ひとりでできるもん!

登録日 :2012/09/17(月) 09:30:44
更新日 : 2016/09/01 Thu 14:12:14
所要時間 :約 5 分で読めます




ピンクのペンギン空を飛ぶー♪
水玉模様の子豚はちゅ~返り♪
なんだーかーとってもごきげんー♪
パーティーパーティーパラダイスー♪


『ひとりでできるもん!』とは、NHK教育で放送していた番組。
料理の楽しさを子供に伝える番組で、途中から掃除等の家事全般に範囲を広げたが、後期はまた料理オンリーに戻っている。

料理の質も意外と悪くなく、家事もクッションについたガムの取り方等、妙に実用的だった。

内容はCGの世界を使ったり、実写を使ったり。
メインの人物に対して実写やCGのサポート役が登場し、ひとりで料理etcが出来るようになっていく。


  • 1991~1993年度
1990年度に特番としてパイロット版を放送、翌年度4月からレギュラー番組として3年間放送された。
主演は水沢舞(平田実音)、通称まいちゃん。
新しく買ってもらった携帯ゲーム機で遊んでいた所、ゲームの中から小悪魔のオジャ魔、ヤジャ魔(CG)が現れる。
二人はゲームの中に食材を持っていってしまうので、料理の名人のクッキング(アニメ絵)から教わった呪文でゲームの中に入り
食材を取り返しに行く、という設定。
随所で女子3人組のいけないシスターズ(アニメ絵)による歌も挿入される。
1992年度からは彼女の弟という設定で水沢文(松村泰一郎)、通称ぶんちゃんも加わった。

始めのうちは子供向けらしくゆで卵、おにぎり、サンドイッチ、サラダなどの簡単な料理が紹介されたが
しだいにオーブンを使ったケーキやパン、ガスコンロを使わない電子レンジ活用術、
さらにはフランス料理など大人顔負けの料理にも挑戦するようになる。
当初揚げ物は一切扱わなかったが「必ず大人に見てもらう」「油は食材が浸る程度に抑える」など番組内で念を押した上で解禁した。

歌は番組のオリジナルで、調理のコツやつくり方のまとめ、食材の紹介、調理器具の使い方を題材にしたものがほとんど。
料理番組だが若干ドラマ要素もあり、金曜日はその週のダイジェストや視聴者からのお便り紹介が放送された。
今では普通となった実写とCGキャラの合成、ドット絵によるゲームコーナーなど映像面の斬新さも見逃せない。

これがウケが良かった為、その後も内容や出演者を大幅に変えながらも引き継がれていき、

  • 1994~1995年度
天野天(坂田慎一郎)、葉月恋(山岸里紗)
この辺りからアウトドアや家事も増え始める。
そのため前シリーズから引き続き登場のクッキングはメイキングと進化。
CGキャラはアヒルに調理服を着せたようなキッチンに、歌唱担当の女子キャラトリオは猫のアポタンズに交代した。
2人とも同じ学校で同じ町内の同じ番地に住んでいるはずなのに直接会うことができない。
その謎をテレビゲームの世界で解き明かしていくという設定。

  • 1996~1997年度
糸山雄大、石田比奈子
役名は無く、実名で登場。
先生役は竜をモチーフにした着ぐるみキャラのキャプテン・パオ・ドラン。
アニメ絵とCGのキャラ、テレビゲームのコーナーとそれに関連した物語設定は消え、スタジオからの実写メインとなる。

  • 1998~1999年度
2代目まいちゃん 水沢まい(秋田きよ美)
料理のみならず、家事全般を担当するように。
料理を教える役割は高校生になった初代まいちゃんが担当した。
初代まいちゃんとの区別のため、2代目まいちゃんは番組内では「ちいまいちゃん」と呼ばれた。

  • 2000~2001年度
3代目まいちゃん 今田まい(伊倉愛美)
前2者との関わりはほぼなかったが、ある番組にて初代と3代目の競演(司会者と出演者としてだが)が成立した。
CGキャラのプリン犬「エノケン」やかまど人間「カマドーラ」と共にタンタタタウンへ向かう、という設定。
料理の際には卵料理ならラン・ハンジュク(笹本玲奈)等の料理の雰囲気にあった人が出てきた。

  • 2002~2003年度
春野ゆう太(鈴木湧太)、春野ゆうか(小代優華)
副題「どきドキキッチン」
料理一本に戻り、初めて副題がついた。
今回は黄色いカバの着ぐるみのクック店長がメインサポート。

  • 2004~2005年度
副題「どこでもクッキング」
今回は子役無しで毎回アウトドアでアジー・クマ(森野熊八)または味々エダモト(枝元なほみ)の大人のシェフが各地の子供と料理をするようになった。
着ぐるみとしてはみぃるが登場した。


その後『ひとりでできるもん!』は終了。後継の食育番組として
2006~2008年度の『味楽る!ミミカ』、2009年~2013年度の『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん』を経て、
『すすめ!キッチン戦隊クックルン』『ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン』が放送されている。


また、坂田慎一郎、石田比奈子、伊倉愛美は後に同じ教育テレビの『天才てれびくん』にててれび戦士を務めた。
同じ教育テレビという事で容赦なくネタにされ、
特に伊倉愛美は2004年度のドラマ『プラズマ界』の劇中でロゴ+パーでき!の決めポーズ付きで「ひとりでできるもん」と発したり、
後に同期の篠原愛実にまいちゃん時代の彼女に憧れていた事を告げられた(その時の伊倉は恥ずかしそうだった)。

また、本番組には一切関係ないが、ひとりでできるもん!というダンサーもいたりする。






追記・修正、今日もきっとパーでき!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/