半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!

登録日 :2010/08/21(土) 19:29:43
更新日 : 2017/04/21 Fri 10:27:57
所要時間 :約 5 分で読めます




ハンジュク!ヒーロー!

スクウェアが発売したSFC用リアルタイムSRPG、半熟英雄(ハンジュクヒーロー)シリーズ第二作目。ボリューム、戦略性が問われる難易度、ギャグやパロディ満載の演出などでシリーズ最高傑作と呼び声高い。(ただし、続編が駄作というのもある。)


ストーリー
前作で大陸を再統一したアルマムーン王国の王子は平和ボケし、幼児退行してしまっていた。婚約者イリスは見限って出奔、アルマムーン王国の財政は赤字と大臣は頭を抱えていた。
そんなある日、「完熟なる者」が宣戦布告。半熟か完熟か、プライドを賭けた戦いが始まった。しかし、物語は次第に意外な展開を見せていくのだった…。全員12話。


基本システム
1つの章につき、フィールドマップが一面ずつ用意されている。マップ上に複数の城があり、アルマムーン城を拠点として将軍を派遣して全ての城を占領し、その後に新たに現れる敵拠点に陣取るボスを倒せばその章のクリアとなる。
本作はフィールドを舞台とした戦闘パートと月1コマンドと呼ばれる内政パートに大別され、どちらも随所にギャグ満載のランダムイベントが発生する。


戦闘パート

■フィールド
フィールドは平原や砂漠、山岳地帯などがあり将軍の進行スピードに影響される。また自軍、敵軍の他にも温泉、洞窟などがあり、ランダムに屋台のゲンさんと言ったNPCも発生する。フィールドでは常に時間が流れ、ひと月が経つと月1コマンドと呼ばれる内政パートに移行する。

■戦闘
将軍同士がフィールド上で遭遇、城に乗り込むまたは乗り込まれると将軍と兵士たちによる白兵戦が展開される。ボタンをタイミング良く連打することで有利に進む。他にも切り札、おくのて、そして今作の肝であるエッグモンスターなどがある。


  • 切り札
出撃する将軍に持たせることが出来る使い捨てアイテム。中でもバルムンクはエッグモンスターも一撃で倒す威力がある。

  • おくのて
籠城戦でたまごを持っていない場合に使える正に奥の手。何度でも使用できるがランダム性が強く、味方に害が及ぶものもある。築城で城レベルを強化することで有効な奥の手が使えるようになる。

エッグモンスター
本作最大の特徴。将軍の持つたまごからエッグモンスターを召還し兵士たちの代わりに戦う。非常に強力だが中には全く役に立たない奴とか一定条件下でめちゃくちゃ強くなる奴とか個性豊か。たまごには使用回数があり、それを超えるとHP1の最弱、エッグマンしかでなくなる。


月1コマンド
将軍、兵士の雇用、築城、たまご回復などが行える。兵士の補充はこまめにしないと将軍1人で出撃なんてことも起こる。

月いちイベント
毎月末に起こるイベント。発生がランダムのものから固定のものまで様々。以下にいくつか例を挙げる。

  • 「あたし」
最強の美女「あたし」来襲。彼女が気に入るまでプレゼントを贈らねばならず、序盤はかなりの散財。

  • ゴールデンウィーク
5月固定イベント。畑から金塊が発掘されて50Gを入手できる。

  • ストライキ
8月固定イベント。兵士たちがストライキを起こす。ボーナスを出すか(所持金が半減)バカンスをやるか(ただし半分が帰ってこない)全解雇か(兵士がいなくなるか全部残るかランダムで決定)の三択。

  • 謀反
将軍の一人が謀反を起こし、戦闘が起こる。勝つとその将軍を失ってしまうが、半熟値が大幅にアップする。

  • クリスマス
12月固定イベント。サンタクロースからプレゼントを貰える。中身は切り札バルムンクかバグストーム。

  • スター千一夜
ランダムで(主に他作品の)ゲストが登場する。パロム&ポロム等懐かしい顔ぶれも…

  • 地震
築城レベルが一つ下がる。演出が激しい。

  • 火星人襲来
築城レベル減、収入4分の1と内政面へのダメージが非常に激しい。だが何故か最後に切り札キャトルミューが手に入る。
ちなみに火星人は「完熟軍にゆで卵付きモーニングセット1年分で雇われた」らしい。

