中田まゆみ

登録日 :2011/01/17(月) 20:45:27
更新日 : 2017/02/25 Sat 12:21:42
所要時間 :約 3 分で読めます




長田まゆみ(ながた-)

パワプロクンポケット7に登場する空気候補のキャラクター。




主人公とは落とした生徒手帳を探してもらう事で知り合う。

デートは月に一度しかできず、これはアルバイトが忙しいため。
日出子の二番煎じとか言ってはいけない。


仲良くなると主人公の家に出入りするようになって 主人公そっちのけで主人公の母と楽しく過ごす が、母親のいない隙にウフフな事もしてくれる。


三年目、主人公の誕生日には朝からプレゼントをくれるも、その後連絡が取れなくなってしまう。



その後再三電話をかけても出てくれないことに主人公が気を落としていると、同じく気落ちしている湯田くんから妹が事故に遭ったと聞かされる。

詳しい話を聞くうちに、実は湯田くんの妹こそがくうk…まゆみであることが判明する。

まゆみは最後の朝に主人公と別れたあと、学校へ向かう途中に交通事故に遭ってしまっていた。
詩乃の二番煎じとか言ってはいけない。





長田まゆみ のプロフィール】

湯田浩一のくうk…義妹。
義兄と同じくカステラ屋でアルバイトをしているが、シフトが違うためお互いにそのことを知らない(おじさんのくうk…まゆみに対する配慮かもしれない)。

小学生の頃に実母を亡くして父親は湯田の母と再婚するが、ポケ7の五年前に実父も交通事故で逝ってしまう。
そのため湯田家では一人だけくうk…血が繋がっておらず、居心地の悪さを感じている。

義兄である湯田くんの事はマニアであることや「やんす」口調から嫌っていた。







まゆみは事故の後遺症で記憶を失い、主人公の事も綺麗さっぱり忘れてしまう。
嫌いだった義兄に対しては逆に好意的に接している。


この事に主人公はショックを受けるも、まゆみのくうk…記憶回復のためにも甲子園で優勝することを誓う。


  • 以下エンディング





















●グッドエンド
甲子園で見事優勝すると、その中継を見ていたまゆみは奇跡的にくうk…記憶を取り戻す。
その後主人公とよりを戻し、エピローグでは 主人公よりも彼の母親と幸せそうな毎日を過ごす。



●バッドエンド
甲子園で優勝できないとくうk…まゆみの記憶は戻らず、主人公のことも思い出すことなく終わってしまう。
エピローグでは湯田くんとすっかり仲良しになり、主人公は楽しそうに歩く兄妹に哀しげな眼差しを向ける。




ポケ8でも軽く触れられているが、「湯田に妹がいる」という程度で姿や名前の登場はない。

7の主人公の正史は真央ルートのため、もしかしたら事故に遭うこともなく、現在も湯田家でくうk…窮屈な暮らしをしているのかもしれない。





【余談】
彼女の苗字はタイトルの通り、 長田 ではなく 中田
ゲームの攻略本では全編に渡って 長田誤植されたため「こちらが正しいのでは…?」とも思われたが、パワポケダッシュのキャラ紹介で改めて 中田 が正しい名だと発表された。

ゲーム中でもシナリオが少ない、主人公より母親と仲良くなるというガッカリなオチに加えて上記の誤植があったため、ファンからは「 空気 」というあだ名を付けられた。
これについてもダッシュで触れられており、スタッフの嘆きが見られる。
「………空気って……」



そんな彼女の空気っぷりを嘆いたスタッフの厚意なのか、13のセンシュクラッチにブリーフ大将軍と共に出演。しかもかなりの大きさで。
これによって唯一スクラッチに登場というある種名誉的な彼女候補に。空気イメージを払拭し、今後の裏での登場も期待できる…かもしれない。
しかしDS初登場なのか単純に 空気だから なのかは不明だが、そもそも誰か分からなかった人も沢山いた。確かに髪の色は変わった気がするが。






追記・修正はご自分の名前を確認してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/