先史遺産(遊戯王ZEXAL)

登録日 :2012/02/09(木) 15:15:52
更新日 : 2016/11/26 Sat 22:13:42
所要時間 :約 6 分で読めます




先史遺産(オーパーツ)とは、遊戯王ZEXALにてが使用するデッキのテーマである。
元ネタはオーパーツ。彼の有名な矢薙の爺さんが使っていたテーマである。
が、差別化のためかこちらは名前が全て英語読みのモノとなっている。
なお、かの有名な「アンティーク・ギア」もオーパーツが元であったりする。

そのモンスターのほとんどが岩石・機械族で占められているが、効果の関連性は一部のカードを除くとほとんど無い。
しかし関連性がない反面、各カードが汎用性に優れており、デッキを選ばずに投入できるカードも多い。

メインデッキのパーツの殆どはノーマルか字レアであり、純構築であれば非常に安く組めると言うのもポイント。
無論エクストラデッキにまで拘りだすと他同様高くなるが。

元々先史遺産-超兵器マシュ=マックのおかげで1ターンキルをしやすいデッキであったが、
ネブラ・ディスクの登場や相性のいいアーティファクトの登場により大躍進を果たし、
2014年前半に置いて環境トップデッキにまで上り詰めた。


【モンスター】


先史遺産マヤン・マシーン
星3/地属性/機械族/攻1500/守1200
機械族モンスターをアドバンス召喚する場合、 このカードは2体分のリリースとする事ができる。
機械族用ダブルコストモンスター。
ただし先史遺産に最上級モンスターはいないため、先史遺産でその効果が使われる事はほぼ皆無である。
候補としては雰囲気が近い上に属性や種族で共有でき、最上級モンスターを有する【古代の機械】か。
モデルはマヤの車輪付き土偶。


先史遺産ゴールデン・シャトル
星4/光属性/機械族/攻1300/守1400
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分フィールド上の全ての「先史遺産」と名のついたモンスターのレベルを1つ上げる。
モデルはコロンビアのシヌー遺跡から発掘された黄金シャトル。
このカードでレベルを調整してランク5以上のエクシーズ召喚を行う。
並べてる最中に効果発動のタイミングを間違えるとレベルが合わなくなってしまうため注意が必要。
アニメではこのカードのレベルをエンドフェイズ時まで1つ上げる事ができる効果だった。


先史遺産クリスタル・スカル
星3/光属性/岩石族/攻 900/守 600
自分フィールド上に「先史遺産」と名のついたモンスターが存在する場合、
自分のメインフェイズ時にこのカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。
自分のデッキ・墓地から「先史遺産クリスタル・スカル」以外の
「先史遺産」と名のついたモンスター1体を選んで手札に加える。
「先史遺産クリスタル・スカル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
先史遺産のサーチカード。
フィールドに他の先史遺産がいる時にしか使えないが、
アニメではサイバー・ドラゴンと同様の条件を持った特殊召喚モンスターで、デッキからクリスタルボーンを呼び出して来ることが出来た。


先史遺産クリスタル・ボーン
星3/光属性/岩石族/攻1300/守 400
相手フィールド上にモンスターが存在し、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚に成功した時、自分の手札・墓地から「先史遺産クリスタル・ボーン」以外の「先史遺産」と名のついたモンスター1体を選んで特殊召喚できる。
先史遺産の骨。
フィールドが空の時しか使えないが、通常召喚とあわせて一気に三体の先史遺産モンスターを並べられる。
ミニマム・ガッツを用いたワンキルの条件を満たすのに便利。
アニメではクリスタル・スカル同様の召喚条件で、手札・墓地からスカルを特殊召喚する効果持ちだった。


先史遺産コロッサル・ヘッド
星4/地属性/岩石族/攻800/守1600
墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、フィールド上に表側表示で存在するレベル3以上の攻撃表示モンスター1体を
表側守備表示か裏側守備表示にする事ができる。
墓地発動の月の書。本家月の書と違ってスペルスピード1なのに注意。
レベルを指定してるのはメタモルポットなどを使ったデッキ破壊ワンキルに使われないようにするためと思われる。
だがそのためエクシーズモンスターに一切干渉ができなくなってしまった。

