ウルトラマンVS仮面ライダー

登録日 :2010/06/27(日) 14:54:19
更新日 : 2017/07/07 Fri 12:37:05
所要時間 :約 4 分で読めます





1993年に発表されたビデオ作品。
特撮作品の制作を手がける円谷プロと東映がタッグを組み、

|   
|    Π 
|   ‐ ||
|  /  || \
| _/   ∥  丶_
||∥( ̄丶∥/ ̄)||
||∥ `ー"|`ー" |/
|ヾi   |  /
| 丶 ┌===┐ /
|__〉丶二ニ/ /
|  丶`ー--イ`ー、
|、  \ /  |\
| 丶  ||   ノ |
| |  ||  /  ノ
| |  (●) | |


ウルトラマン


そして、


   \――、_/
 γ´ \  /`ヽ
 / γ⌒ヽ> <γ⌒丶
`| |####| o |####|
| ヾ_ノ| |ヾ_ノ
| /_)/__ヘ(_V
へ― ̄\∧∧∧/―/
 ヘ \_――_//`)
/ノ` ̄ー___―´/ヾ
(\______/\
ヾ\  |     |


仮面ライダー


この二大ヒーローの共演が公式で実現した。

収録されている内容は、
  • 必殺技紹介「スペシウム光線VSライダーキック」(シンさんの骨髄引っこ抜き(ハイバイブバネル&スパインカッター)も紹介されたが、本作の再編集ビデオ「仮面ライダー編」ではカットされ、シンさんだけ必殺技の紹介がない。またグレートの必殺技は本来、「バーニングプラズマ」だが使用回数が2回で少なくしかも2回連続で打ち込まないと倒せないためか「マグナムシュート」が紹介されている。)
  • メカ紹介「ジェットビートルVSサイクロン」
  • 怪獣&怪人紹介「怪獣VS怪人」
  • 変身シーン紹介「変身!VS変身!」
  • 名場面集「大激斗VS大逆転」
  • 性格の比較「星からのメッセージVSロンリーライダー」
  • 巨頭対談「巨頭対談」

両シリーズとも本作発売当時テレビシリーズは休止中であったがどちらも映画、vシネマという形で新作が発表されていた。

ウルトラシリーズはウルトラマングレート、仮面ライダーは仮面ライダーzoまでの収録となっている。(誰もが知っているウルトラマンジョー二アスやウルトラマンUSA(チャック、スコット、ウーマンベス)はアニメのため除外。ジョー二アスはともかくUSAは当時、実写でのスーツや戦闘シーンが存在しない)

そ し て、

新規映像 ウルトラマンVS仮面ライダースーパーバトル。


主題歌は、影山ヒロノブが歌う「戦うために生まれた戦士」。


以下、短編について。
【ストーリー】

ショッカーの怪人・毒サソリ男の「東京ズタズタ作戦」によって大地震が起こり、その影響を受けて怪獣ガドラスまでもが出現した。
ハヤタと本郷は、それぞれ初代ウルトラマンと仮面ライダー1号に変身し二体の敵と戦いを繰り広げる。

しかし、二大ヒーローの活躍でピンチに陥った毒サソリ男とガドラスが合体し、サソリガドラスとなってパワーアップした。

ウルトラマンのピンチに 奇跡が起こり 、なんと仮面ライダーが巨大化。
二人は力を合わせ、サソリガドラスに挑む。



【登場キャラクター】

ハヤタ・シンウルトラマン
仮面ライダーと共に悪に立ち向かう。
怪獣ガドラスと交戦。サソリガドラスにボコられる。

本郷猛/仮面ライダー1号
ウルトラマンと共に悪に立ち向かう。
序盤、毒サソリ男と交戦。これを倒すが……。
毒サソリ男を殺る気マンマンでフルボッコする。
巨大化する前にライダーブレイクで、サソリガドラスのボディをブチ抜く。
サソリガドラス戦にあたり、 不思議なことが ……もとい 奇跡 の力で巨大化する等、本編以上にフリーダム。

【敵】
★毒サソリ男
ショッカーから派遣された怪人。
東京に大地震を起こす、東京ズタズタ作戦(笑)なる計画を実行する。
似た名前のサソリ男との関係は不明。
両手の鋏と口から出す毒ガスが武器。
1号とそれなりに戦うが、腹パン連発から後頭部への手刀、とフルボッコされる。
ライダーキックで致命傷を負ったが……。

★ガドラス
東京ズタズタ作戦(笑)で目覚めた巨大怪獣。
かなりのパワーを誇るが、特筆する強さはなく、スペシウム光線で致命傷を負ったが……。

★サソリガドラス
ピンチに陥った毒サソリ男とガドラスが力を共有し、合体した姿。
角の発光音がゼットンと同じだったり、ハサミの形がガニコウモルに似てたりと双方の強敵をイメージさせる感じ。
両手の鋏、サソリの尻尾による格闘で1号とウルトラマン相手に互角に渡り合う。
また、腹部を展開する事でスペシウム光線を吸収し、角から強力な光線を放つ等、ゼットンのような力を持つ。




劇中では新撮映像と合成映像を上手く織り交ぜており、ハヤタと本郷のダブル変身、
スペシウム光線とライダーキックのダブルアタックを披露するなど、特ヲタ必見のファンサービスとなっている。
ちなみにライダーの原作者である石ノ森章太郎は、ライダーの巨大化に否定的だったらしい。
そのため、ウルトラマンを人間サイズにしてサイクロン号に乗せる条件を叩きつけ、エンディングで実現させた。
しかしウルトラマンは人間大の敵と戦うことも少なくないため、あまり意味がない気もするが……。

【余談】
元々、『仮面ライダー』という作品時自体『ウルトラマン』のような「巨大ヒーローと怪獣が戦う作品」にしようという案もあった。この案は実現しなかったものの放送当時のスタッフ達はライダーを巨大化させたかったらしくトカゲロンが怪人ではなく怪獣の容姿なのはライダーが巨大化する名残であったと言われている他、二号の没案にも巨大化があった。
また本作をヒントに仮面ライダーJが生み出された。


再販とTV放送をしないという制約があったため、長らくDVDは販売されていなかった。
しかし、2011年10月にとうとう DVD&Blu-ray が発売された。
(ただし、それ以前にも『トリビアの泉』で放送されたことがある)。

上記の内容以外に、特典としてハヤタ隊員役の黒部進氏と本郷猛役の藤岡弘、氏の対談が追加された。


後に東映チャンネルにて放送された。

2016年には白倉伸一郎プロデューサーが「仮面ライダーVSウルトラマン」の企画を円谷プロに持っていたところ「ふざけるな」と門前払いされ実現しなかったとのことである。


僕たちの夢は終わった。しかし二人のヒーローの姿は僕たちの夢の中に明日もまた蘇り、いつまでも鮮やかに追記・修正続けていくに違いない。




この項目が面白かったなら……\ポチッと/