再翻訳

登録日 :2011/12/16(金) 01:34:18
更新日 : 2017/04/01 Sat 11:40:44
所要時間 :約 3 分で読めます




翻訳と再仕上げの文章の元の行為の別の言語の言語、または言語に再翻訳。
再翻訳とは、ある言語を別の言語に翻訳し、完成した文章を再び元の言語に翻訳する行為である。
英語から日本語に変換する狭い意味では、日本の完成英語に再翻訳する行為を指す。
狭義では日本語を英語に変換し、完成した英語をもう一度日本語に変換する行為を指す。
翻訳システムの再翻訳の際に主な理由は、かなり完全なシステム自体の難易度のインターネットを使用する場合、
終了の書き込みは、元の文章に比べて頻繁にかなり異なっている。
再翻訳の際は主にインターネット上の翻訳システムを利用するが、このシステム自体かなり完成度に難がある為、
完成した文章は元の文章と比べてかなり異なっていることが多い。

こうすることにより、元の文章は、同じでなければ、または意味が変更されている、と私たちの外観は、日本として適切かどうかではない享受すべきである。
こうすることにより、元は同じであるはずの文章が、まるで意味が変わっていたり、日本語として適切でなくなっていたりするさまを見て楽しむのである。
元の文のプロトタイプにとどまっている、精神が来て、何とか苦労して文章を修正しようとなることがあります。
元の文の原型が残っており、なんとか苦労して適切な文章にしようとする心意気が見え隠れすることもある。
一方、日本はイタリアに戻ってきたとは全く異なる意味を持っている場合、しばしば文字通り混沌となる。
その一方で、日本語に戻ってきた時には完全に違う意味になっていたりと、文字通りカオスになることも多い。

かつて普及している"再翻訳の楽しさ"のフラッシュアニメーションでは、ために独自の方法で評判の高い世界を席巻している。
かつては「楽しい再翻訳」なるフラッシュアニメが流行し、一世を風靡したため知名度はそれなりに高い。

再翻訳のための興味深いテキストとして、有名な例は以下のとおりです。
再翻訳を用いた面白い文章として、有名な例は以下の通り。
※2011年以来、彼らは進化していない結果として今日に沿って現在の翻訳システムは完全にある程度ではなかった、
まだフラッシュのプレゼンテーションの時に記載されています
※2011年現在の翻訳システムはある程度進化してしまっていて結果的に興を削いでしまうので、
フラッシュ発表当時のまま記載しています

「海賊王に俺はなる!」→「I become a pirate king!」→「私は著作権侵害王になります」

「体育館シューズ早く持って帰ってよ」→「Burn and bring gymnasium shoes home.」→「体育館靴を家に燃やしてもたらしてください」

「あなたを殺します」→「You are killed.」→「死にます」


この文書を追加または変更する場合は、遠慮なくご連絡ください。
この文章に追記や修正を行いたい場合、お気軽にお願いいたします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/