リンク(ゼルダの伝説)

登録日 :2009/11/07(土) 17:03:49
更新日 : 2017/07/05 Wed 23:57:20
所要時間 :約 16 分で読めます




ゲーム『ゼルダの伝説シリーズ』の主人公。タイトルは「ゼルダの伝説」だが主人公。
つまり、 手柄を横取りされt
実はリンクというのは初代ゼルダの伝説と、続編であるリンクの冒険の主人公の名前であり、作品によってはデフォルトネームになっていたりなっていなかったりする。
もっとも一般のイメージがリンクで定着しているので主人公=リンクで良いじゃんと言ってしまえばそれまでだが。

詳細な設定は作品毎にかなり異なるが、基本的に緑のぼうしと服で、剣と盾を標準装備、左利き(トワイライトプリンセスのWii版、スカイウォードソードでは右利き)。
剣はマスターソードを使うことが多い。
また弓矢など冒険の途中で手に入れたアイテムも使いこなす。
主人公ゆえ台詞は喋らないが、近年の作品では会話の選択肢が豊富なので無口という程でもないようだ。

世界滅亡の阻止やゼルダ姫の救出のため、ガノンドロフなどの敵と戦う。
3D作品では最終的に勇気のトライフォースを受け継ぐ。

作品ごとに子供か大人(青年)かの違いがあり、2D作品では子供、3D作品では大人の傾向がある。
子供はショタ、大人はイケメン。
トゥーンリンクについても参照。

元々小さな少年が魔王を倒すというコンセプトの基、生まれたキャラなのでシリーズ的には子供リンクが主役のことが多い。
ただし64以降のヒット作では青年リンクが主人公なのが基本なため、作品を指定しないイメージイラスト等では青年姿で描かれることの方が多い。

一般的なRPGのように経験値を溜めて強くならず、スペックは武器防具の装着やハートのかけら/器を手に入れることによって増強する。

また序盤では扱えないことが多いが、魔力もある。
ただし『トワプリ』以降の作品はリンク以外の同行者や重要人物が魔法担当のことが多く、魔法も使わないリンクも年々増えてきている。

ジャンプ力はせいぜい段差や隙間を越える程度と思われがちだが、青年リンクの身長は時のオカリナ基準では170cmそこそこはあり、 盾等を背負った状態でも自分の身長並に垂直跳びをする ので、
身体能力も相当に高いと言える。
その他乗馬、山登り、スカイダイビング、水泳などもそつなくこなす。さすが主人公。

ジャンプ力や運動能力が低そうというイメージがついたのは、「時のオカリナ」での大人リンクが子供時代よりも足が遅かったことや、
同じく任天堂キャラの看板であるマリオやピカチュウとの対比、それにスマブラのイメージが大きいと思われる。



~作品ごとの設定~

※「風のタクト」「4つの剣」「ふしぎのぼうし」「夢幻の砂時計」「大地の汽笛」はトゥーンリンクを参照。


ゼルダの伝説

12歳。旅の途中で魔物に襲われていたインパを救った事から、ガノンを倒してゼルダ姫を助ける冒険に出る事に。
最強の剣はマスターソードではなくマジカルソード。


・リンクの冒険

前作と同一人物。
16歳の誕生日に、左手の甲にトライフォースの紋章が浮かび上がり、インパから渡された古文書で勇気のトライフォースの存在を知り、それを探す旅に出る。
武器は剣と盾のみだが、8種類の魔法が使えるようになった。


ゼルダの伝説 神々のトライフォース

おじさんと二人暮らしをしている。おじさんの遺志を継いでゼルダ姫を助ける冒険に出ることに。
おじさんはエンディングで、「ゼルダ姫はお前の…」などと何か言いかけたが、それはいまだに謎である。


・セルダの伝説 神々のトライフォース2

CV:斎賀みつき
鍛冶見習いの少年。
トライフォースの力により、壁画に変身する腕輪を手に入れる。
「神トラ」のはるか未来の時代だが、「神トラ」リンクの自宅と同じ場所に一人で暮らしている。
家の中に「ムジュラの仮面」を飾っており、同作リメイクの伏線では?と囁かれていた。


