主人公(パワポケ4)

登録日 :2010/11/12(金) 09:32:07
更新日 : 2016/06/23 Thu 21:14:16
所要時間 :約 2 分で読めます







人の心の闇は、呪いなんかよりもずっと怖くて不思議だけど、人の心の良い部分も同じところから来ているような気がする。
つまり、人の心の説明のできない非論理的で、不完全な部分から。
そして、人は心が完全じゃないからささえ合い、助け合って生きていくのだろう。




パワプロクンポケットシリーズ第4弾、パワポケ4の主人公。
発売からすでに何年にもなるが、パワポケ4の人気、登場した彼女候補の人気も相まって主人公も高い人気がある。

性格は穏やかで努力家、不屈の魂をもち、あらゆる困難を仲間達と共に乗り越える。

ストーリー


野球の名門校、大安高校から派遣医師の父親の都合で日の出島にやってくる。
島の岬で寂しさにため息をついていた際、誤って第二次大戦時の慰霊碑を倒してしまった。

この時は気づかないまま新居に帰り、高校に転入したが、入部した野球部の試合の後、キャプテンが目の前で消滅する。しかも、誰もキャプテンのことを覚えていない…

これは大変と不吉ババアの異名を持つ天本玲泉の祖母に相談する主人公であった…


主人公の特徴


性格は上記のように不屈の努力家で優しい心を持つ。
仲間達や周囲の大人達からも信頼が厚く、後輩からも非常に慕われている。
作中でも周りの彼への信頼度からか、本来ならやるべきではない部費管理も任されたほど。
特に、大神博之の説得や天本玲泉のストーリーは必見。彼のイケメンぶりに惚れ込むこと間違いない。

作品でも天本玲泉は彼の優しさに惚れ込み、罪悪感から真実を告白、主人公に断罪を期待するが、彼は真実と知りながら玲泉の優しさと悲しみを見抜いて全力で彼女を包み込む。

大神博之はかつて野球で受けたひどいトラウマから大好きな野球をすることが出来なかったが、主人公は彼の特性を認め、何より彼が野球が大好きであることを見抜いて見事に説得。
博之は彼を非常に慕い、パワポケ5では4主に近いものを5主に感じ、彼を信頼することになる。

その反面、そのお人好しな性格が原因で正史ではアルベルトの詐欺的商売に貢いでしまっていたようだ。

学力面の能力は低く、10主人公には敵わないが高校生としては平均以下のレベル。
それが見える代表的な発言は、"spring has come"(春が来た)を「 バネ持って来い 」と訳す描写だろう。

容姿に関する具体的な描写はないが、後の7で菱村が再登場した際に7主人公を4主人公と勘違いするイベントがある。
この描写から察するに、7主人公と酷使した顔つきなのだと考えられる。

趣味はゲームハード収集らしく、任天堂ハードに関する情熱の入れっぷりは凄い。
葉月に任天堂ハードを紹介する際には、パワポケ4時点での全ての任天堂ハードを所持しており、 バーチャルボーイまで所持していることが判明する
バーチャルボーイって相当なマイナーハードなのだが……それを所持しているって何だこの高校生!?
ゲームマニアであることが影響してか、アニメや特撮への知識や理解も他の主人公たちよりも多少強い。

パワポケ4自体オカルトやホラー要素が強いのもあり、付き合う彼女によっては謎の女に付きまとわれたり、彼女自身が幽霊だったりと強い霊感を持っているのかもしれない。


その他


その後はプロ入りを果たし頑張っている模様。
活躍などは語られないが、高校時代の先輩から金をせびられている。
天本玲泉が正史彼女であることは非常に可能性が高いが、あくまで公式からの発表はない。
パワポケ6島岡希美のストーリーなど有力な材料はあるのだが…

また、場合によっては裏サクセスの主人公は神隠しによって異世界に飛ばされた4主人公本人になることもある。
この際はゲームオーバー後の設定らしいので、この展開は正史ではないパラレル展開。




追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/