埼玉紅さそり隊

登録日 :2012/03/17(土) 20:35:01
更新日 : 2017/08/18 Fri 02:46:38
所要時間 :約 5 分で読めます




ふかづめ竜子!



魚の目お銀!




ふきでものマリー!





3人揃って!
埼玉紅さそり隊!










クレヨンしんちゃん』に登場する不良グループ。
女子高生3人組からなる隊で、一昔前のスケバンを彷彿させる。恋愛禁止の掟を掲げ、女の子っぽい言動を嫌う節がある。



といっても、3人とも根は優しいため不良になりきれていない。どちらかと言うと情に厚いので、誰かのために動く事が多い。

みさえが彼女らに会った時も普通に応対している辺り、彼女達の見た目と内面の差が伺える。

また、どんなことがあっても親に手を挙げる真似は決してしない。
ちなみに、3人ともアクション女子高校三年生である。

しんのすけ(通称ジャガイモ小僧)に会うたび振り回されているのはお約束。
しんのすけのせいで毎回空回りしている。
また、しんのすけは彼女達を不良グループではなく、お笑い芸人だと思っている。

やはり不良グループ故に、他の(変な)不良グループに喧嘩を売られる事もある。
だが、毎回変な対決になる為、勝負はうやむやに終わってしまう。

リーダーに隊員2人が振り回されているとは口が裂けても言えない。


ちなみに映画『オトナ帝国』では大人の枠に入っていた。
(昭和生まれ…なのかもしれないというか、オトナ帝国公開時(2001年)に高校3年生なので当時は確実に昭和生まれである)


【メンバー】

●ふかづめ竜子
CV.伊倉一恵

埼玉紅さそり隊リーダー。本名は桶川竜子。
ぶっきらぼうで荒い口調の、いかにもスケバンというような性格。
なのだが、実は少女趣味のお嬢様で、お笑い芸人としての素質がある。
その為、しんのすけからは(お笑いの)師匠と呼ばれている。
部屋はファンシーな物で溢れ、女の子らしい服装も好む。
パンツは可愛い柄のを毎回選んではいている。
更に自分の母親をお母様呼ばわりしている。

勿論この事はメンバーには内緒にしている。(主にしんのすけのせいで)バレそうになる時もあるが、何とかして誤魔化す。

そんなリーダーだが、一応尊敬はされている模様。
無茶ぶりにも付いてきてくれる辺り、彼女の人柄が伺える。

また、機械音痴でもある。
その割に携帯電話は可愛らしいデザインで大量のストラップをつけている。

また、歌も非常に音痴で、メンバーでカラオケに行った際は童謡をジャイアンばりの歌唱力で熱唱した。

最近、営業スマイルがうまく作れないという弱点が明らかになった。

困っている人を放っておけないらしく、お婆さんを助けたり、怪我をした猫の治療費を稼ぐためにアルバイトもする。
また焼き芋をしたときに火傷を負ったボーちゃんを直ぐ様治療したりと医療に対しての知識もある様子。
掟を破った場合は自ら罰を受け、メンバーが集会に来ない事を心配する所もある。

ちなみに本人は芸人じゃないと否定しているが、アニメSPの時等でお笑い芸人になった夢を見る辺り本人もまんざらでも無い様子。

ちなみに好みの男性は野原ひろし


●魚の目お銀
CV.中沢みどり→星野千寿子
メンバーその1。長身と×印が書かれたマスクが特徴。
マスクをしている理由は、唇がとても可愛い為。
病気で入院した母親の為に、治療費を稼ぐためアルバイトをしていた時期がある。
その為、集会に遅れたり出なかったりした為、一時期リーダーと仲違いしていた。

実はメンバーで唯一声優が途中交代している。


●ふきでものマリー
CV.むたあきこ

メンバーその2。ぽっちゃりしている。
友達思いで心優しく、しんのすけとも仲が良い。
あまり目立った活躍が見られない。




彼女達は初期から登場している古参であるが、最近は出番が減っている。
また、彼女らと対決するスケバン達もいるが、やはりというか何と言うか曲者だらけ。




追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/