ゼルダの伝説 夢をみる島

嵐に巻き込まれ、謎の島コホリント島に流れ着く。 神々のトライフォースと同一人物 の設定(ハイラル百科で設定変更される前まではふしぎの木の実とも同一人物だった)。
島から出るために「風のさかな」を目覚めさせることになるが…。
ちなみに、村の店の品物を万引きすると呼び名が 「どろぼー」 に変わるという小ネタがある。
さらにノーコンティニューにクリアするとEDが少し変わる。
カラー専用の『夢を見る島DX』があり、服のダンジョンが追加された。ダンジョンをクリアすることで力の『赤の服』もしくは守りの『青の服』を手に入れられる。


ゼルダの伝説 時のオカリナ

CV:瀧本富士子/檜山修之(7年後)
当初はコキリの森で唯一妖精を持っていない子供だったが、ナビィと共に旅立つ。

マスターソードを手にすると七年の時を越え大人になる。
体が成長しただけでなく、いつの間にか耳にはピアス、両手にグローブ(篭手?)、そして白のタイツを着用している。服やブーツのサイズにつっこんではいけない。
そしてメガトンハンマーを使える勇者王でもある。

さらに幼なじみ、牧場主の娘、ハイラルの姫、ゾーラの姫、盗賊の女首長などに面識のある一級フラグ建築士でもある。

実は母親はハイリア人で、コキリの森に逃げ込んだ。
リンクの耳が尖っているのも、彼がハイリア人であるため。別名『時の勇者』。

また、トワイライトプリンセスに登場する、リンクに奥義を授けてくれる骸骨騎士は本編でのリンクの先祖であり、
ガノンを打ち倒して元の時代に帰ってきた時のオカリナおよびムジュラの仮面のリンク本人であることがゼルダ大全にて明かされた。
風のタクトへと続く時間軸では時の勇者として名を残せたが、元の時代においては長らく平和な時が続いて歴史に名を残せず、
有事に備えて鍛えてきた技も後世に託せなかったことが心残りだったらしい。

子孫であるリンクが牧童としてそれなりに馬等を保有していることから、
ハイラル唯一の牧場であったロンロン牧場に世話になって婿養子にでもなったのではないか?と度々話題になったりするが、公式にこれといって言及がある訳ではない。

余談だが、担当した声優は二人とも本作の前に『勇者』の役をそれぞれ演じていた実績がある。


ゼルダの伝説 ムジュラの仮面

CV:瀧本富士子
時オカの子供時代のその後。
いなくなったナビィを探しに冒険へ出るがスタルキッドに呪いを掛けられ、エポナを奪われ、さらには知らない街に辿りつく。
今回はお面を被ることにより変身したり、特殊能力を身につけたりしながら進んでいく。
時のオカリナから半年経過し、メモリー拡張パックのおかげでジャンプ時にアクロバティックな飛び方を披露したり随分成長している。


ゼルダの伝説 ふしぎの木の実(大地の章/時空の章)

経緯は不明だが、トライフォースの試練によってホロドラム(大地)、もしくはラブレンヌ(時空)に降り立った少年。
上で述べたとおり、『神トラ』『夢をみる島』と同一のリンク。
…とされていたのだが、『ハイラル百科』でふしぎの木の実の時系列が『夢を見る島』より後の時代に再設定されたため、別人設定に変わった模様。

大地の巫女ディン、もしくは時の巫女ネールを救うため、
その力の一部を使用できる『四季のロッド』、『時の竪琴』と、不思議な能力を秘めた『ふしぎの木の実』を駆使して冒険することになる。
ヒロインの立ち位置にディン、ネールがいるため、タイトルに名前がある以外ゼルダ姫が完全に空気。
一応大地の章、時空の章でデータをコンバートし、真のEDにいった場合は出てくるが、リンクとの関連性は不明。
そしてまさかのマカの木とフラグを立てる珍しいリンク。
(時空の章のマカの木は少女の性格を有しており、過去の世界で自分を助けてくれたリンクに好意を抱いている。見た目も可愛い。木だけど)

