鬼日

登録日 :2011/07/10(日) 21:58:01
更新日 : 2016/01/11 Mon 17:07:26
所要時間 :約 2 分で読めます




鬼日(きび)とは11月17日、電気グルーヴのピエール瀧が「今まで生きてきた人生の中で最も 『鬼』 という言葉を口にした日」である。


【概要】

今や20年以上活動している日本テクノの第一人者である電気グルーヴのデビューアルバム「FLASH PAPA」のレコーディング中に事件は起こった。

イギリスはマンチェスターでのレコーディング、ピエール瀧は「カフェ・ド・ 」という曲のコーラスパートを歌っていた。

そのパートは 「鬼♪鬼~♪」 というものであり一見なんてこともなさそうなパートなのだが、
プロデューサーであるヒプノトーンのトニー・マーティンはなかなかOKを出さない。



その後何十回(本人曰く何百回)とリテイクを繰り返し、ようやくブースから出てきた瀧とメンバーの石野卓球との

「今まで生きてきた人生の中で最も 『鬼』 という言葉を口にした日」

「これからもこんなに 『鬼』 という言葉を口にすることはないだろう」

「今日を 『鬼日』 と名付けよう」

という会話から11月17日は 『鬼日』 に制定された。



毎年11月17日の 『鬼日』 には追記修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/