コメント時のルール

登録日:2012/11/19(月) 15:17:05
更新日:2019/05/19 Sun 18:40:27
所要時間:約 3 分で読めます





ここではアニヲタWikiのコメント時のルールを書いていきます。
ちなみに適宜変更されることもあると思うので、定期的に覗いていただけたらと思います。
以下の禁止行為を行った場合、書き込み禁止などの措置が取られる可能性があります。


又、総合相談所で決まった内容を反映してくれる方も募集中です。

荒らしに反応するのも荒らしです。
違反コメントを見かけた際には無闇に反応したりせず、相談所や管理人に報告するようにしてください。
荒らしへの対応についての詳細は項目の維持管理についてを参照。


■規制について

規制されると書き込み禁止、いわゆる「書き禁」状態となります。
書き禁状態になると各項目の閲覧や検索は出来ますが、項目の作成、編集、コメントの書き込みができなくなります。
一度規制されると(運営の手違いによる規制となった場合を除いて)まず解除はありません。


■消される、規制されるコメント例

  • 誹謗中傷
特定のキャラクター・作品・実在の人物への誹謗中傷コメントは禁止です。
ほぼ間違いなく荒れる原因になるので絶対にやめてください。
「誹謗中傷するつもりはなかった」「これは中傷ではなく批判だ」などというのは言い訳になりません。
こういうのは結構書き込む本人ではわからないものだったりします。

なのでお願いがありますが、コメントを投稿する前に一度第三者の目線になって自分のコメントを見てみてください。
それは罵倒や中傷ではありませんか?
自分の好きな作品やキャラクターが同じように言われたらどんな気持ちがしますか?


  • 愚痴
誹謗中傷に並びアニヲタWikiでおおい規制理由です。
主にコメントにて愚痴を書き込んだ際に「愚痴篭り」として規制されます。
規制された方からの弁明で多いのは「愚痴るつもりはなかった、愚痴のつもりで書いてない」ですが、これも自分ではわかりにくいです。
やはりコメントを投稿する前に一度第三者の目線になって自分のコメントを見てみてください。
それは愚痴ではありませんか?


  • 煽り
これも非常に多い理由です。
まぁこれは今更説明する必要もないでしょう。


  • 立て主アピール
「立て主です。昔から好きだったので立てさせていただきました」というようなコメントはやめましょう。
こういうのは消されますし、何度も何度も続くようでしたら規制されることもあるので注意。
アニヲタWikiは「みんなで作っていく」コンテンツですので、誰が立てたとか関係がないんです。
馴れ合いの元になるのでやめましょう。

コメントする前に一度考えてみましょう。
立て主があなたであることを表明しなければ物事を説明できませんか?


  • 政治や宗教に関するコメント
ほとんどがネットを鵜呑みにした知識ばかりであるため、ほぼ間違いなく不毛な言い争いに発展します。
そのようなネガティブな話ばかりになれば上記の愚痴、煽り、馴れ合いを併発させてしまいますので注意。
当然ながら政治と全く関係ないアニメやマンガなどの項目でそういったコメントを行うことは論外です。


■特殊なルール
  • 雑談について
コメント欄での雑談は基本的には問題ありません。
ですがコメント欄は項目などに対しての編集議論を主目的として設置していますので、コメント欄で編集議論やリセット・ログ化議論が始まった際には雑談は控えるようにお願いします。



追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/