交響詩篇エウレカセブン

登録日 : 2009/08/30(日) 22:16:57
更新日 : 2017/09/16 Sat 16:34:28
所要時間 :約 7 分で読めます





ねだるな、勝ち取れ


さすれば与えられん




2005年4月から2006年4月にかけて放送されたアニメ。全50話。

OP:1.DAYS/FLOW
2.少年ハート/HOME MADE 家族
3.太陽の真ん中へ/Bivattchee
4.sakura/NIRGILIS

ED:1.秘密基地/高田梢枝
2.FLY AWAY/伊沢麻未
3.Tip Taps Tip/HALCALI
4.Canvas/COOLON

バンナムとボンズが中心となり展開しているメディアミックスプロジェクト、『Project EUREKA』の作品の1つ。
反政府組織『ゲッコーステイト』側からの視点で描かれる。

「王道は全部やろう」という方針の下、様々な作品からのオマージュが積極的に取り入れられている。

作画──特に戦闘描写についての評価が非常に高いが、OP3の出来だけDVDで修正されるほど酷いものになってしまった。

日曜朝7時枠で放送されていたが、子供にはキツすぎる描写も多い。


◆舞台
人類が地球を離れ、果てしない宇宙の旅の末に辿り着いた惑星『約束の地』が舞台。
地球との違いは大小様々なものがあるが、後述の『トラパー』と『スカブ』の存在が特に大きな違い。


◆用語
〇トラパー(トランサパランス・ライト・パーティクル)
大気中に存在する粒子。『コンパク・ドライヴ』という装置を用いることで電気を取り出すことができ、化石燃料の無いこの星で暮らすためには必要不可欠なもの。
高濃度のトラパーは有害。

〇スカブ(スカブ・コーラル)
大地を覆う珊瑚のような物質。頻繁に地殻変動を起こしており、それを抑制するため各地に巨大な塔やパイルバンカーが打ち込まれている。
トラパーの源泉。
実は知的生命体であるという説がある。

〇リフティング
通称「リフ」
トラパーの波に乗ることで行う、空中でのサーフィン。この世界で絶大な人気を誇るスポーツ。

〇LFO
地下で発掘される人型の鉱物「アーキタイプ」に様々な装甲を追加したロボット。変形機構を有するものもある。
これでリフをすることも出来るが相当なセンスを要求されるため、軍用のものなどはCFS(コンパク・フィードバック・システム)を搭載することで操縦し易くしている。CFS搭載機は『KLF』と呼ばれる。
戦闘で活躍する本作の花形。板野一郎お墨付きのアニメーター「村木靖」が描いたその戦闘はまさに板野サーカス


◆ストーリー
辺境の町「ベルフォレスト」に住む少年レントンにとって、この世界は“最悪”で満ちていた。トラパーの大量発生による大災害『サマー・オブ・ラヴ』から世界を救った英雄アドロックの息子でありながら成績は悪く、大好きな姉のダイアンは失踪し、祖父のアクセルは「家業を継げ」と口うるさく、あらぬ妄想を繰り広げてニヤけては女子達からキモイと言われる始末。おまけに、お気に入りのスポットが軍の演習場にされたことで大好きなリフも出来なくなってしまう。
そんなレントンの下に、世界最古のLFO『ニルヴァーシュ type ZERO』と美少女エウレカが現れる。この出会いに胸をときめかせるレントンだったが、これは2人の歩む遙かなる旅路の序章に過ぎなかった…


◆登場人物
【ゲッコーステイト】
最新鋭巡洋艦『月光号』を駆る神出鬼没の空賊。
雑誌『ray=out』を独自に出版し、政府が隠蔽していることを大衆に啓蒙している。リフのカリスマ集団でもあり、「金稼ぎのためのリフはしない」というポリシーを持つ。

レントン・サーストン
(CV:三瓶由布子)
主人公。14歳。
将来に不安を抱きつつ、勉強よりもスポーツが好きな普通の少年。年相応にエロいが、エウレカに対する想いは真剣。
周囲から『レントン』個人ではなく、『英雄アドロックの息子』として見られることを不満に思っている。序盤では子供染みた発言や行動が多かったが、家出の一件で一回り精神的に成長。終盤では16歳になり、凛々しい顔つきの男前になった。
リフの才能はあるようで、初めてまともな波に乗った際に大技「カットバック・ドロップターン」を成功させた。LFOに関してもエウレカ以上の素養を有する。
愛機『ニルヴァーシュ type ZERO』

〇エウレカ
(CV:名塚佳織)
ヒロイン。
青竹色の短髪と金色の首輪が特徴の美少女。かつてはホランドと共に特殊部隊S・O・Fに所属しており、その時出会った3人の孤児を自分の子供として育てている。
当初はホランドにしか心を開いていなかったが、レントンに出会ったことで変わっていき、最終的にはバカップルへ…
愛機『ニルヴァーシュ type ZERO』

