ガンダムキラー/ライダーキラー/ウルトラキラー

登録日 :2011/11/07(月) 23:54:55
更新日 : 2016/09/24 Sat 23:50:23
所要時間 :約 3 分で読めます





ガンダムキラー、ライダーキラー、ウルトラキラーとは、スーパーファミコン用ソフト『ガイアセイバー』に登場したオリジナル敵キャラクターである。
バトルドッヂボール2にも登場。


ヒーロー達が手を組んだ、「同盟」の前に立ちふさがる存在であり、それぞれの正体が、各作品の意外な人物であった。

ガイアセイバー自体がストーリー、ゲーム性共にクソゲー扱いされるゲームだが、これらのキャラクターの設定はなかなかに面白く、評価出来ると思う。
仮にリメイクされた場合、もっと素材を活かして貰える事を祈る。



■ガンダムキラー
ガンキラーではない。
赤いカラーリングの、対ガンダム用に開発された能力強化型モビルスーツ。
キラーライフルや、ネオジオン系のファンネルを装備する。
見た目はファンネルコンテナを積んだZZと言った感じの、重モビルスーツ。
パイロットは洗脳されたアムロ。何故か味方に戻っても乗り続ける。まぁ、スパロボ的なアレだろう。
月面で開発されたと言う事以外は、開発者も開発元も不明な謎の機体である。
だが、試作2号機ほどガンダム離れしていない、正統派のガンダム顔なので、連邦系技術とネオジオン系技術の融合機であるのはまず間違い無い。


■ライダーキラー
ショッカーが送り込んできた謎の強力な怪人。ライダーキラーキックなどの強力な必殺技を繰り出し、ライダー達に立ちふさがる。
見た目は、ドクガンダーとイカデビルを足して2で割ったような怪人。
その正体は、オリジナルキャラクターのマークハンターを逃がすために犠牲となり、脳まで再改造されたライダー2号こと一文字隼人(この顛末は、コミックボンボンにてときた洸一氏の描いた漫画にて確認出来る。コミック化されてないのでかなり困難だが)。

そして、決着をつけるべく登場したマークハンターの手により、なんと殺害される。
マークハンターがファンに嫌われる最大の要因であるが、
マークの方も、一文字がライダーキラーになる原因を作った事に関しては負い目を感じていた。

他にも、ショッカーを影で操るのがクロスボーンバンガードだったりと、スタッフはライダーが嫌いなのか?


■ウルトラキラー
ウルトラ族を滅ぼす者を自称する戦士。
見た目は仮面を被った青いウルトラマン。
実は、べリアルより先に現れた「悪のウルトラマン」である。
自称は伊達でなく、名だたるウルトラ戦士達を次々と磔にしてみせる程の実力を見せた。
正体は、ジャブローにて行方不明となったゾフィー兄さんが、洗脳された姿。
一度倒された後、更生のためにウルトラの母に連れて行かれるが、忘れた頃(最終決戦が終わった後、異次元から脱出する場面)にまた現れるダメ長男様。ライダーキラーと違い、戦闘に勝てば元に戻る。
流石は最強長男様(笑)



ガンダム、仮面ライダー、ウルトラマンのオリジナル敵でありながら、それぞれの大御所の味方をその正体に据えた彼らは、その素材だけは多いに評価出来るので、
「ロストヒーローズ」での登場と改善を期待する声もあったが、残念ながら未登場に終わった。


追記、修正は、彼らそれぞれの正体にビックリしてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/