【大地の章】
目覚めて最初に出会った踊り子の女性、ディンが暗黒将軍ゴルゴンに攫われ、その後周囲の四季がおかしくなってしまう。
ホロドラムの守護者であるマカの木にディンがホロドラムの四季を守護する大地の巫女であり、彼女が封印されたために四季が狂ったことを知ったリンクは、
マカの木に四季の混乱によって失われた『大地の理』を取り戻してディンを救うことを依頼され、
途中で手に入れた四季を自在に操る『四季のロッド』を手に、冒険に出る。

【時空の章】
飛ばされた先で出会った歌の上手な女性、ネールが闇司祭ベランにその身体を乗っ取られ、その後あちこちでタイムパラドックスが発生し始めた。
ネールはラブレンヌの時を守護する時の巫女だったのだ。
その上、ベランが乗り移ったネールに唆された過去の女王が巨大な塔を建築しようとし、住民は夜のこない世界でひたすら重労働に駆り出されてしまう。
飛ばされた過去で助けたラブレンヌの守護者たるマカの木に、リンクは時間の混乱で失われた『時の理』を取り戻すことを依頼され、
途中で手に入れた過去と現代を行き来できる『時の竪琴』を持ち、冒険に出る。



ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス

CV:笹沼尭羅
トアル村に住む青年。幼馴染みのイリアが魔物にさらわれたことが冒険の始まり。
16歳そこそこの若さで他に親族も見られないにも関わらず、結構な数の馬を所有している牧童で、
歴代の中でも地味に資産を持っている。
ハイラルで唯一の牧場と言えば、太古のロンロン牧場だけだったため、あそこの子孫じゃないか等といった推察をされることも。

服はトワイライトから帰還した際いつの間にか着替えられていた。
この作品では魔力が無いが、代わりに古の勇者が生涯かけて研究した剣技を継承したため、
剣技はシリーズ屈指の多さで修得している。
馬上、水中でも剣を使えるほか、走りながら足を止めずに剣を振り回すこともできる。
シナリオ中で怪力を見せ付ける場面もあり、このせいか「脳筋」「ゴリラ」などと呼ばれることも…
別名『光の勇者』
声優が笹沼尭羅氏に変わったため、通称「笹沼リンク」
グゥゥレイトォォ! とか言わない。


ゼルダの伝説 スカイウォードソード

CV:大原崇
空に浮いている島スカイロフトに住んでいる。今回のリンクは騎士学校の生徒である。嵐に巻き込まれて大地に落ちたゼルダを探しに冒険に出る。
リンクのロフトバードだけは、既に絶滅した筈の紅族と呼ばれる稀少な種族であり、そのことやゼルダとの関係から疎まれることもあった。
冒頭から美少女の幼なじみとイチャライチャラするリア充。
かつ壁を駆け上がったりダッシュができるなど運動能力は歴代最高で、相手のガードの隙間を突くなど剣の腕もいいという完璧超人。
最初のうちは、儀式玄人の変質者から「剣の性能に頼っているだけ」と扱き下ろされたり、
実戦慣れしたシーカー族のインパから叱責を受けることもあったが、数々の試練を乗り越え、真のマスターソードに相応しい騎士へと成長していく。
まだ伝説が残ってないので、『女神の騎士』などと呼ばれる。
溶岩があるステージで溶岩に落ちると……

本作でもスタート直後は普段着で途中からおなじみの緑の服に着替える。
旅に出るにあたって校長が騎士の制服をプレゼントしてくれるのだが、緑なのは「その年の色が偶然緑だった」ため。この時から運命づけられていたとも言えるか。


