クッパ(マリオシリーズ)

登録日 :2011/09/24(土) 13:59:07
更新日 : 2017/04/09 Sun 20:54:32
所要時間 :約 8 分で読めます




任天堂が生み出した大ヒット作、マリオシリーズの登場人物にして、マリオの永遠のライバル。
「大魔王クッパ」の異名を持つ。
マリオの初代ライバルといえばドンキーコングだが、今ではドンキーを差し置いてマリオのライバルキャラとしてのポジションを確立している。
一度だけルイージと戦ったこともある。
ジャンルがアクションの時は大抵ラスボスとして登場。
また、最近はほねクッパという派生キャラも登場した。


■人物
容姿としては、ノコノコを巨大化させ凶悪にしたような感じ。甲羅にはトゲが生えており、頭には立派な鬣と角がある。
身体は細かく硬い鱗に埋め尽くされており、両手には鋭い爪が、口には牙が生え揃っていて、
比較的可愛らしいデザインの敵キャラが多いマリオシリーズの中では初代の頃から恐ろしいモンスター(?)の外見をしている。

初登場の頃からキノコ王国のピーチ姫を拉致監禁し、それを助けに来るマリオと戦っている。
ピーチを誘拐する理由として「自分のかけた呪いを解く力をピーチが持っているから」という設定があったが、最近ではなかったことになりかけている。
今では「それが自分の役目だから」ということで落ち着いている。
初めての戦いで負けた時にマグマの中に落ちて行ったが、それ以後も何度も蘇り、
相変わらずピーチを誘拐したり他の国を侵略したりして、その度にマリオに邪魔されている。
昔はマリオにハンマーを投げて攻撃したり砦に影武者を置いたりしていたが、最近はそういった戦法をとるところはあまり見られない。
大概は自分で仕掛けた罠や仕掛けを逆に利用されて負けている。

まあ上記の性格を見ればわかると思うが、悪人一辺倒でワガママなだけというわけでもなく間の抜けた部分があるキャラクターである。
後述する息子や部下の数々から慕われているなど人望もあり、基本的にクッパ軍はアットホームで仲良し。

嫁については一切描写がないが、スーパーマリオブラザーズ3及び『スーパーマリオワールド』では七人の子供 *1 が登場する他、
別作品でも度々実の一人息子であるクッパJr.なるキャラも存在する。
新ハードであるNintendoSwitchの公式動画では、ゲームをやりすぎる息子に頭を悩ませたりする父親らしい部分が描かれている。
ここまでユーザーに親しまれている悪役というのもなかなか珍しいだろう。

側近にカメックを従えていることもあり、赤ちゃん時代のベビィクッパの頃からお世話になっている。

■スマブラでのクッパ
初代スマブラ拳のランキングで続編で参戦してほしいキャラクターぶっちぎりの第1位であり、満を持してGCのスマブラDXから参戦。
外見通りの重量級タイプで、全キャラでパワーやふっとびにくさはトップクラス。
しかし、重量級の宿命かスピードは全キャラでも鈍重で攻撃の発生速度や直後の隙が大きく体格も大きいためサンドバッグにされがちという弱点があり、
全キャラでワーストクラスの地位という残念な性能に...。
ギガクッパについては項目参照。

続くスマブラXでも引き続き登場。今回は最後の切りふだで一時的にだが、ギガクッパの状態でも操作できるようになった。
性能はDXに比べて大分改善され、まだまだ初心者向きとは言い難いが最弱キャラと言う汚名を見事返上したと言えるだろう。
地味に横必殺技が変更されている。

そしてスマブラforでも発表してすぐに続投が確定。
昨今のイメージに合わせて従来と比べて立った姿勢になりダッシュや横スマッシュなど動作が全体的にアグレッシブになり桜井氏曰く手強いキャラになった。
実際に性能はXからさらに改善され長年シリーズで弱キャラの地位に甘んじてた頃を感じさせないほどに扱いやすくなり、初期の頃ではタイマン最強ではと言われたことも。
後のアプデで横必殺技での相手を道連れした時は自分が先にミスする判定に調整された。


■シムシティでのクッパ
SFC版のシムシティでは原作のゴジラに代わって東京に出現。街を破壊する。
また、一般マップでも公害が酷いと出現する。



余談だが、彼の名前の由来は当時のスタッフの一言で付けられたという説が有力。
「焼肉屋でクッパ食いてぇ~」
「それだ!」
……ただし、宮本茂氏はこの発言を聞いた時、クッパを焼き肉だと勘違いしていたらしい(実際のクッパはお粥)
スタッフの発言によっては、名前はビビンバだったかも知れない。


また、アメリカではクッパ(Koopa)という呼称はクッパ大魔王様の個人名ではなく カメ一族全般の種族名 になっており、
特に普遍的なカメ族であるノコノコ(Koopa Troopa)のことを指すことが多い。
アメリカでのクッパ大魔王の名前はBowser(バウザー)。
この名前は元々は英語圏の名前のひとつであり、他にも飛行機用の大型給油機や給水タンク(同名のメーカーが由来)、
アメリカ俗語で番犬(こちらは同名の番犬が出てくる昔のディズニー映画が由来)の意味があったりする。
なお、海外でもフルネーム表記では「(King) Bowser Koopa」とクッパの名前自体はちゃんと入っており、
コクッパ7人衆やクッパJr.のフルネームにも「Koopa」の名前は入っていて一種のファミリーネームのような扱いになっている。






ワガハイの、グレイトな追記・修正を見せるときが、来たようだな!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/