五百円硬貨

登録日 :2011/06/15(水) 00:08:19
更新日 : 2016/10/16 Sun 08:23:52
所要時間 :約 3 分で読めます




「う〜〜良項目良項目」

今 良項目を求めて全力疾走している僕は、予備校に通うごく一般的なWiki篭り。
強いて違うところを上げるとすれば、
アニヲタWikiに興味があるってとこかナ――

そんなわけで今日もまたアニヲタWikiにやって来たのだ。

ふと「硬貨」でタグ検索すると萌えに満ちた項目がたくさんあった。
でも、僕は萌えなかった……。
僕は、萌えを超越してしまっていたのだ。
普通の萌えじゃだめだ、もっと新しい刺激を!
そんな事を感じながらこの項目にやってきた。










ウホッ!
いい硬貨……。


そう思っていると、五百円硬貨が語りだしたのだ。


残念だったな。ここに萌えはないんだ。
それでもいいんだったら、このまま下にスクロールしろ。




















よかったのかホイホイスクロールして。

僕……萌えには飽きたんです……。

うれしいこと言ってくれるじゃないの。
それじゃ、俺について とことん説明してやるからな。


俺は、硬貨の中じゃ一番額がでかいんだ。
額だけじゃあない。サイズも桁違いさ。

そうなんですか?

ほんとさ、こいつを見てくれ。どう思う?



すごく……大きいです……。

でかいのはいいからさ。このまま説明するぞ。


俺は、銅72%、亜鉛20%、ニッケル8%でできてるニッケル黄銅製なんだ。
昔は銅75%、ニッケル25%の白濁製だったんだがな。まちがえた白銅製だ。

今の黄銅製になったついでに体重も減っちまったんだぜ。

資料はないんですか?

そうだな……。
これが白銅製。
  • 直径…26.5mm
  • 重さ…7.20g
  • 厚さ…1.85mm

今のニッケル黄銅製がこれさ。
  • 直径…26.5mm
  • 重さ…7.00g
  • 厚さ…1.81mm

このおかげで旧硬貨50枚用のコインホルダーに新硬貨が51枚収納できちまうのさ。

す、すごいですね。

男は度胸、なんでもやってみるもんさ。


他にも新旧でデザインも違うんだ。

画像はないんですか?

なにイ? 今度は画像ォ?
お前俺を画像庫とまちがえてんじゃねえのか!?

しーましェーン!!

しゃうがねぇなあ。ほら。


new500.png


old500.jpg

新になってから表じゃあ、「日本国」「五百円」の背景部分が凸になってんだ。
裏の方、500の「0」の内側に穴が描かれてないんだ。残念だ。
それと、「0」の部分には角度によって「500円」の文字や「縦線」が浮かび上がる「潜像」が施されてる。
それだけじゃあない。表面には桐の中、裏面は数字の中に、
「N」「I」「P」「P」「O」「N」と180μmサイズのマイクロ文字が刻まれてる。
自分のを見てみるんだな。



ま、俺の説明はもういいんだよな。

あっ……。

こんどはお前の追記・修正の番だろ?

ああっ!!







――と
こんなわけで僕の初めての追記・修正はWikiミソな結果に終わったのでした……。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/


添付ファイル