先史遺産モアイ
星5/地属性/岩石族/攻1800/守1600
自分フィールド上に「先史遺産」と名のついたモンスターが存在する場合、
このカードは手札から表側守備表示で特殊召喚できる。
先史遺産のモアイ。
モデルは言うまでもなくイースター島のモアイ。そんな名前のバニラが昔あったって? 知ら管。
上級モンスターにしてはステータスが低いが、手札から簡単に特殊召喚出来る。
守備表示で出るため追加打点にはならないのでエクシーズ素材にしてしまおう。
自分の効果でレベルを上げたシャトルの横に特殊召喚すれば、マシュ=マックをエクシーズ出来る。
アニメでは表側攻撃表示のこのカードが戦闘で破壊された時、その破壊を無効にしてこのカードを守備表示に変更する効果だった。


先史遺産アステカ・マスク・ゴーレム
星4/地属性/岩石族/攻1500/守1000
自分のターンに自分が「オーパーツ」と名のついた魔法カードを発動している場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
「先史遺産アステカ・マスク・ゴーレム」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
特殊召喚出来る先史遺産。
ピラミッド・アイ・タブレットと組み合わせればゴリ押すこともできる。
アニメでは特殊召喚条件が通常魔法を発動したターンとかなり緩いものだった。


先史遺産トゥーラ・ガーディアン
星5/地属性/岩石族/攻1800/守 900
フィールド上に表側表示でフィールド魔法カードが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
「先史遺産トゥーラ・ガーディアン」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。
フィールド魔法があれば特殊召喚できる。
なければ当然腐る上にアドバンス召喚してまで出したいものではないため採用枚数は慎重に。


先史遺産マッドゴーレム-シャコウキ
星4/地属性/岩石族/攻1700/守1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の「先史遺産」と名のついたモンスターが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
先史遺産の遮光器土偶。
味方先史遺産全体に貫通効果を与える力を持つ。
アニメでは貫通効果を持っているのは自分だけだった為、OCGになって大幅に強化されたといっていい。
ちなみに攻撃名は「ジョーモンレーザー」。出る場所が場所なのでチクビームに見えると言うのは禁句だ!

先史遺産カブレラの投石機
星4/地属性/岩石族/攻 0/守1800
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上の「先史遺産」と名のついたモンスター1体をリリースし、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力をエンドフェイズ時まで0にする。
先史遺産の投石機。
相手の攻撃力を0にすると言う脅威の効果を持ち、マシュ=マックとのコンボで大ダメージを狙える
……が、その為のコストが重く、こいつ自身の攻撃力も0であるため使い辛い。
現在は後述のフォーク=ヒュークがいるため、恐らく出番はもう無いであろう……
アニメでは攻撃表示で無いと効果を使用出来なかったが、代わりに効果使用後守備になることが出来た。

先史遺産ソル・モノリス
星6/地属性/岩石族/攻 600/守 600
このカードがアドバンス召喚に成功した時、自分フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターのレベルは6になる。
この効果を発動するターン、自分は「先史遺産」と名のついたモンスター以外のモンスターを特殊召喚できない。

先史遺産ゴルディアス・ユナイト
星3/地属性/岩石族/攻 300/守 900
このカードが召喚に成功した時、手札から「先史遺産」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。
このカードのレベルはこの効果で特殊召喚したモンスターのレベルと同じになる。
先史遺産の結び目。
1枚でランク3〜6までのエクシーズが狙える優秀なカード。
ボーンが自己特殊召喚出来ない時に呼び出してランク3を作れるのは便利。
ただし通常召喚時に効果を発揮するネブラ・ディスクとの相性はいまひとつ。

