三井寿

登録日 :2009/07/29(水) 23:50:11
更新日 : 2017/06/14 Wed 23:40:10
所要時間 :約 8 分で読めます





静かにしろい……



この音が、俺を蘇らせる……



何度でもよ……





パスッ




スラムダンクの登場人物で作中もっとも人間くさく描かれており、ファンはおろか作者さえ一番好きなキャラと語る。

身長184センチと、一般的な高校生のシューティングガードとしては大型の部類に入る。


初登場時、コイツがメインキャラになると誰が予想しただろうか。作者の井上雄彦も、

「当初はバスケ部との対立を描いた後にフェードアウトする予定だった」

と語る通り、実はあのエピソード中に方向修正がかけられ、メインキャラに昇格した。何でも三井の過去のエピソードを書いてるうちに情が湧いたらしい。

しかしその結果、メインキャラの中でも特に過去のエピソードが掘り下げられ、多くのファンから人気を博した。


元武石中のキャプテンであり神奈川県内にその名を轟かせた名シューターで全国経験もある。
その全国行きを賭けた試合で安西先生

「諦めたらそこで試合終了」

という言葉が、この試合で三井がラストシュートを決め試合に勝利するキッカケとなり、三井は湘北への進学を決意する。
入部当初は赤木と犬猿の仲だった(三井は規格外のサイズにより注目を浴びる赤木をライバル視、赤木は県内屈指の実力者である三井をライバル視した)。

そんな二人を見ながら木暮はこの二人が入れば全国にいけるかもしれないという淡い期待を抱く。
しかし、三井が膝を怪我し、挫折した事で、この想いは随分と遠回りするハメになる。


その後何を思ったか、まさかの 高校デビュー

高校三年生になる頃にはすっかり不良が板につき、湘北高校の番長にまでなっていたが、
バスケ部で生意気な宮城リョータに目をつけ、リンチを計画するも宮城の集中攻撃をくらい、宮城共々病院送りになってしまう。
この時に前歯二本を失い、若干ひょうきんな顔になる。
また、あまり目立たないが顎に傷跡がある。

退院後、他校の生徒や、 謎の17歳鉄男 を召喚し、バスケ部を強襲するも、花道のビンタ一発でダウンし、
その後も水戸洋平にフルボッコにされるなど小物感はピークに。

そして、メガネ君が三井との馴れ初めをバスケ部の皆に語り、説得するも、三井はかたくなに拒否。

しかし、この後赤木と安西が登場、過去のエピソードが判明し、バスケへの断ち切れぬ想いが溢れ出した事で、誰もが三井と言えば思い浮かべる、


バスケが、したいです……


そしてバスケ部に復帰すると同時にロン毛を短髪にし、前歯二本も復活。
不良クサいビジュアルから一転してスポーツマンらしくなった。


花道からミッチーというあだ名をつけられ、あれだけの事をしたのにすぐチームに馴染む。
というか、あっさりレギュラーとして認めた部活メンバーが聖人すぎる・・・
安西先生が監督だったからだろうか?
翔陽戦でブランクによるガス欠や、相手の実力に一度は心が折れかけるが、

「俺はこういう展開こそ燃える」

と逆境をはねのけ復活。
以降は度々ガス欠になりながらも、安西先生が「とっておきの飛び道具」と褒めるほど精度の高い3Pシュートを武器に、
三井は幾度となく湘北高校のピンチを救っていく。


海南の神曰わく、自分と同じで一度入ると止まらなくなるタイプだという。

3Pばかりに目が行きがちだが、バスケセンス全般が高く、何でも器用にこなす万能型。また自分でファールをもらうようなずる賢さももっている。
紅白試合では、センターとして花道を抑え、彼の弱点(=シュートエリアが狭い)を浮き彫りにするなど、指導者としても優れた手腕を見せた。

どの試合でもここぞというところで貴重な3Pを決めており、活躍描写は流川や赤木に比べて少ないが、一本一本のシュートがとても印象に残る。
それらのプレイングは、「もし外しても仲間がリバウンドを取ってくれる」という信頼と安心があるからこそ成り立っているのかもしれない。


ブランクがあっても上記のような活躍ができるあたり、湘北バスケ部の中でもその素質は随一。
しかし、二年間の非行により体力に不安があり、大抵の試合で湘北メンバーの中で一番初めにへばる。
本人曰く 「煙草はやってない」 との事。
(しかしアニメでは煙草の吸い殻を捨てるシーンが有る)

しかし、そこからが彼の真骨頂である。死に体ながらそこからゾンビの様に復活して、生まれるビッグプレーは相手を戦慄させる。


ハイライトはやはり山王戦だろうか。一ノ倉のスッポンDFによって限界以上に体力を削りながらも、

もうリングしか見えねぇ

と驚異的な精神力で3Pを決める三井の姿に感動した人も多いはず。



俺は三井、諦めの悪い男だ!!




なお、最終回の十日後を描いたアフターストーリーでは、全国大会後も引退せずバスケ部に残り、冬の選抜試合で活躍して、
スポーツ推薦での大学進学を画策していた。
「赤木と違って学力ではノーチャンス」と「そんなバカじゃなかったのに」と嘯いていたことから、もともとの学力はそれなりに高かったようだが、
グレている間に勉強もサボっていたせいで落ちこぼれてしまったらしい。


安西先生…

追記、修正がしたいです

この項目が面白かったなら……\ポチッと/