泉かなた

登録日 :2009/08/17(月) 10:05:22
更新日 : 2016/06/13 Mon 04:21:11
所要時間 :約 4 分で読めます




(いずみ)かなた




らき☆すたのサブキャラクター。

左利き
身長:143cm
誕生日:8月20日
星座:獅子座
血液型:A型
趣味:料理、絵画、家庭菜園
好きなもの:果物、人
嫌いなもの:煙草の煙
CV:島本須美

外見でもわかるが泉こなたの母親であり泉そうじろうの妻。そうじろうの嫁。
すでに他界した故人だが、命日不明。それでも思い出話やショートストーリーなどに登場している。
こなたからアホ毛と泣きホクロを取るとそっくり…なのだが、母の方が身長が1cm高い。


夫のそうじろうとは幼なじみであり、一番の理解者であったと思われる。呼び方は「そうくん」。
石川県から出てほどなく付き合いはじめたのだが、その時そうじろうは

「お前が振り向いてくれないから、俺はこんな(ギャルゲ好き)になったんだ」

と言った。普通ならドン引きもの。
だが彼女は付き合うようになり、結婚した。PS2のゲームによると、そのまま同棲していた模様。


よく「なんでかなたはそうじろうと結婚したのか」と言われるが、
それは彼女にとってそうじろうが「いいところも悪いところも認めてくれる、自分のいいところも悪いところも全部見せてくれる、
私が一番安心できる場所、私を一番安心させてくれる場所」だから。

こなたを出産した後、乳飲み子の彼女を見ながら身長は自分に似ず、性格はそうじろうに似ないことを願ったのだが、
その願いははかなく崩れさり、身長はかなた、性格はそうじろうに似てしまった。
性別が男だったら何とかなったのではないだろうか…それはそれで何だが。


アニメにも登場。
彼女の回想にて「髪をまとめている」姿や「危なっかしい手つきで大根を切る」「飲み屋でそうじろうを慰める」
「結婚指輪をつけてもらう」など原作にはなかったシーンがあるので必見。

ノベライズ版「らき☆すた殺人事件」ではこなたの話のネタとして登場…は良いが、かなり酷い扱いである。
しかも、発売日がアニメのかなた登場話の直前だったので、アニメの感動をブチ壊しにされた人もいると思う。

『桜藤祭』にも登場。
色々な原因のせいでなんとそうじろうがかなたにプロポーズをする現場を目撃できる………はずだったのにつかさのせいで…

ミニシナリオでようやくプロポーズを見られる。
かなたからの視点で語られているので、あの「付き合うきっかけの言葉」をかなたがどう思い、そして付き合うようになったのかが語られているので必見。

それはさておきゲームスタッフ…
これらの台詞…

「そうくん、別にそうくんなんて好きじゃないんだからね」
「そうくん、ひざまづいて足をお舐め」
「一万年と2、3年前から愛してます」



言わせたかっただけだろ!!
ちなみにこのプロポーズを見る方法
以下ネタバレ。






































































EP4『時をかける男女』でこなた達と合流した後選択「校内を調べる」、星桜の樹で選択「樹を調べよう」。
これを見てクリア、セーブしたら「はじめから」で名前入力「泉 かなた」で選択「ちがうの」でミニシナリオが見られる。


そんな彼女の最後の言葉は笑顔で「幸せだったよ」。そう言ってこの世を去った…



「追記・修正お願いします。それと、そうくん達にはないしょにしてね」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/