ゼルダ無双

リンク

CV:梶裕貴
ハイラル王国の訓練兵としてスタートする。
既に『光の勇者』の伝説が遠い神話の出来事と化しているので、(正史に含むならば)ゼルダ史の中でもかなり新しいリンク、ということになる。
この時代緑の衣は王家から勇者に相応しい人間に渡すものとなっているのだが、
既に訓練兵なんて次元ではない強さの彼は、魔物の軍勢にゼルダ姫が自ら指揮をとって迎え撃っている戦場に飛び出し、早速無双を始める。
歴代リンクの剣技を模倣しているため多彩な剣技を披露し、ゲームの仕様上他のキャラもそうなのだが、
「もうあいつ一人で良いんじゃね?」という状態へ。
作中、マスターソードが強力過ぎる余り慢心して反省するイベントもあるが、
モノローグで「自分の力など微々たるもの」などと言われても、どこがやねんと突っ込みたくなること請け合い。

本作でも本命のお姫様も美少女魔導士達も屈強な女剣士と、ゆるふわ電波系やらお魚の嫁やら電波ちゃん曰く猫ちゃんも居たりと、
綺麗どころだらけのハーレム状態。何とも羨ましい。
ただし、赤い糸で結ばれてる金属様美少女ストーカーやら奇天烈なのも混じっている。

余談だが担当声優は本作の前に訓練兵の役を……またか!


こどもリンク&鬼神リンク

CV:瀧本富士子/檜山修之
追加DLCにてムジュラ版が登場。
その可愛い仕草と容姿によって新たな目覚めを向かえたプレイヤーも多いという。
コキリの剣が普通の大人用の剣ばりに巨大化しており、ドラゴンころしでも振り回す、
というかコキリの剣に振り回されかけているかのような重さのある剣戟と、子供リンクらしい軽快な挙動が特徴的。
しかし、何と言っても必殺技や魔力解放時等に被る 鬼神の仮面 の力が強力。
ムジュラの仮面時を思わせる、通常攻撃でも斬撃の衝撃波による中距離攻撃も乱発しまくる凄まじいリーチと隙の無いモーションで敵を蹂躙する。

必殺技ではスタルキッドと妖精2匹も友情出演を果たし、何故か鬼神リンク目掛けて月を落として来るのだが、
鬼神リンクは 月を真正面から真っ二つに斬り割く

余談だが、鬼神リンクの声を檜山氏にして本作のリンクと区別し易くした点も、ファンから大いに評価されている。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

時系列は発売時点では不明。
ムービーシーンにボイスを導入した影響か名前変更は不可。
今回のいつもの緑装束ではなく、青色の服を着ている。


見た目は相変わらずのイケメンで老若男女、人・人外か問わずにモテる。そして豪快に料理もこなす。
百年前は数々の重圧から寡黙な性格になってしまい、感情を表に出さない彼にゼルダは戸惑っていたが、目覚めた後のリンクは社会のしがらみから解放され、やたらノリノリ。
ある事情から女装(しかも結構似合ってる)をする場面もあり、その状態で男に話しかけると惚れられる。大きなお友達やお姉さまの間で大変な話題となっている。ちびっこの性癖が歪まないか心配である。

作中度々伝説の勇者扱いされ、実際にそれにふさわしい実力も取り戻していくが、歴代とはまた冒険の様相は異なる。
本編での彼はと言えば、まさに蛮族。
本作では武器が壊れてしまうため、静かに談笑する魔物の団欒を放火やヘッドショットで破壊して殲滅し、武器を分捕りアイテムを掻っ攫うのが基本的スタイル。
怪物達を蹂躙する暴力、如何にアイテムを使い潰し強奪するか練る悪知恵、代用品やまだ見ぬ宝を求める飽くなき蛮勇。ある意味でトライフォースの条件を満たしている。
ゲームの自由度の高さから、ダンジョンの仕掛けを鬼のようなゴリ押しで通過したり、
森に火を放ち山火事を起こしたり、村人が大切にしている木を爆撃したり、女の子に裸で話しかけたりとまさにやりたい放題。
ノリノリで蛮族ライフをエンジョイしている姿はなかなかにシュールなものがある。
(もっとも今作は序盤から当然のように数で押してきたり、ほぼ即死火力の攻撃を仕掛けてくる敵がそこら中にいるので、そうせざるを得ないというのが実情だが)


