんですけど、これも仕事ですから…せきにんを持ってサイハテ村…じゃなくて、「サイハテの都心」に、送らせていただきますよ。はぁ…」

ぺりみも「アンタの気まぐれにもけっこうなれたし、まぁ、いちおう仕事だから、「サイハテの都心」にこのはした金、送っておくワ(はぁーあほらし…)」


中盤からのブルジョアっぷりは過剰に援助しても相手に意思はあまり伝わらないという典型例である。

ちなみに、余談であるが稀に住人からサイハテ村の募金についての話題が聞けるが、
その募金した住民の話によると多く募金した日に村長が『今夜はすき焼きじゃ』と言っていたらしい。
これも一種の風刺なのかもしれない……。



「アンタの気まぐれで項目が立派になるかもね」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/