聖なるバリア−ミラーフォース−

登録日 :2011/10/06(木) 15:27:13
更新日 : 2017/09/08 Fri 23:41:22
所要時間 :約 12 分で読めます






相手の「攻撃」の言葉がスイッチとなり発動する罠カード!!

敵の攻撃を四方にはね返すミラー・バリア!!





聖なるバリア−ミラーフォース− とは遊戯王に登場する罠カード。


通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。

シンプルなテキストは強いを体言する一枚。
イラストは赤いビームを反射している白く輝くバリアであり、爽快感がある。


【概要】

初登場は王国編最初のデュエルであるATMHAGAのデュエル。

そのデュエルは森が大部分を占めるフィールドでのデュエルであり、昆虫使いの羽蛾はその環境を利用して遊戯の守備モンスターを次々と撃破していく。

そして羽蛾のフィールドには「ヘラクレス・ビートル」「昆虫人間(装備付き)」「ゴキボール」「ビック・アント」「吸血ノミ」と5体のモンスターが並ぶ。

この時の昆虫人間の攻撃力は2600。
更に羽蛾は相手の攻撃に反応してモンスター破壊し攻撃力分のダメージを相手に与える罠を仕掛けていた為、
ブラック・マジシャン」も守備表示で出すしかない。

そして「ブラック・マジシャン」が遊戯の切り札である事を知っている羽蛾は「ブラック・マジシャン」に攻撃を仕掛ける。

ヒョヒョ――!ブラック・マジシャン撃……は……!!

フフ…

何がおかしい…

今、たしか「攻撃」と言ったよな……

え…

フフ…オレの手元にふせてあるカードも…

まさか…罠カード…!!

そのとーり!
相手の「攻撃」の言葉がスイッチとなり発動する罠カード!!
敵の攻撃を四方にはね返すミラー・バリア!!

ギョエエエエ昆虫軍団全滅〜〜ッ!!

といった感じで攻撃をはね返し、羽蛾のフィールドに溜まった昆虫モンスターを全滅させるのであった。
その後もちょくちょく使用され、幾度となく遊戯を救った。また、闇マリクも使用した。

ちなみに、遊戯は王国編では罠カードはこれと「六芒星の呪縛」しか使用していない。

その強さはアニメでも健在、さりげなく原作、GX5D'sの漫画及びアニメに全て登場している。
またZEXAL以降もアニメには現在皆勤賞である。

また、現実のプレイヤー間での略称は「聖バリ」か「ミラフォ」が使われやすいが、
この内「ミラフォ」はアニメでクロウがそう呼んでいたため、ある意味公式の略称。

「だからミラフォだっつってんだろ!」

当然ながら、大会ではカード名を宣言する際は正式名称を言わなければならない。


【OCGでの活躍】

初登場はVol.7のシークレット。
OCG黎明期の当時は攻撃に対する防御手段が少なかった事もあり、長い間非常に重宝された。

基本的にはどんなタイプのデッキにも入る事が可能。
相手のモンスターのみをいとも簡単に全滅させる性能から、このカードが通るだけで敗北に直結することも多かった。
このカードをスルー可能という点は「サイコ・ショッカー」の評価に大きな影響を与えた。

2000年4月1日からはエクゾディアパーツと一緒に制限カードに。
また、2004年秋から2006年春にかけて2回禁止と制限をうろうろした。
04年9月1日から禁止→05年3月1日から制限
05年9月1日から禁止→06年3月1日から制限


第1期から第5期(99年~08年)までは1枚1枚のカード・アドバンテージをコツコツと奪い合う環境だったため、
一度に複数の除去が可能なこのカードはそれだけで非常に強力だった。
デュエル中、相手がまだミラーフォースを使っていないならば、魔法か罠を1枚セットするだけでブラフが成立するほどであった。

長らく誰もが認める強カードとして扱われていたが、次第にその評価も変化していく。
そもそも罠カード、しかも発動タイミングが攻撃宣言時と限られているが故に「サイクロン」などの伏せ除去には弱い。

また、破壊耐性や再生能力をもつモンスターや、「スターダスト・ドラゴン」や「スターライト・ロード」などには無効にされるため、
相手モンスターを除外する「次元幽閉」が優先されることも多くなっていった。