~大乱闘スマッシュブラザーズ~

初代スマブラDXスマブラXスマブラforの全ての作品で初期プレイヤーキャラとして参戦。

近年こそ巧みで豪快な剣術によってゴリゴリ無双するリンクだが、
昔からの多種多様な武器で器用に戦うイメージを重視したのか、元祖剣士系キャラながら武器が多い。
長所は剣による攻撃力、リーチ、当たり判定の強さと剣士系キャラとしては豊富な飛び道具を持つ。
短所は原作準拠かフットワークが全体的に少し鈍く、武器による攻撃の発生やモーションが遅め。
それ故、高機動キャラとの戦いではこちらの攻撃が当たりにくく回避されやすいので、相手の癖を読んで確実に攻撃を当てていきたいところ。
それ以外はDXまでのスマブラキャラとしては割と平均的なスペックのキャラクター。


ブーメランや爆弾、弓矢で遠距離にも対応するが、威力は少し低めで基本的に牽制向け。
連射性能は低い為とりあえず撃っていれば良いというものではなく、繰り出すタイミングを見極めたり飛び道具同士やリンク本体と連携することが大事。
掴みはフック/クローショットで、DX以降は空中でも使用でき、相手を掴むことはできないが、
DXでは壁に(失敗するとしりもち落下の上けっこうシビア)、X以降では崖にも突き刺せる。
地上版は他のワイヤー掴み系キャラと比べても隙が大きいので相手の隙や不意を突く必要がある。
空中版は着地隙が無いor小さく、リーチも長いため牽制に便利。
forではダッシュ攻撃が変更され、スマッシュ攻撃にもひけをとらないふっとばし力を誇るがモーションと判定が食い違っている(現在は修正済)。
アップデートが入るたびに弱体化(と気休め程度に強化)されていたが2015年6月ついに大幅強化。
詳細は割愛するが勇者が様々な大会で名を轟かせる日もそう遠くないのかもしれない。

外見及び声優は初代とDXでは時オカ、Xとforではトワイライトプリンセスに準拠。(XはWii版原作と違い左利き)
ちなみにXからは色換えでダークリンク風カラーとトワプリのマジックアーマー風カラー、
forからはムジュラでの鬼神カラーとスカイウォードでの私服カラーが追加された。
またDXではこどもリンク、Xではトゥーンリンクが参戦している。全体的にリンクより攻撃力が低いが逆にフットワークが軽め。

ちなみに星になった時の悲鳴は原作で高所から飛び降りた時のもの。 

B:弓矢
弓矢で攻撃。溜めることによって飛距離と速度、威力が上がる。
初代ではブーメランなので存在しない。
X以降は勇者の弓になり速度が大幅に増した。
DXのこどもリンクは炎の矢で炎属性で最大溜めの威力は低くなっているが最低溜めは高め。
トゥーンリンクの弓矢はリンクより速度が緩やか。

B↑:回転斬り
地上では出だしに強い判定が、空中では上昇しながら連続で攻撃。
体重によって上昇力が異なる。メタルだと悲惨。
X以降は地上では長押しで溜められる。ただし、一撃のふっとばし力とジャンプ力は落ちてしまった。
トゥーンリンクとこどもリンクは地上でも連続ヒットする。

B→:ブーメラン
ブーメランで攻撃。スティック入力すると飛距離が伸び、ある程度上下に投げられる。
行きは何かに当たるとその時点で返ってくるが、帰りはキャッチしないと通過、障害物も貫通する。またキャッチ時に動作をしていないと掴むのに隙が生じる。
ちょっと特殊な事をするとリンクが大ジャンプする。
初代ではニュートラル必殺技。