先史遺産ウィングス・スフィンクス
星5/地属性/岩石族/攻1600/守1900
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地から「先史遺産」と名のついたレベル5モンスター1体を選択して特殊召喚できる。
この効果を発動するターン、自分は「先史遺産」と名のついたモンスター以外のモンスターを特殊召喚できない。
先史遺産のスフィンクス。
アニメではOCGモアイと同じ効果だった。

先史遺産モアイキャリア
星5/地属性/岩石族/攻 900/守1800
相手フィールド上にカードが存在し、自分フィールド上にカードが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
先史遺産のモアイ運びマシーン。
一見サイバー・ドラゴンと同じ特殊召喚条件に見える……がモンスターのみならず伏せカードやフィールドカードさえも無い本当にフィールドが空っぽである状態でないと出せないと言う問題がある。

先史遺産ネブラ・ディスク
星4/光属性/機械族/攻1800/守1500
このカードが召喚に成功した時、デッキから「先史遺産ネブラ・ディスク」以外の
「オーパーツ」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカードが墓地に存在し、自分フィールド上に存在するモンスターが
「先史遺産」と名のついたモンスターのみの場合に発動できる。
このカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分は「オーパーツ」と名のついたカードの効果しか発動できない。
「先史遺産ネブラ・ディスク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
OCGオリジナルのカードであり、先史遺産を一気にガチデッキに押し上げた立役者。
自分の効果でピラミッドアイタブレットをサーチ出来るためレベル4なのに2600打点として使用可能であり、サーチ効果と自己再生能力のおかげで次ターンの先史遺産エクシーズを簡単に行える。
流石のコンマイもエアーマンで反省した為か自己サーチが出来ない……と思いきや、自身の効果でスカルをサーチすることでデッキ圧縮しつつ間接的に自己サーチが可能。
自己再生効果を使った場合、先史遺産以外の効果を一切使えなくなるため隙だらけになり罠を踏みやすくなる……などと絶妙に壊れすぎないような調整をかけているが、それでもなお強力なパワーカード。
出したエクシーズモンスターも先史遺産でなければそのターンは効果を使えないため、相手ターンに牽制できるモンスターを出すといいだろう。
なお時々勘違いして裏側表示のモンスターがいるのに出す人がいるが、すべてのモンスターが表側表示の先史遺産でないと自己再生はできないのに注意。
池田くん曰く活発な運動部系女子

【エクシーズモンスター】

先史遺産クリスタル・エイリアン
ランク3/光属性/岩石族/攻2100/守1000
レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードが攻撃対象に選択された時、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このターン、このカードは戦闘及びカードの効果では破壊されず、
このカードの戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。
先史遺産のエイリアン。
攻撃された時に破壊されず、ダメージを相手に反射する能力を持つ。
ついでに効果耐性も得る……が普通効果で破壊する場合は殴る前に使うものなのであんま意味は無い。
アニメでは耐性効果は自分のターンに使用する起動効果だった。



No.6 先史遺産アトランタル
こっちも項目参照。

CNo.6 先史遺産カオス・アトランタル
ランク7/光属性/機械族/攻3300/守3300
レベル7モンスター×3
相手が受ける全てのダメージは0になる。
1ターンに1度、相手フィールド上のモンスター1体を選択し、
攻撃力1000ポイントアップの装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。
また、このカードが「No.6 先史遺産アトランタル」を
エクシーズ素材としている場合、以下の効果を得る。
●このカードのエクシーズ素材を3つ取り除き、
このカードの効果で装備した
「No.」と名のついたモンスターを全て墓地へ送って発動できる。
相手のライフポイントを100にする。
アトランタルがランクアップした姿。
相手のライフを100にするアニメ版の最強の地縛神のような効果を持っている。
ただし相手フィールド上のNo.を吸収しないと効果を発動できないため厳しい。
効果を発動したとしても発動ターン相手にダメージを与えられない。
まともに効果発動を狙う場合完全に相手依存になってしまうため狙って使う場合一工夫が必要になる。

