キメラテック・オーバー・ドラゴン(遊戯王OCG)

登録日 :2009/07/19 (日) 12:35:03
更新日 : 2017/02/11 Sat 07:53:14
所要時間 :約 5 分で読めます




『言っただろう。このターンでケリをつけると!』


キメラテック・オーバー・ドラゴン/Chimeratech Overdragon
融合・効果モンスター
星9/闇属性/機械族/攻 ?/守 ?
「サイバー・ドラゴン」+機械族モンスター1体以上
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。 このカードの融合召喚に成功した時、このカード以外の自分フィールド上のカードを全て墓地へ送る。このカードの元々の攻撃力と守備力は、融合素材にしたモンスターの数×800ポイントの数値になる。 このカードは融合素材にしたモンスターの数だけ 相手モンスターを攻撃する事ができる。


融合素材はサイバー・ドラゴンと他の機械族1体以上であり、攻撃力・守備力とモンスターに対する攻撃回数が増える効果を持つ機械族デッキの切り札。

攻撃力を4800にまで上げれば、 マグニチュード4.8の地震が起こせる ほど強力なカード。

機械族を中心にしたデッキでサイバー・ドラゴンが見えたら、こいつが入ってる可能性は非常に高い。
サイバー・ドラゴンと機械族一体以上という融合条件は比較的緩く、普通に融合してもアタッカークラスの攻撃力で活躍してくれる。

さらに墓地融合のオーバーロード・フュージョンに対応しており、ゲーム終盤では超攻撃力のこのカードを召喚することが出来る。

また、今は亡き未来融合-フューチャー・フュージョンとオーバーロード・フュージョンのコンボ(通称【未来オーバー】)が特に強力で

①未来融合でデッキの機械族を大量に墓地に送る
②オーバーロード・フュージョンで直ぐさまキメラテック・オーバー・ドラゴンを特殊召喚

この方法なら一度に10枚以上も融合素材にすることができ、リミッター解除などのサポート無しでもワンキルにできる上、大幅なデッキ圧縮ができる。
ただし必然的にデッキにモンスターが少なくなる点は注意。

ワンキル厨のカイザーはゲームでもこの未来オーバーを仕掛けてくる。
その後次元融合に繋げてくる事も。
ここら辺はやはり1ターンキルに定評のあるカイザーである。汚いなさすがカイザーきたない。

なおチェーン・マテリアルなどを使い、攻撃力8000オーバーのキメラテック・オーバー・ドラゴンを召喚。反目の従者を装備させ、コントロールを相手に渡すことで、攻撃を介さずワンキルすることもできる。

融合はサーチカードが豊富で反目の従者もアームズ・ホールでサーチ可能なので、必要枚数の割には成功しやすい。
反目の従者のイラストが可愛いのもポイントアップ。

総じて強力なモンスターではあるのだが、耐性を持たず、融合召喚した直後に除去されるとフィールドががら空きになったり、月の書で裏にされると攻守0になったりする。
攻撃した相手モンスターによっては悲惨なことになったりもする。

また高攻撃力のせいで、魔法の筒などにも弱いので、召喚、攻撃の時は相手の伏せカードをしっかり除去しておく必要がある。

使い方を間違えるといろんな意味でフィニッシャーになってしまう。

とは言え、機械族中心デッキなら、サイバー・ドラゴンと未来融合とオーバーロード・フュージョンの三枚があればゲームエンドに持っていくことが出来るカードなので、まさしく切り札と言えるだろう。

  • 原作・アニメにおいて
アニメGXにおいて、モンキー猿山のスカウトで地下デュエルを行い「マットドッグ犬飼vsカイザー亮」戦で丸藤亮が使用。
地下SMデュエルの終盤。
『酸のラスト・マシン・ウイルス』で壊滅的な打撃を受け、絶体絶命の状況の中、『オーバーロード・フュージョン』により融合召喚された。


「いやだ…………オレは!! 負けたくないぃぃぃ!!!
「お前の懐にある勝利を奪い取ってでも! オレはァァァッ!!勝ァァァつッ!!!!!


6体除外により攻守共に4800という破格のステータスで召喚され、連続攻撃で犬飼の15000ものライフを削りきった。
しかし勝利に飢え、リスペクトデュエルを捨てたカイザー亮がヘルカイザーになるきっかけにもなってしまった。
この回でのカイザーの台詞やアニメの演出から推測するに、相手モンスターを戦闘破壊した後でも直接攻撃ができたようである。

ちなみに、このカードが融合召喚されて、攻撃力4800と表示される前後で 『茨城県南部でマグニチュード4.8の地震が発生』 というテロップが…。

その後も「ヨハンvsヘルカイザー」戦でも登場。
先攻1ターン目から天使の施しとオーバーロード・フュージョンのコンボにより、攻撃力2400のモンスターとして登場。
なお、遊戯王OCGではモンスターを攻撃したあとにダイレクトアタックをすることは不可能となっている。
OCGの効果はあくまで「融合素材にしたモンスターの数だけ、 相手モンスターを攻撃できる 」なのである。


攻撃名は
エヴォリューション・レザルト・バースト +X連打」
(Xは融合召喚に使った素材の数)

なおヘルカイザーの「五連打!はどう聞いても「 グォレンダァ! 」としか聞こえない。

KONAMI的にもネタなのか、タッグフォース2以降ではヘルカイザー亮がこのカードで攻撃する際、「2連打」から「5連打」までの専用ボイスがある。
彼の所属するタッグ名もグォレンダが付くことから、コナミの本気が伺える。



俺は、逸品な項目を完成させるのに飢えている
追記、修正、トゥァノンダァ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/