X以降は疾風のブーメランで、帰りに攻撃の当たり判定がないかわりに、敵やアイテムを引き寄せる。
ブーメランの復路を自機の位置や反射で調整し、そのブーメランの判定を駆使しながら誘い込む。
爆弾等の武器やリンク自身も利用した2~3方向同時攻撃で相手の動きをコントロールしてこそ真価を発揮する。
という感はあったので、ブーメランのスピードが明らかに落ちたことも相俟って「攻撃の重要な起点が喪失した。リンクが大幅弱体化した要因」ともされる。
何より、引き寄せ効果はトリッキーなプレイに一役買うことはほぼ無く
「スマッシュホールド *1 した敵を自分の方へ引き寄せて無駄に窮地に陥る。墓穴を掘る為に存在するような必殺技」
などという酷評も多い。

B↓:爆弾
爆弾を取り出す。投げて当たるか一定時間経過で爆発。威力は控えめだが爆風は自分も食らってしまう。
アイテム扱いなので他のアイテムを持っている時は使えず、また床に置かれた場合は他のプレイヤーも拾う事ができ、時間差攻撃の起点にもなる。
forでは相手に当てて爆発した時は自分が食らう事がなくなった。
トゥーンリンクのバクダンはカタカナ表記でデザインや爆風のエフェクトが異なり、攻撃判定が連続ヒットだったり爆風の範囲が見た目以上に広め。

ハイリアの盾
DX以降は右腕に装備している盾に飛び道具が当たるとある程度の大きさまでならガードすることができる。しゃがむことで少しは防ぎやすくなる。
とはいえ、前方以外に対応していないため実用性は乏しいが。シールドの耐久値が気になる時や魅せプレイする時等に活用できるかも。
forではさらに強化され、シールドで防御するよりも早く動ける上に動きさえしなければサムスの最大溜めチャージショットすら防いでしまう。
トゥーンリンクも同じ事ができるが、リンクと違い微速移動以外では防げない。

最後の切りふだは「トライフォースラッシュ」。
最初に手から発する光が相手に当たるとトライフォースで封じ、メッタ斬りにして最後に突きで吹っ飛ばす。威力は高めだが、初撃の光が当たらなければ不発になる。
光の射程は終点の端から端より少し短いぐらい。発動時に相手が目の前にいるとひるんで当たりやすくなる。
ちなみに捕捉した相手以外のプレイヤーが巻き込まれてもある程度はダメージを与える。
発生が遅い訳ではないので、残機を競い合うストック制ではなかなか強力なふっとばし攻撃として機能する。
ただし、得点を奪い合うタイム制では、リンクが吹っ飛ばした敵を他の敵に掻っ攫われることもあるので使い所に注意したい。
トゥーンリンクはリンクよりリーチが短くなっているが、エフェクトが違う事以外は性能はほぼ同じ。


また、ソウルキャリバーⅡ(GC版)にも参戦した。
ハイラルが暗黒に染まった原因であるソウルエッジを破壊するためだとか。

スマブラ同様飛び道具を使え、剣によるラファエルクラス(彼よりちょい短いが)のリーチも併せ持つ扱いやすい初心者向けキャラクターである。
PS2版の三島とは大違い。

またゼルダの伝説が人気のアメリカではGC版が一番売れた。



ゲームセンターCXにおいて有野課長が『神々のトライフォース』に挑戦。
そのさい、元AD東島がいたことから 「でもどり」 の名前を与えられてしまった。

ちなみに『時のオカリナ』をプレイした時には 「ありのかちょう」


ちなみにリンクの利き手が左手と上にあるが、wii作品では 右利き である。
これはWiiリモコンによる操作の際に、プレイヤーと同調性を持たせるため。

…なのだが、今までのリンクが左利きであったため、それがリンクというキャラを表すアイデンティティであると見て、右利きリンクを受け入れない人もいる。
トワイライトプリンセスに関しては、建前上はGC版はミラーモードということになっているが、公式イラストなどでは左で剣を持っていることの方が圧倒的に多い(パッケージイラストすら左…)。
WiiU版ではパッド操作となるためか改めて左利きとなった。





追記・修正はマスターソードを抜いてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/