新体操(仮) THE ANIMATION~妖精達の輪舞曲~

登録日:2011/05/03(火) 15:50:48
更新日:2016/09/12 Mon 22:53:22
所要時間:約 7 分で読めます




~注意~
この項目は18禁・変態・鬼畜要素を多量に含んでいます。
18歳未満の閲覧はご遠慮下さい。







ぱんだはうす制作のエロゲー『新体操(仮)』のアダルトアニメ版。
2003年頃に発売された。

制作はピンクパイナップル、監督はあのエロアニメ界の革命児むらかみてるあき
ちなみにむらかみてるあきが本格的に過激路線(アヘ顔・高速ピストン等々の多様)にシフトするきっかけとなったエロアニメであり、
出世作とも言える作品。


原作のエロゲーは調教物ながらも線の薄い綺麗な絵と随所にギャグを交えた少しライトな作品であったが、
本作品ではそのようなライトな要素がかなり抑えられており
本作から覚醒したむらかみてるあき節が炸裂する鬼畜度大増量なSMレイプ物となっている。

監督曰く『死にそうになりながら作った』との事。

むらかみてるあき氏の得意技『高速ピストン』や『アヘ顔』は当たり前で(というかこの作品から始まった)、
他にも浣腸→腹ボコ→脱糞スカトロコンボ、クリップによる乳房責めと生々しい流血表現、
責め、ぶっかけ、大量射精・中出し等々とにかく内容はハードかつ鬼畜
更に基本コスチュームがレオタードでかなりマニアック。一名ウエディングドレスだがこれはこれでまた良い。

レオタード姿の少女達が吊し上げられ苦痛に悶え、涙と鼻水で顔をぐちゃぐちゃにしながら、アヘ顔を晒し、
多量の精液を注ぎ込まれてガクガクに痙攣する姿は必見

その様はまさに『新体操』の名を借りた『拷問』と言ったほうが正しい。
当時むらかみてるあき氏はあまり有名ではなかったため、このような衝撃的な描写の数々は視聴者の度肝を抜いた
そのハードな内容と良質な作画はドSな性癖を持つ変態達から異様な高評価を受け、
一般的にハズレが多いと言われているエロアニメ界において確固たる地位を築いている。

恐らく、抜けるエロアニメの代表作を挙げた場合10指に入るであろう作品である。

更に近年のむらかみてるあき氏が多様するピンボケ等の誰得要素も無く、クドさも控え目な事から、
むらかみてるあき監督作品の中でも黒愛制服処女と並んで『最高傑作』とまで言われる事もある。

発売からそろそろ10年が経とうというのに未だ現役とは末恐ろしい作品である。

かのG-typeの付録ドラマCDもこの作品のアブノーマル路線に影響を受け、よりマニアックな内容になったとか。

そのあまりの高評価から下手をすれば原作のエロゲーよりも知名度があり、本作をエロゲー原作だと知らない人も多い。
事実『新体操(仮)』でググると先にエロアニメのHPが出てくる
というか既にぱんだはうすは解散している
原作ェ…
決して原作が駄作な訳では無いのたが…

しかしむらかみてるあき作品だけありマニアック過ぎるため人を選ぶ。
前述の通り、原作と全然違う作風なのも相まってその評価は賛否両論
鬼畜系やアヘ顔等ハードな描写が苦手な人はこの上ない嫌悪感を抱く可能性が高いためオススメ出来ない。

一部の人間にはマジキチにしか見えず問答無用で吐いたという例も報告されている。

まぁ監督いわく『そういうのをあえて狙って作った。むしろ意見が割れるくらいの勢いがあったほうがいい』とのことだが。

赤背景のも健在なため目が弱い人も注意したい。
良くも悪くもやはり上級者向け


※ストーリー
白河財閥のお嬢様であり学園の理事長である白河トモミは学園内では怖い物など何もない。
そんな彼女はある時、自分の意に沿わない友人を調教(もちろん性的に)するため『闇の新体操部』なるものを設立。
その醜い外見とセクハラまがいの発言により校内で嫌われ者の体育教師(昔はイケメンだった)戸黒肉助(とぐろにくすけ)と共に友人を凄惨な凌辱地獄に落としていく…


全4巻の4話構成(1話30分)。

OP「光のイマージュ」唄:宮島律子
ED「I believe~あなたと生きる未来~」唄:宮島律子

・Lesson1 淫世界のストレッチ
闇の新体操』被害者第1号である方言なまりと純粋な性格が特徴の羽丘みくがトモミの『友達を止める』という脅しにより執拗な調教を受ける…

・Lesson2 レオタードの花園
校内で噂になっている夜の『秘密の特訓』。
それにまんまと誘き寄せられた強気で負けん気が強い娘相澤ユウはまんまと『闇の新体操』の罠にかかり肉助に徹底的に犯される…

・Lesson3 ヴァージン輪舞曲
闇の新体操』の存在に気付いた教師の桜井若菜と眼鏡っ娘の千家まどか。
しかしそんな彼女達にも『闇の新体操』の魔の手が…
若菜先生の婚約者も交えての凌辱激が始まる…

・Lesson4 狂艶乱舞のラストステージ
ついに『闇の新体操』の部員が揃い歓喜する白河トモミ。
しかしその喜びもつかの間他の調教済みの部員達から一言
この中で処女じゃないのは誰でしょう?
今まで暴虐の限りを尽くしてきたトモミがついに犠牲者に…


ちなみにLesson1は様子見だったため、むらかみてるあき成分がやや控え目で舌を突き出す程のアヘ顔表現等もない。本領を発揮するのは2巻から。
まぁ1巻も十分実用的だが。
またどうでもいいがOP・ED共に地味に良曲。

余談だが本作の続編である『新体操(真)』のアニメ版も存在するが、制作や監督が全く違うため作品の毛色がかなり異なる点に注意。
アヘ顔や高速ピストン等のハードプレイが無く(仮)と比べてかなりソフトなので(仮)に慣れている人はかなり物足りないと思われる。
単純な続編だと思って視聴すると肩透かしを食らうだろう。(一応原作は(仮)よりも(真)のほうがダークらしいが)

…というか作品そのものの出来栄えが微妙で特に二巻の出来は悲惨(作画が同人レベルと言われるレベル)。
正直無理に観る必要は無いだろう…

逆に考えるんだ
『新体操(真)』が駄目なんじゃなく
『新体操(仮)』が良すぎた(やり過ぎた?)
こう考えるんだ…









以下ネタバレ






ハードな『凌辱描写』の一言に尽きる本作だが、意外にもラストはなんだかんだで明るいコメディ調な雰囲気で終わっている。
原作のライト成分をラストで一気に放出したのだろうか…
それまでがハードだっただけにかなり賛否両論な終わり方と言える。


2007年には全巻を同時収録した完全限定生産のゴールドディスク(GOLD DISC)BOX「倒錯の回旋曲(ロンド)」も発売。

これには特定としてテレフォンカードやエクスタシーブック、そして本編を全て収録したUMDが付属する。
UMDのおかげでPSPさえあればどこでも手軽にレオタード少女の陵辱劇が視聴出来るようになるのは嬉しい。

ちなみにこのゴールドディスクとUMDはモザイクがかなり薄く修正されている。


追記・修正はアインちゃんに『闇の新体操』を指導してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/