他にも破壊よりライフダメージを優先するなら「魔法の筒」があったりと、ミラフォも万能というわけでは無い。

そもそも高速化が進みすぎたシンクロ登場以後の環境では、展開を止められない攻撃反応型は軽視されやすく、
発動や効果を無効化されたり、発動する前に潰される事も多い。
特に、フィールド上のカードを何でも破壊してしまう「甲虫装機」が出現してからは、その傾向が特に顕著となった。

そうした事情からか、2012年9月の新制限では 準制限 に緩和。
そして2013年9月にとうとう 無制限 になってしまった。
DMからGX辺りの環境で戦っていたプレイヤーにとっては衝撃的だろうが、そのくらいこのカードの評価は落ちているのである。
破壊耐性を持っていたり、破壊耐性を付与するカードも増えているため、発動したところでどうにもならない場合も多くなっている。

しかし、徐々に価値が軽視され続けているとはいえ、
1枚で複数のモンスターを破壊可能という能力は素晴らしく、強力なカードである事には間違いない。
伏せの除去や対策を苦手とするデッキもあるので、今でも引っかかるデッキはなんだかんだ引っかかる。

また、攻撃反応型罠の採用率が下がっているという事実は逆に言えば、
相対的に プレイヤーのミラーフォースに対する警戒心が薄くなっている ということである。
展開は止められないが逆に言えば展開しきったバトルフェイズで発動するという事はリソースを使った後にぶっ放されるため巻き返しが効かない場面も多い。
「今の環境でどうせミラフォなんて……」などと安易に攻撃を宣言してまんまと全滅を被る、などという事態は避けたい。

さらには「アーティファクト」の登場でセットカードを割るという戦法にも
ある程度リスクが伴っているので、いざというときに相手の顔を絶望で染めることができるかもしれない。

なお、「クリティウスの牙」に対応しており、「ミラーフォース・ドラゴン」を特殊召喚するのに必要となる。
クリティウスの牙」でモンスターを特殊召喚できるカードの中では汎用性が最も高い為、3枚積みもアリ。


【派生カード】

ミラーフォースが元になったカードもいくつか存在する。
いずれも「○○なるバリア ××フォース」というネーミングが特徴。

●《ミラーフォース直系》

邪悪なるバリア −ダーク・フォース−
通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
相手フィールド上に守備表示で存在するモンスターを全てゲームから除外する。

最初の派生カード。
対象が守備表示モンスターになり、破壊から除外になった。
リバース効果モンスターなどをまとめて除外出来るのはいいが、攻撃表示のモンスターに対しては何もできない。
相手の攻撃宣言を発動条件にするのに肝心の攻撃を防ぐ事はできず、かなりちぐはぐな性能。

一応「重力解除」や「皆既日食の書」などの表示形式を変更できるカードと併用すれば問答無用で全て除外できる。
だが、 相手の場に守備表示モンスターが1体でもいなければ発動できない ため、この使い方にも不安が残る。
カード2枚を消費するなら「ライトニング・ボルテックス」などを頼る方が手っ取り早い。
登場したのは第3期であり、ミラフォが汎用カードとして多くのデッキに投入されていた時期なので、意図的に弱めにデザインされたのだろう。

超重武者のような守備表示で攻撃できるモンスターが主体のデッキが流行れば使えるかもしれない。

イラストはミラーフォースの色を黒くして左右反転しただけ。
かと思いきや、ビームで分かりづらいがミラーフォースには無いヒビが追加されている。
攻撃の反射はするが攻撃自体は防げないこのカードらしい。

「開闢」と「終焉」が収録された「混沌を制す者」のハズレアの1つ。


閃光のバリア−シャイニング・フォース−
通常罠
相手フィールド上に攻撃表示モンスターが3体以上存在する場合、相手の攻撃宣言時に発動する事ができる。
相手フィールド上の攻撃表示モンスターを全て破壊する。

見ての通りの調整版。効果はそのままに発動条件が追加された。
ミラフォの単純な完全下位互換である。
相手のフィールドに攻撃表示モンスターが3体いないと発動できない。
3体以上と言うのが融通が利かず、相手や状況を選んでしまうのが痛い所。

ミラーフォースだけでは心許ない時には、このカードも採用して穴を埋めてもらいたかったのだろう。
だが、ミラフォ無制限のこの環境ではさすがに仕事が無い。
更に下記の相互互換のカードが続々登場したので非常に肩身が狭い。