No.36 先史遺産-超機関フォーク=ヒューク
ランク4/光属性/機械族/攻2000/守2500
「先史遺産」と名のついたレベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力をターン終了時まで0にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
また、自分フィールド上の「先史遺産」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールド上の、元々の攻撃力と異なる攻撃力を持つモンスター1体を選択して破壊する。
OCG初出の先史遺産。
ORUを使うことで相手のモンスターの攻撃力をゼロにすることが出来る。
この効果は相手ターンにも使えるので、相手の攻撃を牽制することも出来る優秀カード。
攻撃力ゼロのモンスターを破壊する効果もあるがこちらは自分のターンにしか使えずコストもやや重いためあまり使う事はないだろう。

【魔法カード】
先史遺産技術(オーパーツ・テクノロジー)
通常魔法
自分の墓地に存在する「先史遺産」と名のついたモンスター1体を選択してゲームから除外する。
その後自分のデッキからカードを2枚ドローし、その内1枚を選択して墓地へ送る。
先史遺産技術は1ターンに1度。
発動するターン「先史遺産」と名のついたモンスター以外は特殊召喚出来ない。
ドローソース。
強欲で謙虚な壺に比べると2枚しか見られない上にコストがあるが、
選択したカードを相手に晒す必要はなく先史遺産なら特殊召喚できる。
選択されなかったカードは墓地に送られるが場合によってはメリットになる。
両者のデメリットがやや重複するため相性自体はいい。

先史遺産-ピラミッド・アイ・タブレット
永続魔法
自分フィールド上の「先史遺産」と名のついた
モンスターの攻撃力は800ポイントアップする。
先史遺産の攻撃力を大幅にアップすることの出来る永続魔法。
シャトルやボーンがサイバー・ドラゴンと同じ2100になりネブラディスクは下級で2600になる。
ネブラディスクでサーチできるため複数並べれば暴力的な打点で押し切ることも可能。


先史遺産都市バビロン
フィールド魔法
1ターンに1度、自分の墓地の「先史遺産」と名のついたモンスター1体をゲームから除外し、
除外したモンスターと同じレベルを持つ「先史遺産」と名のついたモンスター1体を自分の墓地から選択して発動できる。
選択したモンスターを特殊召喚する。
墓地から先史遺産を蘇生させるフィールド魔法。
アニメでは古代遺産都市バビロンと言う名前だったが、OCG化に当たって名前が変わった。
墓地が肥え、手札が尽きてくる中盤から効力を発揮する。

深海の王国−サンケン・キングダム
フィールド魔法
水属性モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
レベル4以下のモンスターはフィールド上に表側表示で存在する「先史遺産」と名のついたモンスターに攻撃する事はできない。
現在OCG化はされていない。


先史遺産の共鳴(オーパーツ・レゾナンス)
通常魔法
自分フィールド上の「先史遺産」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。選択モンスターよりもレベルの1つ高い「先史遺産」と名のついたモンスター1体を手札から特殊召喚する。
現在OCG化はされていない。

パレンケの石棺
通常魔法
自分フィールド上に「先史遺産」と名のついたモンスターが存在する場合に発動できる。自分のデッキからカードを2枚ドローする。
現在OCG化はされていない。 

石の心臓
速攻魔法
自分フィールド上の「先史遺産」と名のついたモンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊できなかった時、そのモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターはこのターンもう1度だけ続けて攻撃できる。
現在OCG化はされていない。 

【罠カード】
先史遺産・レイ・ライン・パワー
通常罠
バトルフェイズ中に特殊召喚されたモンスターが戦闘を行う時、 特殊召喚されたモンスターと戦闘を行う相手モンスターの攻撃力を入れ替える。
現在OCG化はされていない。


ストーンヘンジ・メソッド
通常罠
「先史遺産」と名のついたモンスターが戦闘によって破壊された時、デッキからレベル4以下・岩石族の「先史遺産」と名のついたモンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する。


環状列石の結界(ストーンヘンジ・シールド)
永続罠
フィールド上の元々の攻撃力が3000以上のモンスター1体を選択して発動する。選択したモンスターの攻撃力を0にし、その攻撃とモンスター効果を無効にする。選択したモンスターがフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。
現在OCG化はされていない。

