シェイミ

登録日:2012/09/14(金) 01:40:53
更新日:2017/09/17 Sun 21:30:14
所要時間:約 5 分で読めます






■データ


全国図鑑No.492
分類 かんしゃポケモン
英語名 Shaymin
高さ 0.2m
重さ 2.1kg
タマゴグループ 未発見(性別不明)

タイプ くさ
特性 しぜんかいふく(ひっこめると状態異常が治る)

ランドフォルム
種族値
HP 100
攻撃 100
防御 100
特攻 100
特防 100
素早さ 100
合計 600

努力値 HP+3


■概要


人に優しく抱きしめられありがとうの気持ちを感じると全身の花が開き出す。
大気の毒素を分解して荒れた大地を一瞬で花畑にする力を持つ。

グラシデアの花が咲く季節、感謝の心を届けるために飛び立つと言われる。


きゅうう ううん


ダイヤモンド・パールにおいて通常プレイでは出現しない幻のポケモンだが、改造などで発売後割とすぐに存在が確認された。
本来は配布アイテムを配布予定だったらしいが、バグにより通常プレイでも出会えるようになってしまった。
ただし、このバグは少しでも間違えると非常に危険なのでやるときは慎重に。

プラチナではバグができなくなった代わりにイベントアイテムが配布された。
このイベントアイテム「オーキドの手紙」があれば224番道路からマイオーキド博士とやり取りした後に非常に長い道を通ってシェイミに会う事が出来る。

かつては「ポケモンレンジャー 光の軌跡」等を経由することでも入手できた。


ランドフォルムの種族値はALL100である。

専用技は「シードフレア」。
威力は120、命中率は85、PPは5で少し不安定な技だが4割で特防を2段階下げる強力な技である。

プラチナ以降は「グラシデアのはな」を使うとスカイフォルムになる。



スカイフォルム
種族値
HP 100
攻撃 103
防御 75
特攻 120
特防 75
素早さ 127
合計 600

高さ 0.4m
重さ 5.2kg
タイプ くさ/ひこう
特性 てんのめぐみ(追加効果の発動率が2倍になる)


種族値はアタッカー寄りになる。またフォルムチェンジで鳴き声が変わる珍しいポケモン。

スカイフォルムからランドフォルムに戻る条件は

1.夜になる(20:00~03:59)
2.凍りづけになる
3.ボックスに預ける
4.シェイミを交換する

以上の4通り。
対戦に使うなら時間帯に気をつけよう。
DSの内部時間を変えようと思った人は怒らないから手を挙げなさい
また、対戦中に起こり得るのは2.だけだが、こおりタイプの技をくらったらほぼ即死なので滅多に起きない。
最も深刻なのは3.で、大会では登録するポケモンをバトルボックスに入れる必要があるのだが、
スカイフォルムはこれに引っかかるため、使用不可になってしまった……
もっとも、XYからは手持ちに入れてればフリーで使えるだけ、第五世代ペラップよりはマシかもしれない。
しかしSMからフーパトリミアンともども、無事にボックスに預けてもフォルムチェンジを維持できるようになった。
スカイフォルム登場から10年近くもかかっていることを考えると、正直言って遅過ぎである

プラチナからHGSSまではダイヤモンド・パールでは存在しなかったためかWi-fiでの対戦ではフォルムチェンジできず、ランドフォルムに戻ってしまう。
これはギラティナロトムも一緒。BW以降はフォルムチェンジのまま入れる。


■映画でのシェイミ



一人称は「ミー」

ギラティナに狙われる。よくに「ミーに感謝するでしゅ」など言うやや生意気な性格。
シードフレアは森を吹き飛ばしたり、反転世界では現実世界への穴を開くほどの力がある。


■対戦でのシェイミ


シェイミは対戦では禁止級のため普段は使われないが、解禁戦ではスカイフォルムは対策必須。

具体的には、ダークライを越える高い素早さ種族値から、
エアスラッシュ+特性「てんのめぐみ」の6割怯みによる、トゲキッスの「ずっと俺のターン」ならぬ「ずっとミーのターンでしゅ!!」が可能。
「でんじは」は覚えないが、素で速いためなくても十分強力。

加えて専用技の「シードフレア」は特性込みで8割で特防を2段階下げるチート仕様。
これとエアスラと併せて半減相手でも強引に突破できることがある。
などなど。「でんこうせっか」もあるためを持っていても倒されることも。

同じ速攻型アタッカーであるマーシャドーも素早さで勝る点やタイプ相性から安定して倒せる。

一応技は4倍のため致命的だが対策で襷やヤチェ持ちは多いので侮れない。
交代で受けるのは難しいが、メタグロスや精神力カイリューディアルガあたりに弱点技を持たせれば比較的安全に狩れる。
また、「こおりのつぶて」持ちユキノオーを先発で出しても良い。

ただしメタグロスとディアルガは「だいちのちから」、ユキノオーは「エアスラッシュ」に気をつけたい。
前述のディアルガなどで「トリックルーム」を発動しておき、怯み殺法を封印するのも有効。

また、速攻アタッカーの宿命か、自分より速いポケモンにはほぼ対面では勝てない。
特にシェイミの場合130族以上には軒並み弱点を付かれるので、それらを用いれば釘付けにしやすい。


ポケットモンスターSPECIALでのシェイミ


シンオウの伝説&幻のポケモンが勢ぞろいした第8章にて登場。
マイがオーキドに送った手紙の返信に224番道路の事が書かれていた為、それを頼りにマイは訪れる事に。

その後ギンガ団によって送りの泉までマイ共々拉致されるが特に何事もなく釈放。

決戦では「なやみのタネ」で催眠を無効化した他、後半はスカイフォルムに変身して現実世界に出ようとするギラティナをシードフレアで食い止めた。








追記・修正は誰かに感謝してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/