桜井政博

登録日 :2012/04/15(日) 00:21:46
更新日 : 2017/05/31 Wed 09:10:10
所要時間 :約 8 分で読めます




桜井政博とは、ゲームクリエイターの1人である。
1970年8月3日生まれ。東京都武蔵村山市出身。

つまり既に45歳を越えているのだが、それを感じさせないぐらいのイケメン。
むしろ昔の方が老けて見える、と言うか年々若返っている。
そのため、ネット上では吸血鬼ではないかとまことしやかに囁かれている。

余談だが、桜井氏は同じ吸血鬼疑惑がかけられている荒木飛呂彦作「ジョジョの奇妙な冒険」の大ファンでもある。
中でも二部が好きなようで、ファミ通のコラムではジョジョ立ちも披露している。
また、後述するスマブラ拳にてジョジョの三部ゲーである未来への遺産に登場する花京院のコンパチキャラである『恐怖を乗り越えた花京院』に対して、
「いいなぁこの手」と関心を示しており、その影響からかスマブラでもルキナやこども(トゥーン)リンクと言ったコンパチキャラをいくつか出している。

1990年に株式会社ハル研究所に入社。
後に大人気シリーズとなる星のカービィシリーズや大乱闘スマッシュブラザーズシリーズを生み出して活躍していたが、2003年に同社を退社。
しばらくフリーとして活動し、2005年に《有限会社ソラ》を設立、同社の代表となる。
以後は主に任天堂の依頼に応じたゲームを作って活躍中。とは言え、今まで作った数は非常に少ないが。

《研究》と表してありとあらゆるゲームをプレイしまくっている。
その数なんと年間100本以上で、2005年に遊んだゲームを羅列するだけで丸々2ページ埋まってしまう程。廃人もビックリである。どこにそんな時間が…

特にスマブラに深く関わるタイトル(ゼルダ、ポケモン、FE等)は必ずやりこむとの事。本人いわく「もはや義務。」

アクションも格ゲーもシューティングもRPGも何だって高いレベルでこなすが、そんな彼もギャルゲーだけは苦手らしい。

若い頃、対戦アーケードで相手が素人女性とは知らずに全力でコンボを決めてしまったのがトラウマなんだとか。



彼が作るゲームは初心者から上級者まで、誰もが高い満足度を得るものが多い。特に初心者には徹底的に配慮している。
これはファミコン・ゲームボーイが主体だった1990年頃、難易度が高いゲームばかりが発売されて初心者お断りのような雰囲気を打開したいと思ったのがきっかけ。
その願いを込めて作られたのがご存知《星のカービィ》である。
また、全体的に珍しいゲームシステムを採用する為に評価を誤解されやすく、あのスマブラも最初は微妙ゲー扱いされていた。
その誤解を解く為にホームページの作り方を学び、製作者自らがゲーム説明をしている公式攻略サイト《スマブラ拳》を立ち上げたのは有名な話。

上記のスマブラ拳の話もそうだが、とにかくやる事が凄い。
PRESS STARTと言う世界初であるゲーム音楽のコンサートを開催したり、パルテナの鏡のキャラをモチーフにした《たちねぷた》を企画したり、
スマブラXにぼくがかんがえたさいきょうのおんがくぐんだんばりのゲーム音楽界の精鋭達を大集合させたり…もはや何でもありである。


以下、彼が手掛けたゲーム


○星のカービィシリーズ
吸って吐いて飲み込む大人気キャラ、カービィを操作するアクションゲーム。
アクションなのに常時飛べる為初心者も安心。
コピー能力で上級者も満足。
GBの1作目は初のディレクターを務めたソフトであり、全世界累計500万本以上を売り上げ、同時にこれが務めていたハル研の経営危機を救済することにもなった。
余談だが、彼の関わっていないカービィシリーズも多く、ファンの間で議論となる事がしばしばある。彼が関わったのは鏡の大迷宮まで。
夢デラ、鏡の大迷宮はめっちゃコピー説明文がふざけまくっていた(参ドロでは彼は関わっていないものの説明文のおふざけは受け継いでいる)。
ちなみに、当時22歳である。

○大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ
任天堂キャラが集う格闘ゲーム。
…っぽいが体力制ではなく、相手を場外に吹っ飛ばしたら勝ちというルール。
シリーズ3作目の開発にあたっては、新オフィスを立ち上げ、引っ越しもするという気合の入れようである。

○メテオス
落ちものパズルゲーム。
積んだ隕石を打ち上げるという斬新なシステムが話題を呼んだ。公式サイトも面白い。
しかしゲームの出来とは裏腹にあまり売れなかった不遇のソフト。

○カービィのエアライド
64版から復活を遂げたレースゲーム。
Aボタン1つでブレーキ・ドリフト・加速が出来ると言うお手軽さ。
モードも豊富で、今なお根強いファンが多い。

○新・光神話パルテナの鏡
25年ぶりのシリーズ続編であるアクションシューティングゲーム。
空中戦と地上戦、二種類の射撃を楽しめる。
何とシナリオは全て桜井氏が書いたとか。
それにより、女神パルテナや自然王ナチュレ等といったキャラ設定も声優への指示も全て氏が担当している。

○そだてて!ムシキング
架空の昆虫をイメージしたハイドラ同様にゲームデザインを手掛けたが、
たまごっちと紛らわしい不出来に終わってしまう。



追記・修正は上記を全て購入済みな方がお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/