  • 秘密戦隊ゴニンジャー
敵軍の将軍を50Gで一人暗殺してくれる。ただし、成功率は低い。

  • 恐怖の大王
99年目の7月固定イベント。
大抵の人はこのイベントを見ることなくゲームが終わっているだろう… 


主な登場キャラクター

  • 主人公
アルマムーンの王子
彼が倒されるかアルマムーン城が制圧されたらゲームオーバー
グータラだが全体的に高ステータス
三種類のモンスターから一つ選んで召喚するエラベルエッグを持つ


  • 大臣
アルマムーン王国を支えている苦労人
主人公がほとんど喋らないため彼が敵や味方と話してストーリーは進んでいく
戦場に出て直接戦うことはないが稽古をつけてくれたり「おくのて」で登場して敵を一撃で倒したりする強キャラ


  • エッグマン
この作品の代名詞とでも言うべきキャラ。白い卵に手足が生えたような外見。
HPが1、攻撃は当たらない、と戦闘では全く役に立たないが、あるシナリオでは値千金の活躍を見せる。
他にナイトやキング、ベビーなどの一族がいる。
セガの卵男博士は関係ない。

  • ゼウス
最初からいる将軍の一人。男性。
かなり高い戦闘力と、耐久力が高めのエッグモンスターが多く出てくるワンダーエッグを持っており、最後まで主力として活躍できる。(ちきゅうちゃんが出てくるようになると微妙だが)

  • ヴィーナス
最初からいる将軍の一人。女性。
ゼウスには劣るが高い戦闘力と、全体的に強力なモンスターが揃っているスーパーエッグを持ち、十分に前線で戦える。

  • ココット
最初からいる将軍の一人。男性。
ステータスは低いが機動力はあり、出てくるモンスターはお笑い系の見た目だが意外と使えるかもしれないカラフルエッグを持っているため、中盤までならそこそこ戦える。

  • カイン、リディア、エッジ、フリオニール
運がよければ終盤に仲間にできる将軍たち。名前はFF2や4のキャラから。いずれも非常に高い能力を持つ。

  • 完熟クィーン
第1話のボス将軍。登場する際には、照明さんにライトアップをお願いする。

  • にせ半熟ヒーロー
第2話のボス将軍。主人公とまったく同じ姿をしており、その姿を利用して半熟軍の食事をすべてつまみ食いしたり、女将軍のお風呂を覗いたりと悪事を働き、主人公の評判を下げようとたくらむ。
なお、大臣が言うには「本物よりは顔がきりりと引き締まっている」らしい。 実はロボットで、敗北した際にプリンスからの伝言を伝える。なお、お約束通りテープは自動的に消滅した。  

  • 完熟プリンス
第3話のボス将軍。イケメン。 実は本当の顔はブサイクで、クィーンに気に入られたい一心で完熟軍入りと引き換えにイケメンフェイスを手に入れた。

  • 完熟四季王
名前がFF4のゴルベーザ四天王のパロディになっている。名前の通り、それぞれ四季に対応しており、季節によって強さが変化する。


  • ゲンさん
商売人。屋台で切り札を販売しており、月1コマンドの商人より品揃えがかなり良い。フィールドにチャルメラの音と出現するか、月いちイベントで登場する。


  • 「あたし」
正体不明の美女(!?)。月いちイベントに現れてプレゼントをせびったり、温泉で遭遇した将軍を悲惨な目に合わせる(卵の使用回数が全快するが)など世紀末覇者並みの脅威。
また壊れたたまごを有料で修復してくれる役割も持つ。あとエッグモンスターとしても登場。ぼちぼち強い。やはり人間ではなかったか。

  • ランプキン
かぼちゃの頭を持つエッグモンスター。月いちコマンドでのたまごのお祓いを行ってくれたり、温泉や洞窟のイベントで半熟値をあげてくれたりする。
エッグモンスターとしての性能は正直微妙。将軍の中には、これのみ出現する「かぼちゃエッグ」を持つ者もいる。

  • すぎやまこういち
すごい人。月いちイベントに登場。








追記、修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/