無効化効果を持つ罠カードのイラストで2回もやられ役として登場しており、イラスト面でも不遇なカード。


神風のバリア -エア・フォース-
通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主の手札に戻す。

ミラーフォースのバウンス版。
対象を取らない全バウンスなので、破壊耐性・対象耐性持ちや融合シンクロエクシーズリンクを纏めて消し去る。

だが、「妖仙獣」の様なセルフバウンスを軸にする戦法やペンデュラム召喚等には効果が薄い。
再利用しやすかったり、「サイドラ」のように特殊召喚な容易な下級・特殊召喚モンスターに対しても、
ミラーフォースはよく刺さるが、このカードでは数の意味でアドバンテージが取れず時間稼ぎにしかならない事もある。

また融合シンクロはまだしもエクシーズは再びエクシーズ召喚される可能性が高く、
上記のデッキ群も含めバウンスが破壊以上に再利用しやすいデッキも存在する。
ミラーフォースとは相互互換の関係であり、どちらを優先するかは完全にデュエリストの手に委ねられる。

ちなみに公式ホームページのワンプッシュ投票では、
このカードとミラーフォースとで比較が行われ、結果は約4:6の比率でミラーフォースが勝利した。
ミラーフォースが人気カードということを含めても、古参ながらも今なお誇る強さを示す結果となっている。


業炎のバリア -ファイヤー・フォース-
通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊し、
自分はこの効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける。
その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。

互いにダメージを与える効果がミラーフォースに加わったもの。

状況次第ではとんでもないダメージ量になるが、お互いに同じ数値のダメージを受けるので、ライフ差が縮まる事はない。
また、ダメージを受けないように攻撃を防ぐのに、攻撃を防いだ結果ダメージを受けるという本末転倒な面もある。
戦闘ではなく効果ダメージで相手のライフを削っていくタイプのデッキであれば、攻撃を凌いだ上でライフを削れる優良カードとなる。
バーンデッキでは火力兼除去として使える貴重なカード。
破壊後に相手へのバーンの処理が入るため、破壊された時に発動できる効果のタイミングを逃させることができる。

自分の方がライフが多ければこのカードの発動によりトドメを刺せることがある。
逆に自分の方がライフが少なければ発動すると死んでしまうので腐ってしまう事もある。
ちなみに先に自分がダメージを受ける処理で自分のライフが0になった場合は、自分の負けになるので引き分け目的には使えない。

変わったところでは、ダメージ効果を回復効果に変換する効果を持つモンスター(「マテリアルドラゴン」や「DDD神託王ダルク」等)との併用も面白い。
相手モンスターを一掃しつつ、大きくライフを回復する事ができる。
ただし、相手に与えるダメージ量が自分が受けたダメージ量と同じなので、受けたダメージが0である以上相手へのダメージも0となる。


砂塵のバリア -ダスト・フォース-
通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
この効果で裏側守備表示になったモンスターは表示形式を変更できない。

除去はしないが、裏側守備表示にして(1体につき1ターンに1度の権利を行使しての)表示形式の変更を封じる。
モンスターが場に残るとはいえ「 対象を取らない表示形式変更 」なので多くの耐性を無視できる。
また、「青血」などの永続効果を遮断させ、「アブゼロ」の効果の発動も防げる。

裏側守備表示になるという事は、攻撃はもちろんモンスター効果の使用やシンクロエクシーズリンク素材への転用もできなくなる。
表示形式の変更を封じる事でその状態を直せなくするので、ほぼ何もできない状態でフィールドに居座らせる事を強制する効果であるといえる。
その数が多ければ多いほど、相手は後続の展開が難しくなる。

エクストラモンスターゾーンのモンスターが効果を受けると、エクストラモンスターゾーンが封鎖されてしまいエクストラからモンスターを展開できなくなる。
新マスタールールにより妨害要素が強化されたカード。
ただし、 守備表示にならない リンクモンスターも登場しており、それらには通用しないので要注意。

他にも、その状態を維持する限り、 こちらも攻撃が通せなくなる という欠点がある。
相手モンスターが全て裏側守備表示の時に直接攻撃を仕掛けられるようにするギミックを持つゴーストリックなら、この欠点は気にならない。
また、貫通ダメージを倍加させる「カオス・MAX」や、
守備モンスターを攻撃した時に1000ダメージを与えつつ墓地に送り、全体攻撃が可能な「究極電導恐獣」などと組み合わせるのも手。

効果を受けた状態でもアドバンス召喚、カードの発動コストなどには使う事ができるので過信は禁物。


波紋のバリア -ウェーブ・フォース-
通常罠
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て持ち主のデッキに戻す。