余談だが、2人の中の人はNHKアニメ『だぁ!だぁ!だぁ!』でも同じ役回りを演じていた。見比べると、その成長振りが伺える。

〇ホランド ・ノヴァク
(CV:藤原啓治)
ゲッコーステイトのリーダー。29歳。
世界的に有名なカリスマリフボーダーであり、元塔州連邦軍特殊部隊S・O・F第1小隊隊長。長年の実戦経験の中で培われてきた戦闘指揮、リフ、白兵戦、LFO戦の能力はどれも一流。普段はおちゃらけているが、急時には冷酷な判断を下すことも。
一方で非常に子供っぽいところがあり、よくタルホに指摘されていたが、彼女が妊娠してからは精神的に成長した。
愛機『ターミナス type R909』『ターミナス type B303 デビルフィッシュ』

〇タルホ・ユーキ
(CV:根谷美智子)
操舵士。26歳。
『ray=out』のトップモデルで、ホランドの恋人でもある。後にホランドの子を身篭もり、操舵士の座をムーンドギーに譲る。


【塔州連邦軍】
〇ドミニク・ソレル
(CV:山崎樹範)
統幕本部情報7課所属。小尉→特務大尉。
イケメンの20歳。
アネモネの世話係であり、彼女に惚れている。どんな罵倒や暴行を受けてもその気持ちを揺らすことがないドM。ある一件で敵同士でありながらレントンと友達になる。

〇アネモネ
(CV:小清水亜美)
エウレカとは様々な点で対称的なピンクの長髪の美少女。身に付けている首輪はエウレカと同一モデル。
デューイに心酔しており、彼に捨てられることを何よりも恐れている。
戦闘時には常人ならば致死量の薬を摂取し、絶大な力を発揮する。
愛機『ニルヴァーシュ type the END』

〇デューイ・ノヴァク
(CV:辻谷耕史)
本作の黒幕。最高司令官、及び統幕本部アゲハ隊指揮官。中佐→大佐。36歳。
ホランドの兄でタルホの元彼でもある。
かつてホランドの造反にあって幽閉されていたが、釈放後にアドロックの遺した『アゲハ構想』を元に暗躍を開始する。
劇場版では、ロリ&ショタコンを超越したペドフィリアの変態に進化した。


【その他】
チャールズ・ビームス&レイ・ビームス
(CV:小杉十郎太&久川綾)
フリーランスの傭兵夫婦。
過去の因縁からデューイに協力しゲッコーステイトを狙う。


〇ノルブ
(CV:小山力也)
ヴォダラク教の高僧。
煙草、マヨラー、40年間風呂に入らない等、一見すると不潔で不健康な生臭坊主。
しかし世界の真実に関わっており、終盤のキーキャラクターとしてゲッコーステイトを導く。



◆主なLFO
ニルヴァーシュ type ZERO
世界最古のLFO。故に、type ZERO。
白地に赤いラインのカラーリング。
エウレカとその対となるレントンしか動かすことの出来ない他、自律した意志を見せ、ライダーなしでも動く特別なLFO。
他の機体と違って左右に並んだ複座式で、武装はブーメランナイフ×2のみ。
当機の専用リフボードは名工『アクセル・サーストン』の手によるもので、旧型機でありながらその飛行速度はターミナス・シリーズを凌駕する。
レントンが「コンパク・ドライヴ」とその拡張パーツ「アミタ・ドライヴ」を装着させたことで、『セブンスウェル』と呼ばれる現象を発生させた。セブンスウェル発動中は周囲のトラパー領域が反転、当該領域においてニルヴァーシュは無敵の戦闘力を発揮する。

終盤でspec2、最終話でspec3へと移行していく。劇場版ではspec-Vを披露した。


ニルヴァーシュ type the END
塔州連邦軍最強のKLF。機体色は黒。
『ターミナス type B303 デビルフィッシュ』をベース機とし、最新鋭の技術を結集させて造られた。アーキタイプがtype ZEROのものと酷似しているため、同じ『ニルヴァーシュ』の名を冠する。
専用リフボードはスキーボードの様に分離する特別製。武装はブレード×2、有線式クロー×2、ホーミングレーザー13門×8基、相手の肉体と脳にダメージを与える「バスクード・クライシス」2門、対コーラリアン兵器「バハルックスウェル」と多彩。

終盤spec2との戦いで覚醒し、銀色のボディへと変化。その身を犠牲にしてアネモネとドミニクを守り抜いた。


〇ターミナス
ゲッコーステイトが使用しているLFOシリーズ。かつては州軍でも制式採用されていた。
比較的軽装備だが機動性が高く、腕利きのライダーが使えば高い戦闘能力を発揮する。
作中ではゲッコーステイト機として、複座型の黄色い「606」、二連装レーザーカノンを搭載した水色の「808」、最終型でマゼンタカラーの「909」、そして最初期の超高性能機「303」が登場。
その他、回想や外伝では「505」も登場する。


〇モンスーノ
州軍の現行主力量産用KLF。
ターミナスなどに比べるとやや大型で機動性は劣るが、多数の火器を搭載しており火力に富む。
ミサイルポッド装備の青い「MS10」、レーザーカノンを装備した青い「MS20」、アゲハ隊専用の白い「VC10」が登場。



2009年4月にパラレルワールドを舞台とする、劇場版『交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい』が公開。




空のアオ

海のアオ

地球のアオ

私のアオ


2012年4月より、続編『エウレカセブンAO(ASTRAL OCEAN)』が放送。






そして2017年。
TV版とその前日譚「ファースト・サマー・オブ・ラブ」をまとめ再構築した新作劇場版『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が一年一本の全三章で公開予定。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/