雷雲の壺(サンダーポット)
通常罠
自分フィールド上の「先史遺産」と名のついたモンスターが攻撃対象になった時に発動できる。その相手モンスター1体の攻撃を無効にし、バトルフェイズを終了する。このカードの発動と効果は無効化されない。
現在OCG化はされていない。


【相性のいいカード】

  • ゴルゴニック・ガーディアン
レベル3岩石族x2で出せるエクシーズモンスター。
ステータスこそ低いもののフリーチェーンで相手の攻撃力を0にし効果まで無効に出来る。

レベル5光属性x2で出せるエクシーズモンスター。
打点も高い上にフリーチェーンバウンスと言う物凄く相手したく無い効果を持つ。

  • サイバー・ドラゴン・ノヴァ、サイバー・ドラゴン・インフィニティ
現環境で猛威を振るう、強力なカウンター効果と吸収効果を併せ持つエクシーズ。
プトレノヴィインフィニティで出されることが多いが、先史遺産ではネブラ・ディスクとゴールデンシャトルの組み合わせで直に出すことができる。

環境上位にいた先史遺産を環境トップに押し上げたカード群。
神智モラルタムーブメントのぶっ壊れ出張セットが除去力を補い、
元々持っていたフォーク=ヒュークやゴルゴニック・ガーディアンによるフリチェ妨害力とあわせて物凄い嫌がらせパワーを発揮する。
光レベル5なのでシャトルとあわせてマシュ=マックやプレアデスを出しやすくもなる為相性は抜群。
ついでに方や古代の遺産達、方や伝説の武器達と見た目の雰囲気の相性もマッチしている。なんだこのパーフェクトコンビ。


【デッキとして】
下級によるビートダウン、エクシーズによるコントロール、マシュ=マックによる1ターンキルなどの多様な動きを行う事が可能なデッキ。

専用魔法であるピラミッド・アイ・タブレットの上昇率がかなり高いため、下級モンスターを使ってもハイビート並の打点を叩き出すことが出来る。
ネブラ→スカル→ネブラを繰り返す事でデッキを圧縮しつつ【除去ガジェット】のような動きも可能。

エクシーズを行った場合にはフォーク・ヒューク、ゴルゴニック・ガーディアン、セイクリッド・プレアデスの三種類の非常に優秀なフリーチェーン効果を持つものを出すことが出来、相手の動きを大きく牽制出来る。
特に相手ターンの妨害に優れる【アーティファクト】と混合するとその性能は更に高まり、妨害と牽制にかけてはビートダウンなのにコントロールデッキにも負けないだけの動きが出来る。
更にはビートダウンとしてもサイクロン6枚態勢になるため、先にバックを剥ぎ取りながら安心して殴る事が可能となった。

更にマシュ=マックによるワンキルの存在により、相手に迂闊に高打点を出させる事を躊躇することが出来る。
具体的に言うと2800を超える打点を出してしまうと攻撃力0化&マシュ=マックの攻撃だけで8000ダメージでワンキル。


ネブラディスクやアーティファクトの登場から2014年前半期には大躍進し、前年から居座り続けてた征竜とも戦えるような環境のトップデッキに。
だが第9期に突入した直後、テラナイトシャドールなどのぶっとんだ新規カテゴリが登場。
それらとの相性の問題か、一切弱体化されていないのに環境から消えることとなった。
2014年7月からは、さらに追い討ちのようにネブラ・ディスクが準制限に、組んでいたアーティファクトもモラルタが制限になったため、【アーティファクト先史遺産】は大幅な弱体化を強いられた。
しかし、2015年1月にネブラ・ディスクが無制限に復帰。さらにネブラ・ディスクとシャトルが機械族ランク5を簡単に可能にするため、今度はサイバー・ドラゴンと組んで【サイバー先史遺産】が成績を残している。
最新鋭の科学兵器と超古代の遺産が強いシナジーを発揮して活躍する姿は、不思議な印象を与えるものである。



追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/