直接攻撃に限定された代わりにデッキへのバウンスとなっている。
自分のモンスターではなく自分を守るためだけに使うバリアシリーズでも異色のカード。

モンスターが攻撃されるときは使えないのでやや使い勝手が悪いが、「 対象を取らないデッキバウンス 」という効果自体は非常に強力。
かの「カオス・MAX」や「マジェスペクター」の厄介な耐性を無視して除去することができる。
「ミラーフォース」で対処できなかったモンスターでもあらかた片づける事ができ、デッキに埋めるので「エア・フォース」のように再利用を許す心配も少ない。

モンスターを掃除して安心している相手プレイヤーの度肝を抜ける可能性を秘めている1枚。
しかし、自分のモンスターを攻撃から守る目的では使えないので、採用するかはやはりデッキと相談になる。
場を開けやすい「スピリット」や「妖仙獣」なら相性はいい。


●《名前のみの派生》

白銀のバリア−シルバーフォース−
カウンター罠
相手がダメージを与える罠カードを発動した時に発動する事ができる。
その発動を無効にし、そのカードと相手フィールド上に表側表示で存在する 魔法・罠カードを全て破壊する。

遊星が使用したカード。
ダメージを与える罠をカウンターし、ついでに相手の表側表示の魔法・罠を破壊できる。
相手の永続カードも巻き添えに出来るのはいいとして、罠カードにしか反応できないのは問題。
セットカードに無干渉なので次の火力が容赦なく飛んでくるのも厳しい。

……「地獄の扉越し銃」でおk。
あまりにも使い難く、あのDDBと同じパックでレアリティであったためハズレア扱いされた。
更にDUELIST EDITION Volume 3の再録からはハブられた。


聖なる鎧 −ミラーメール−
通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが 攻撃対象に選択された時に発動する事ができる。
攻撃対象モンスターの攻撃力は、攻撃モンスターの攻撃力と同じになる。

次元幽閉」でおk。

……と言いたい所だが、実はこの攻撃力アップ効果は永続的に続くため、
戦闘破壊耐性モンスターなら相討ちの後も変化した攻撃力を維持できる。

さらにダメージステップ時にさらに他のカードで攻撃力をアップすれば、相手モンスターを破壊したうえで攻撃力を維持できる。
フリーチェーンで元々の攻撃力を参照する「極星宝ブリージンガ・メン」があるが、あちらは相討ち用のカードと言える。
ちなみにミラーメールは対象をとらない効果である。

アニメでは遊戯王ZEXALにて九十九遊馬が使用しているが、
アニメではナンバーズはナンバーズでしか戦闘破壊できないためなかなか相性が良かった。
もっとも、その目的で使った天城カイト戦ではフォトン・ケルベロスで封じられてしまい、二回目の使用では相打ち目的で使ったが。



【関連カード】

ミラーフォース・ドラゴン
融合・効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2800/守1200
このカードは「クリティウスの牙」の効果で自分の手札・フィールドの
「聖なるバリア -ミラーフォース-」を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):自分フィールドのモンスターが攻撃対象に選択された時、
または相手の効果の対象になった時に発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。

まさかのモンスター化したミラフォ。
初登場はアニメオリジナルのドーマ編であり「クリティウスの牙」を使用して海馬が呼び出した。

能力自体はミラフォの強化版であり、自分のモンスターが攻撃か効果の対象になった時、
相手のフィールド上のカードをすべて破壊する。
勝負を決めかねない強力な効果ではあるが、このカードの存在は相手にはバレバレであり、ミラフォの利点であった奇襲性は失われている。


【余談】

カード名を見ると地味に「・」(中点)や空白の有無が統一されてない。

また、このカードの下位種と言えるカードには「万能地雷グレイモヤ」と「炸裂装甲」がある。
1:1交換が重視された時代にはデッキに採用されることも多かったが、ミラフォが3枚積み可能な今ではほぼ出番が無い。

他にも、ミラーフォースのカードが描かれているカードはそれなりに多い。
エクスチェンジ」のイラストでも確認できるが、これを発動した時に手札にあるのはどうかと思う。
相手が発動したにしても「サンダー・ボルト」や「強欲な壺」が手札にある辺り、かなり突っ込みどころが多い。



項目のバリア−アニヲタフォース−
相手アニヲタの編集宣言時に発動する事ができる。相手BBS上の攻撃表示アニヲタを全て破壊する。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/